福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

5/13日分の スペイン研修の旅!!  

22日
朝一で、バスにて カンタブリア地方の、 サンタンデールという町へ。
L1050690.jpg

セビーリャへの飛行機の乗り継ぎのために、この街への訪問を選んだ。
(ライアンエアーという格安航空会社の飛行機が、このサンタンデール→セビーリャが安かったのだ!)

という理由だったけど、魚介類のカンタブリアの中心都市なので楽しみ。もちろん初めて訪れた。
予備知識が全くなかったので
(というより、この街の情報自体が少ない)
町を散策した。  とてもいい町だよーーー。
L1050716a.jpg
Guapa! Guapa!

サンタンデールは、半島の先っぽの街で、中央部に丘が盛り上がり、トンネルを抜け、街を二分している。
面白い造りをしている・・・。
L1050694.jpg

L1050702.jpg
エスペランサという名前の中央市場発見!!
おおお、縁があるなぁ!!

L1050711a.jpg
な! なんだ!! このデカイ包丁は!! 

ほ、欲しい・・・・(´・ω・`)

L1050717A.jpg
な! なんだ!! このデカイ おばちゃんは!!

(えっ!?違う?  パプリカのほう?? ) 

L1050713a.jpg

うん・・・わかるよ・・・そうなるよね・・・あんなデカイ おば・・・
いやいや パプリカとか見たらね・・・うん・・・
・・・あんこうにでさえ、語りたくなるよね・・・




ショップで聞き込みをして
Barrio Pesquero  というエリアが、魚介はウマイよー という情報をもとに、タクシーで移動!!
L1050737.jpg
L1050736.jpg
んん?
L1050721.jpg
んんん?  治安ワルイ・・・?
L1050722.jpg

しかし・・・
L1050733.jpg
・・・これが大正解! 魚介レストランが並んでる~!!!!

興味しんしん・・・さすがシェフ!
L1050723.jpg

じゃ~~ん!
L1050725a.jpg
じゃじゃ~~ん!!
L1050726a.jpg
パエーリャまでも!!
L1050724.jpg
魚介もりもり!!!!
キターーー!! 求めたいたものが ココにあったーーーー!!


うーーん。一心不乱とはこのことだ・・・w   仕事熱心だなぁぁぁぁ!!
L1050727.jpg L1050728.jpg

そーいえば。 カニを食べると無口になる・・・と ケンタロウ(右)は言っていたが、いつも無口なんだけどなぁ・・・w


締めは・・・やっぱり   これしかない!!

はい! 
定番の!!
プリン!!!!!!
L1050729a.jpg
えっ!?  プリンじゃない!? 
つる~んと、なめらかでぇ~。 とろとろでぇ~     はぁ!?
ここ、どこだと思ってるですか!?  そんなのは プリンじゃな~~い!!!!
ボソボソ。 カチカチ。   これぞ  スペインのプリン!!!


ショックですよねぇ・・・
でも・・・。
わかりますよ・・・。
その気持ち。



だから

こうなっちゃうんです・・・w
L1050734.jpg
2012/07/16 19:30|スペイン研修2012年6月TB:0CM:0

4/13日分の スペイン 研修の旅 

6月21日。

どこに行くか迷ったが、今日は・・・メンバー休息のために、ビトーリアに滞在することにした。

僕はひとり 朝イチで散歩、
L1050621a.jpg

L1050622a.jpg


探しに探したインマクラーダ修道院(聖アントニオ修道院)のトルノ で
修道院の、お菓子を買い込んだ。
(スペイン各地の修道院では、お菓子を昔からずっと作っている。)
L1050627a.jpg

L1050626a.jpg
修道院のお菓子というのも今回の旅の大きな目的のひとつ。
スペインのスイーツの原点は、すべて 修道院のお菓子にあるといっても過言ではない。


お昼ぐらいまで、ゆっくりしていていたが・・・

今日も、ピンチョスをはしご
L1050631a.jpg
ここは、ディスコテカ(クラブ)ではありませんよー(^^)
L1050637a.jpg
ピンチョス食べる、単なるバルです(おぢさんや、おばあさんもフツーに入ってきますw)

