福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

マドリッド7日目!! 

ヒッチハイカーをタラベラという町におろし、宿を見つけようと町を散策。
しかし観光地ではないこの大きなタラベラの町ではやすやすとは宿は見つからない。
人口は多いみたいでとても大きな町タラベラ。外国人は皆無といった具合で
地元の人たちで賑わっていた。
1時間以上を費やし、やっと見つけたペンションは、いまいち。
なのになぜか高額だ。
迷ったあげく、この町を出ることに!

向かったのは、中世の町・トレド。
町丸ごとが世界遺産で、本当に中世のままだ。
マドリッドは現在の首都だが、1600年くらいまではここトレドが首都だった。
日本でいう京都みたいなもの。

22:00くらいにやっとトレドに到着。
泊まったのは、 あの 『パラドール』だ。

通常260ユーロぐらいするのを 170ユーロくらいに値引きしてくれて
さらに朝食ブッフェまで込み込みだ!
(もちろん3人分)

トレドのパラドールは、そのテラスから、トレドの町を全貌できる高台にたっていて
とても人気が高く、CAFE DEL CANDYのお客さんにも紹介していた。

僕自身10年以上前に一度行っただけなので、2回目。
だけどその魅力は、もっと高くなっていた。

ただし、内装を、今はやりのシンプル・モダンを意識しすぎて
あの重厚で、品格のあるインテリアがすべて変わっていたのが
残念だった。
スポンサーサイト
2009/05/25 17:29|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/460-f072ed1d

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。