福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スペイン4日目!! 

ちょっと間を空けてみました。
3日目は濃い過ぎる内容で、みなさんも疲れたでしょ(笑)

ということで4日目参ります!
忘れた方に・・・昨日はサフラン畑やらオリーブ貴族やら仕事や接待などに追われやっとアリカンテに着いたというわけです。

アリカンテ2二日目の朝です。
昨日は早めの就寝だったので朝7:00に目が覚める。
ザックと朝の散歩に出かけた。
天気は快晴。 見事なスペイン晴れです! (はい。また出ました!)
アリカンテは地中海に面した街なのでまずは海を目指す。というか宿のすぐ近く。
もちろんそれも考えての宿ですよ。
歩いて3分ほどでビーチに出る。
DSC_1710.jpg

感無量です・・・。
僕はこの地中海というものが大好きです。その響き、その色、風。
自然と涙が出てきます。
DSC_1716.jpg

後ろを振り向くと100m程の小高い丘があり、その頂には中世のお城が!!
その名も『サンタ・バルバラ城』
こりゃもうのぼるっきゃないでしょ。
『そこに山があるから』なんてね。
DSC_1735.jpg

朝:9:00 メタボな身体にむち打ってひーひー言いながら登った『サンタ・バルバラ城』
中に入ろうとすると守衛のおぢさんが「まだだめだよ」
まっいいかと、街の方から下った。
ちょうど降りたところに、市場「メルカード」発見!
職業柄、必ず行っちゃうんですよねー。
DSC_1783.jpg

DSC_1779.jpg

一旦、宿に戻ってこれからどうするかみんなと相談。
「もう一泊する?」「今日行けるとこまで行ってみる?」
結局後者を選択。
でも午前と、お昼ご飯だけはここアリカンテでしようということに。
で、みんなでまたビーチまで散歩。日差しも強くなり、海水浴を楽しんでる人もいる。
トップレスの女性もいる。  ・・・でもなぜか年配の人が多いような・・・。
DSC_1817.jpg

そして待ちに待ったお昼ごはん!!
以前から目を付けていた バル 『ノウ・マノリン』(Nou Manolin) へ!!!!
カウンターには新鮮な魚介類たちが!!!!
DSC_1847.jpg

『こりゃけっこう(金額が)高そうだな』 と思い、値段を見ずにみんなでじゃんじゃん注文!!
DSC_1851.jpg

『うまーーーい』『ぬおーーーー』
一同感激!!!!
そしてお会計・・・・     275ユーロ・・・!?   当時のレートで約43000円!!!
なぬーーーーっ!  そりゃうまいはず!!  ・・・でも納得!!

満腹・満足でアリカンテをあとにする・・・
(僕の友人の話によるとアリカンテとはアラビア語でアラーに捧げる歌)というらしい。)
DSC_1863.jpg

DSC_1870.jpg

今夜の目的地は・・・『グラナダ』
高速道路で約4時間!!!! 
アリカンテでGETしたスペイン最新ヒッツCDをガンガン鳴らし交代しながらドライブ!
途中、「グーグルマップ」で安宿を検索して予約の電話を入れる。
『ペンション・ブリッツ』
1泊 1部屋 50ユーロ  (2人で)
アルハンブラ宮殿のふもと。ヌエバ広場に面した好立地。
多少迷いながらも夕方7:00ぐらいに到着!! まだ日が暮れていない。
DSC_1905.jpg

昔はジプシーの集落があり危険だと言われていた 迷路のようなアルバイシン地区を散歩。
(危ないと言われていたのはもう過去の話。今では水タバコやアラビアンティーなんかがあるおしゃれ地区に変身)
DSC_1910.jpg

みんな初めての感じに喜んでいた。
迷路のような坂道をどんどん登っていく。  そして広場に出る・・・。

DSCF1451.jpg

日が沈んだグラナダの街にライトアップされた『アルハンブラ宮殿』が優雅に横たわる・・・。
涙がこみ上げてくる・・・。

これが『アルハンブラ宮殿』だ・・・。
何度か見たことがある僕でも感動したのだが、これを初めて見たみんなは一体どんな気持ちなんだろ。
その広場サンニコラスで、軽くバル。もちろんハモンをいただく。
そしてまた迷路のような道を下る・・・ん。 何か聞こえる・・・?
僕らは耳をすませ、なにか音のする方へ足を運ぶ。
そしてまた違う広場に出た。  !!!!

『フラメンコだ・・・』

DSC_1938.jpg


野外劇場のような広場でフラメンコを演っていた。
それも踊りはなく、ギターと歌が中心の・・・。

『これがフラメンコなんです・・・』

日本でよく見る踊り中心のものとは全く違うフラメンコ。
みんな初めて見るようで、魂が揺さぶられる・・・。
良いとか悪いとかじゃない。かっこいいとかでもない。
魂が揺さぶられるんです・・・これがフラメンコ・・・。

感動しっぱなしのグラナダの夜・・・。
締めはやっぱりアラビア風のカフェで水タバコをふかしリラックス・・・。
(リラックスしすぎて顔だしNG! 次回ご期待!?)
DSC_2166.jpg


明日は、8:00までに『アルハンブラ宮殿』の受付に行かなければならない・・・。
(3日前まではBBVA銀行で予約できる。当日券は早くから並ばないとチケットそのものが買えない。
しかも、一番重要な王宮部分には入場制限人数があり入れないこともある。実は前回それで入れなかったのだ。 
裏技を教えると、みんなが並んでいる受付とは別に、奥の方に受付がありクレジットカード専用窓口がある。そこは並ぶ人も少なくスムーズに買える。意外と知らない人が多い) 

 
スポンサーサイト
2008/11/01 22:25|スペインへの旅2008秋TB:0CM:1

コメント

エビ最高!GANBA!!!!
Ora!

エビの聖地 アリカンテじゃないですかv-33
NOliさん、俺、初めてエビの足食べたいって思ったよv-162

ALAHAMBLA ye ALICANTE mui mui bien!!!!

ALHAMBLA~大地 #JalddpaA|2008/11/12(水) 17:01 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/412-9fbcac8e

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。