L1050663a.jpg

L1050668a.jpg
よーく見てね・・・奥のほうで、ペドロ田中シェフが、真剣に観察してますね~(*_*;


しかし今日はなぜか寒い。 北の方は、夏でも涼しいんだなぁ。
僕は風邪引いたようだ。

することがなくなり・・・路面電車で、最終駅に、何かを探して行くが なにもなく カフェだけwww
L1050553a.jpg

L1050671a.jpg



戻る途中に。見知らぬ広場にて 世界の国フェスティバルというものをやっていた。
やっぱお祭り騒ぎが好きなひとたちだ。
異常な盛り上がりww

徒歩で帰ってたが、住宅地のバルには人がすごい。 道路まで人で溢れている~!!


途中見つけた、ヌエボ・レストラン Orarizに行くが・・・失敗ww
ヌエボなのは見かけだけで、料理は、フツーだったwww
IMG_3387.jpg



歩いて宿にもどる
ビトーリア・・・

L1050684a.jpg

L1050648a.jpg

魅力的な町でした。




L1050647.jpg
・・・
そして・・・今日、ホントに、ペドロになりました♨
2012/07/13 21:47|スペイン研修2012年6月TB:0CM:0

3/13日分の  スペイン研修の旅!! 

さて、今日は、マドリッドから バスク地方 ビトーリア(Vitoria)への移動日!!

スペインを網羅するバス会社 ALSA のバスでの 4時間半の 旅~!
(実はスペインを旅するのに一番経済的で、全土を網羅してるのはバスなのだ!!)

地下鉄を乗り継ぎ、バスターミナルのある、Av Americaへ行き、 
バスク・ビトーリアへ、 バモース!

L1050518.jpg

その前に、ボカディージョを・・・がぶり!
L1050523.jpg
これも・・・ペドロ田中シェフにとっては、人生初のボカディージョかぶりつき!!
(具は・・・トルティージャ!)

auto20120620-110907.jpg


途中、ちらっと ブルゴスで休憩・・・ここもいいなー。いつかは巡礼で来たい!
L1050525.jpg

4時間半のバスの旅をおえ、いざ ビトーリア(ビトリアと呼んでもいいよ)へ!
L1050535.jpg


ビトーリアは、バスクらしく 近代化が進んでる・・・といっても
日本の70・80年代っぽい建築が多い・・・

L1050542.jpg

と、思っていたら中心地は、やはり旧市街が!!!!!!
たまりません・・・16世紀にタイムスリップしたような素敵な街並みが・・・



さてさて・・・やっぱりバスクといえばピンチョスですねーー。 
みなさん、言っときますけど、ピンチョスはバスクのものです!
スペイン全体ではないです!


もし、バルセロナや、バレンシアで見かけたとしても・・・よーーーく見てください。
それはきっと・・・Lizarran や、 Sagardi  といった、バスク発祥の全国チェーンのお店では??
それはもったいないですよー。 
スペインには、その町、その地方の料理が存在します。

なのに・・・それを味わうことなく、  
『キャー! きゃわいい~!』  
とかいって、入らないように!  ・・・いや、入って見てもいいです・・・いや、入ってください・・・
美味しいし、きゃわいいことは間違いないwww

・・・だけど・・・それが、その町の料理と勘違いして、 日本に帰って、スペインのピンチョスサイコー!
とか、言いふらさないように!
あくまでも・・・・バスク料理ですからね (^ム^) 


おお、ちょっと脱線しましたが・・・ここ、ビトーリアは、そのピンチョスの本場中の本場!!!!
堂々と、ピンチョスのはしご  しまくりました~!!!!
L1050657a.jpg

L1050583a.jpg




でも、外せないのは・・・バスクの ピンチョスコンクール優勝の

IMG_3295.jpg


Toloño (トローニョ)

Cuesta San Francisco 3
01001 Victoria - Gateiz
945 23 33 36
info@tolonobar.com

IMG_3293.jpg



 と  

IMG_3277.jpg

Sagartoki (サガルトキ)

Calle del Prado, 18, 01005 Vitoria-Gasteiz,
+34 945 28 86 76 ‎
sagartoki.com

IMG_3278.jpg



最高でした。   

特に、トローニョでは、シェフに、料理や、バスクの様々な食文化について、お話を聞くことができました!

