福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スペイン3日目・・・ 

・・・2日間でかなり濃い内容でしたが・・・
さあ、3日目になります!!

ってはりきりましたが、 今日は8:00出発です!
どこに??

はい!  サフラン畑 です!!!

けっこう遠いみたいなので、ホテルはそのままチェックアウトなんです・・・
ええ、8:00チェックアウト・・・もちろん 7:00起き・・・ ううん、しんどい・・・。
DSC_1615.jpg

スペインの朝は明けるのが遅く8:00はまだ薄暗い。
眠い目をこすりながらいざ出発!!

ここアルバセーテから、地中海アリカンテ方面へ、車で1時間くらい走ったでしょうか・・・。
途中からものすごい霧が出てきて時間と距離の感覚が無くなってしまいました・・・。
でも国道をそれてからが結構長かったような・・・。
確かラグーナ(湿地帯)が近くにあって・・・
とにかくとんでもない何にもないところに広大なサフラン畑はありました!
DSC_1617.jpg


今はまだサフランの球根を植えたばかりです。 直径2cmほどのにんにくのような形と大きさでした。
ひとつの球根から1,2つの花。一つの花からめしべが3本しかとれません。
DSC_1622.jpg
1gのサフランには、その花300本が必要らしいです・・・。
花が咲く収穫時期は10月末らしく、見渡す限りのこの畑にその1週間だけ、海外からの労働者が働きに来るらしいです。
(僕もやってみたい・・・。)
DSC_1637.jpg


サフラン・・・やはりとてつもない労力が必要なんだ・・・その価格も納得だ・・・。
そんなことを思いながら畑をあとにする・・・。
ハビエルさん、ありがとう。 (でもサフランを購入することはできなかった・・・。)
DSC_1642.jpg



一路。僕たちは今日の目的でもある、 IBI (イビ)という村に向かう。
そこには、もう一つの僕の仕事のためである。

オリーブオイルの製造元 があるのだ。

(実はそのオリーブオイルを僕は5ケース30本を予約している。納入は11月だとか)

1時間ほどでなんなくイビに到着・・・しかしやはりここでも僕のケータイが使えないのがとても困る・・・
相手に会えないのだ・・・30分・・・1時間・・・・
仕方なく日本の業者に別の電話から連絡・・・相手もすごく待っていて困っているらしい・・・
やばい・・・困った・・・
なんとか相手に電話が通じるが・・・ えっ? もうイビにはいない?? 
アルコイに来てくれ??  なに??
どうしよ・・・ もちろん今日も宿なんか予約していない。 さらにアルコイという町まで来いって・・・
ううん・・・でも行くしかないか・・・みんなごめん・・・。

そしてさらに30分・・・なんとかアルコイに到着・・・確かフットボールスタジアムの近くにいるって・・・。いたーーー!!
好青年とお母さんらしき女性発見!! 
車で先導してくれる・・・そこからさらに15分・・・どこまで行くんだ??
山の中腹の門をくぐる。ひょっとしてここ??
少し坂の登っていくと・・・大きな屋敷が・・・ こ、これ??  これなの???
DSC_1653.jpg

あっちゃーーー!?
お屋敷じゃん!!!
そして、ものすごい風格のカバジェロ(紳士)と、ちょっと遊び人風の弟君現る!!
さっき迎えに来てくれたのがマネージャーで兄のセルヒオ。 弟がリカルド。お母さんと
そして一家の家長・ホルヘ だ!!!!
わわわ。 どういうこと??
家族総出でお出迎え。そして広大な庭を見渡す。あっちからこっちまで全部敷地。そしてオリーブ畑。
なんじゃこりゃーーー!?
DSC_1664.jpg

そしてびっくりしてるのもつかの間。
まあまあ。おうちへどうぞ。  えっ!? なに!?
でっかいお屋敷の中へご案内!!
ぬおーーーーーーー!!!!????
なんじゃこりゃーーー!?
壁には無数の『鹿のつの』『鹿の頭の剥製』『家族の写真』
天井にはきらびやかなシャンデリア。
ものすごい装飾のテーブルといす、ソファ・・・。
床には、大きなイノシシの皮のラグマット・・・。
ゴッドファーザー・・・??
まさにそれは映画の中の世界だった・・・。
どうぞ、どうぞと案内された食堂。
これまた同様、半端じゃない重厚感のあるテーブルと椅子。 そして何人ものお手伝いさん・・・。
これはセレブなんてもんじゃなく正真正銘の貴族だ・・・・。
テーブルの上にはハモン・イベリコをはじめ、ケソなど豪華な食事が並ぶ。もちろん
スペインワインとパン、そして自慢のオリーブオイル・・・。
どれも、最高級のもので最高に美味しい。たくさん味わいたかったが、これはちゃんと交流をしないと
申し訳ない。一生懸命に下手なスペイン語で話をする。大地も英語で参戦してくれた。
写真を撮りたいが僕としてはここは話をするべきだ・・・。
そして長い長いお話が終わり、外にでる。
『よし、よし終わった。 これから畑かな』
二手に分かれ家族の車に乗り込む。
・・・30分・・・ やけに長いな・・・
・・・どこに行くつもりだ・・・
『着いたよ!』
さらにその邸宅から40分くらい離れた全く知らない場所・・・ここだって。
『んんん??  レストラン???』
人里離れた山の中腹にそのレストランはありました。
『えっ!?  さっきの食事じゃなかったの??? ということは さっきのは前菜で・・・
今から食事ってこと???』
DSC_1661.jpg

