福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

リアル・スペイン!! 

昨日のたくさん飲んで食べた一日だった。

さて今日はマドリッド最後の夜、今回の旅の事実上の最後の日です。

ショーンと約束したバースデイパーティーは出発が12:30
だから朝の散歩としよう。

まずはやっぱり朝食を バル で! 

そしてまたやっぱりチューロスを食べる。 ホント最高なんです。
(でも実は現在のスペインでは朝食をチューロス食べる人少なくなってるんです。
もっと軽めに、クロワッサンとカフェオレ(カフェ・コン・レチェ)が多いようです。見てる限り)

そしてみんなで、ソフィア芸術センターまで歩く。
でも館内には入らず、ミュージアムショップで買い物。
そしてゆっくり散歩しながら宿まで戻った。
そこでショーン登場。
ホント、タイミングいいんだよねー。

『で、ショーン、どこまで行くの??』

ああん、バスでね。30分くらい・・・
またアバウトな返事・・・
とりあえず地下鉄でバスセンターまで行こう!  とショーン。
バスセンターは意外と離れた場所にあるので地下鉄で移動・・・

ぬおーーー!!!!

いきなりショーンは自動改札機を飛び越えた!!

『だいじょうぶ。だいじょうぶ。  いつものこと!』

そうだ! こいつ地元なんだ!  僕らははるばる日本からやってきてるけど
こいつは、産まれて育った街で、小さな頃からずっとこんなことやってきてるんだ!

妙になっとく!?   ・・・していいような、いけないような・・・

もちろん僕らはフツーに切符を通しましたよ!
(ここで豆知識!   
マドリッドの地下鉄は1回1枚でどこまででも行けます。 1枚0.8ユーロ前後だったかあ。
でも10回券てのがあってこれだと6ユーロぐらい。めっちゃお得で、しかも1枚で何人でも使える。
1回1枚だから。使った人の分が減るだけ。なんとこれ1枚で空港までも行けちゃうから使わない手はない。タクシーだと15ユーロくらいですよー。僕は常備してます )

で、バスセンター。あったあった、これこれ。
運良くバスがあった。
目的地は・・・Colmenar Viejo・・・ おそらく!!
DSCF1857-1.jpg

実際どこに行ったか今でもよくわからない・・・
グアダラマ山脈が見える田舎。  それだけだ。

そしてバスに乗り込み、約30分。 (これは意外と正確だった)
DSCF1863-1.jpg

DSCF1864-1.jpg

DSCF1868-1.jpg

DSCF1869-1.jpg

とりあえず、バルに入り、
友達アントニオを待つ・・・15分・・・
DSCF1880-1.jpg

そしてポンコツ車(失礼! おせじにも綺麗とは言えず)で、ぶっ飛ばして
アントニオ邸へ。って3分で到着!!
あれだけ待ったのは一体なぜ??

住宅街の一角にアントニオ邸はあった。  で、でかい!!
ゆうに120坪はあろうかという土地に平屋で60坪くらいか。
あとは庭である。  というかほったらかしの空き地状態。
DSCF1888-1.jpg

『Hola!!!!!!  オラー!!!!』
そこにいくと、約10人ぐらいの人がなにやらせっせとパーティーの準備をしていた。
DSCF1891-1.jpg

一気に紹介されたが、誰が誰なのか、どういう関係なのかさっぱりわからない。
が、すごくいい雰囲気が流れていた。
DSCF1923-1.jpg

これがリアル・スペインだあーー!!

しかしこれでも、この日の長い一日の前編に過ぎなかった・・・。
スポンサーサイト
2009/02/25 22:51|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/433-b2304078

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。