福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スペイン6日目? 

もう日にちの感覚が完全にマヒしてます。
さらに昨日間違いをしました。トルヒージョ出身はコルテスじゃなくフランシスコ・ピサロでした。
実は昨夜行ったトルヒージョのマヨール広場のレストランは最高でした。予定ではカセレスという町の有名なレストランに行くつもりでしたが完全にそれを打ち消す味、ビジュアル、スタイルでした。
伝統的であり革新的でもあり、繊細かつボリュームもある。店内はクラシック調でBGMもオペラやクラシック。でもおばちゃんの温かい接客。価格もそんなに高くない。

そして今日。午前はトルヒージョを散策。午後まずはグアダルーペ。
全スペイン世界の聖母とされる黒いマリア様をまつった修道院にお参りをした山脈の小さな村だが多くの巡礼者がいた。
が昼食を食べそこね移動。途中、自然の中の宿のカフェで休憩。そこの手羽先のフリットは素揚げでまさに日本の味そのままだった。
さらに進み、とんでもない山道を突き進んでると一人のヒッチハイカーが…。
サイクリング途中に自転車が壊れ、さらに友人ともはぐれたんだと。
本当にすごい山道でさらに雨まで降る始末で、テロの危険性なんかもあるのでビビりながらも車に乗せてあげた。
タラベラという町に行きたいらしく僕たちの目的地でもあったからだ。
1時間半ほどでタラベラに到着。ヒッチハイカーと別れ、宿を探した。
がタラベラ焼という陶器の町で観光地ではなくローカルで大きな町なので1時間かけてもイイカンジの宿がない。20時を過ぎた。
…よしトレドまで行こう!
さらに車を飛ばし1時間程で、トレドへ。みんな疲れ果てていたので唯一知ってるパラドールへ。偶然3人部屋がありディスカウントもしてくれるっていうんで即決。
ふう。長い一日だった…
スポンサーサイト
2009/05/24 09:24|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/459-918bc6cf

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。