L1050600.jpg

L1050608.jpg


L1050597.jpg

大満足のビトーリアの夜がふけていきます・・・。
2012/07/09 20:54|スペイン研修2012年6月TB:0CM:0

2/13 スペイン 研修の旅 

IMG_3089.jpg

朝8:00から散歩、グランビア裏通りを練り歩く。

見つけた教会で、旅のお祈り。
L1050459a.jpg


スペインの朝食は、バルで、クロワッサンと、カフェコンレチェ。
やっぱこれにつきるね。
これも、エスペランサの参考になると思うよー。
L1050466a.jpg

L1050463a.jpg
見よ! この真剣なまなざしを!!   w


それから小雨だったが、気にせず街を練り歩く。

それが、裏目にでて普段慣れないサンダルで歩いたものだから
足が痛い


また、サンミゲルを偵察し、次は庶民の市場へ。 アントン・マルティンあたりかな・・・?

L1050492a.jpg

L1050488a.jpg


見よ! この真剣なまなざしを!!  wwww  (*_*;


途中、お気に入りのチュロスの店で休憩。
L1050478a.jpg

二人は初めて見るスペインの市場に、ぽかーん。 
かなりショックを受けてるようだ。 
 
さすが、我がスタッフ!!    
仕事熱心だなぁぁぁぁ!!!!!!!
笑顔もない ww (*_*)

 

夜は、アランダという、ティピコ(伝統的)な感じのみせに行く。 食べてばっかりだなぁ・・・
IMG_3209a.jpg

IMG_3196.jpg

ハモン・イベリコ アスパラガスのソテー
仔羊のアサード!!  ウマイ!

L1050507a.jpg

IMG_3201a.jpg

IMG_3204.jpg

スペインは、観光立国といって、観光で国を運営している。
その中心地マドリッドでも、 中心地の観光客が押し寄せるエリアでは、正直美味しいお店が少なくなっている。
なかでもこのお店は、 安心できるお店 であるといえる。

El Asador de Aranda

Calle de Preciados, 44
28013 Madrid, España
915 47 21 56
2012/07/07 18:01|スペイン研修2012年6月TB:0CM:0

 

6月18日
IMG_3018.jpg
IMG_3025.jpg

・・・ええーー。 決してこの方は、浮かれてるわけではありませんので www (-_-;)

IMG_3077.jpg


問題はなにもなく、スペインまでたどり着いた。
時間短縮のため、タクシー、30ユーロ

IMG_3088.jpg


IMG_3087.jpg


初日マドリッドの宿は、チープだけど家庭的。
宿の女主人のドラ息子ゴンサロは、アルゼンチン人、楽しいやつ・・・てか、イケメンだねぇ!
最初から『人』に恵まれている!?

まずは、ソル、マヨールと定番コースをご案内、そしてサンミゲル市場へ。

L1050415aa.jpg

ここは僕の、マドリッドイチオシスポット。 ここはマドリッドに来たら必見ですよ!

実はエスペランサの内装のデザインの参考にもなっているのです。だから今回同行の二人にとっても
勉強になるのです!
しかし相変わらずの人の多さだなぁ。

L1050422a.jpg


ぶらぶら王宮あたりを散歩し!予約しておいた名店ラ・ボラへ。
店長と挨拶しお店に入る。

IMG_3183.jpg

L1050442a.jpg

L1050440a.jpg

名物は、コシード・マドリレーニョ

そして、カジョスと子羊のアサード
やはり評判どおりの、うまさと、強めの塩加減、
そして、ボリュームだ。

これぞスペイン料理。
食後には、このコシードのレシピを店長に教わった。
今後のお店の料理に活かしたい。

しか~し・・・食べるのが目的であり、仕事でもある我々一同ですが
一日目、完全に撃沈~。
2012/07/06 22:30|未分類TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。