福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

1月5日 

db4cc9e4.jpg ついにマドリーにたどり着いた。 みなさん昨夜のレストランの事が気になっていることと思います。 がしかし! とても短く語れるのは不可能でかつ,失礼にあたると感じるので、『総集編』でじっくり書きたいと思います。 でも少しだけ。 まず斬新な料理といっても、それは単なる創作料理ではありません! 伝統や地元を愛しリスペクト(尊敬の心)したものです。 そして斬新なビジュアルに驚き、口にした瞬間、さらに驚くのです。 本当に美味しいのです! くらくらします! 以前行った京都の料亭を彷彿させました。 感動の嵐です! とここまで。 余韻を残したまま、夜行に飛び込みます。ボロい車両の割に、個室の中は意外に快適、すぐ眠りにつき、マドリーまで熟睡しました。そして予約していた宿に到着、朝9時くらいでしたがチェックインでき一息いれました。 その後はなんの目的もなく街をぶらぶら、あっという間に時間は過ぎスペイン最後の夜を迎えます。 夕食にチョイスした店は、路地にある目立たない古くさいレストラン『ラ・チョサ』(多分知っている人は少ないでしょう)老夫婦で切り盛りしていました。 店内も地味で開業当時から何も変わってないであろう雰囲気。 出てきたのは、ひよこ豆のスープと焼いた仔羊。自家製プリン、アロス・コン・レチェ(米のミルク煮) しかし… …最高でした! このシンプルさ、素朴さ、味わい、これまた最高でした! 最新の料理も、伝統ある素朴な料理もどちらも最新でした! なにかを得た感じがしました…。
スポンサーサイト
2007/01/06 08:54|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/95-1a778ba1

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。