福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

仙台最終日 

今日は一日オフ。そこで仙台市内を少々観光することにした。
といっても、博物館と青葉城だ。

その仙台市博物館。目的はただひとつ。昨日の話しにも出た、支倉常長の慶長遣欧使節の資料だ。

なぜ支倉か、それは支倉がローマに赴く際、長期にわたってスペインに滞在しかつ一行の一部の日本人たちが、スペイン、セビーリャ近くの、コリア・デル・リオという町に残り生活を送り、結婚もし子孫を残している。というロマン溢れる話しがあるからだ。
しかもその血筋の名字に、ハポン(スペイン語で日本)という名を代々受け継ぎ現在でもその村にはハポンさんは存在しますし、ハポンの血筋であることを誇りに思っていると、アミーゴでありファミリーでもある元スタッフ・けいごが現地にて話しをしたそうです。
コリア・デル・リオには、その支倉常長の銅像がグアダルキビル川のほとりに佇んでおり、三年前僕もそこに訪ねて行きました。

そういう事もあり、博物館では感慨深いものがありました。
いえ、博物館だけでなくこの震災ボランティアの旅そのものすべてが、なにかの力により導かれたと考えています。

今は感じるままに書いています。

その後、僕たちは、塩竃に電車で行った。
ここも被災したところで、やはりかなり内陸部まで津波が到達したもようで、多くの商店は閉まっていた。
寂しげな街並みが続いていたが、魚介類が名物らしく寿司屋さんが小さな町にしては多いようで、しかも復興のため協力しあってチラシや看板で告知していた。
が、時間的にタイミングが悪く、食することはできなかった。

そしてまた電車で、松島へ。
日本三景のひとつでもある松島は、その多くの島からなる風景のおかげで、津波の勢いもいささか小さかったらしいが、それでも駅前の食堂で1mもの浸水をしたそうです。

時間は17時前後でしたが、東北の昼は短くすでに辺りは暗くなり、人けの少ない一大観光地は、より寂しく感じられた。
震災がなければ、、、。

自然の力は偉大で人間のちっぽけさを、つくづく感じられた。

東北では今、こんなことが起こっている。
僕が見てきたものは、ほんの一部でしかない。
しかし。
僕の住む九州、福岡では、東日本大震災は、すでに過去のものとなりつつあるような状況です。
それもそのはず。現在の東北の状況が、自然に生活していたらわからない。
情報が手に入りずらい。
それよりも、景気の低迷の波が次から次にやってきて人々の気持ちはすっかり沈んでいる。
街も暗く、人もそぞろ、、、。
同じく被災した仙台の街のほうがよっぽど活気がある。
子どもたちの声が聞こえ
若者たちの笑顔が
年配の方々の、真の強さが
希望をイメージさせてくれる。

もちろんその一方では、避難生活、仮設住宅での生活に、疲れも出始め、また違う意味での、メンタル面での苦しみもあるのです。

僕は、短い間ではありましたが
この貴重な経験と、得た知識、状況を
九州、福岡で、

伝える

という使命を感じました。
実際の短い作業期間では、何も出来ていないとさえ、今思うし、これから
僕が伝えていき、
少なくとも、僕の周囲から、
出来ることを、やっていかなければ。

と思います。
また明日から、
もうひとつの現実社会に戻っていくのですが、
僕が見てきた東北の今
も、現実なのです。

少しでも知っていただけたら幸いです。

これにて、
僕の東北ボランティア活動のリアルタイム報告は終わります。

また福岡に戻って、総括したいと思います。

それでは。
スポンサーサイト
2011/10/22 22:45|未分類TB:0CM:1

コメント

お疲れ様です!
東北震災のボランティア、お元気さまでした。
福岡に無事に帰ってくる事を祈っています。
東北の今、今後の情報、また聞かせてください!
ローマ風魚醤 #-|2011/10/23(日) 00:17 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/656-17984782

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。