どうやらそのようです・・・。
『さあさあ、入って。入って。』とセルヒオ。

僕らは訳がわからないまま大きな個室に通される。
モダンなインテリア、大きなテーブルのある個室。
そこに我々4人と4人の貴族、そして仲間の一人、9人での昼食・・・らしい。
一同緊張・・・。 

一家の家長であるホルヘが適当にオーダーを済ませる。 ワインなどがつぎつぎと注がれる・・・。
『あちゃちゃちゃ・・・』 やばい・・・。
社交だ。 これが社交だ・・・。
この雰囲気では僕は写真を撮ることをとても躊躇した・・・。

料理がどんどん運ばれてくる・・・。
どれも伝統的なスペイン料理を踏襲したヌエバ・コシーナ(新スペイン料理)だ。
・・・というかどこかしら懐かしい感じがする・・・。
!!  そうだ!  日本料理のテイストをミックスしているんだ!!
・・・そういえば昨夜のレストランもそうだった・・・。

今スペインでは、日本料理とのコラボレーションが進み、それを絶妙に合わせてる。
それは、有名なカタルーニャのレストラン『エル・ブジ』もしかり。
あのちょっとづつ、いろいろ。というのは、懐石料理のようだ。 しかしスペインにもタパスの文化がある。このあたりもスペインと日本のよく似ている点だなー。

いやあ。繊細かつ大胆な新スペイン料理! 本当に美味しかった!!
あとで、聞くところによるとこのお店・・・

ミシュラン2つ星をとっているんだって!!!!
DSC_1662.jpg
Restaurante L escaleta

なにーーーっ!!!
全然知らなかった・・・。 どおりで美味しいしサービスも完璧なはずだ・・・。
しかし・・・こんな人里離れた山奥で・・・。
それも・・・ あのファミリーのご招待で・・・   かたじけないです!!!
僕ら、めちゃくちゃラフな服装で・・・ 個室だからから知れないけどタバコもくもくだったよ・・・。
さすがは、スペイン!!
これがスペインです。 スペインの魅力です!!

・・・ていうか、
本当にごちそうさました!  ありがとう! Perez-Borbujoファミリーのみなさん!!
DSC_1673.jpg

DSC_1667.jpg

そして食後の散歩のように、邸宅の敷地内に戻り、 今度は正真正銘のオリーブ畑を見学。
ものすごい土自慢と、おそうじ自慢。(なんでも土の表面をきれいにしてないといいオリーブが育たないとか・・・ものすごい人海戦術なんだろうな・・・)

そしてお別れ・・・お母さんに素敵なハーブの詰め合わせのおみやげをいただき、涙の別れ・・・。
本当にありがとう!   セルヒオ、家長のホルヘ。 素敵な人たちだった・・・。
本当にいい人達で、泊まっていって欲しそうだったが僕はあまりの強烈な貴族っぷりに圧倒されすぎて正直びびりました(笑) 
(いやいや、僕ほんと庶民なんでね。 ていうかあれみたら本気びびりますよ!)
DSC_1676.jpg

DSC_1674.jpg
この写真は一家の家長であるホルヘが撮ってくれました。写真の腕も貴族級!?

来年3月には東京のFOODEX(国際食品見本市)に出店するらしいので再会できるかも。
あ。そうそう。彼らが作っているオリーブオイルを紹介します!!

マシア・エル・アルテト(今年6月に行われた国際オリーブオイル協会主催マリオ・ソリナスオリーブオイル品評会【世界で最も権威のある品評会】で熟れた果実味の部門で優勝)
producto.jpg
これ正直言って美味しすぎます。僕はかねてからのオリーブオイル好き。良いオイルは飲めちゃいます。もちろんこのオイルも飲めちゃいますよ。ただし本当に丁寧に作っているもので世界最高峰のオイルなので敢えて、普段使いはお勧めしません。
愛情たっぷりに育てられたこのオイルは、とっておきの瞬間に、本当に大事な人に。
そういうときのためのエクストラ・バージンオイルですよ。
これCAFE DEL CANDYでは、5ケース予約しています。(たぶん30本)
もしみなさん気になる人がいたらお分けしますから連絡ください。
まだ未入荷なので価格も未定ですがおそらく5000円前後にはなるはず。
この価格が高いか安いかというのは別として、『世界最高峰のオイル』とはっきり言えます。
しかしこのオイルどこにも売ってません。もちろん三越なんかの一流デパートにも置いてませんし、買うこともできません。ネットで調べても日本語では僕が書いてるくらいじゃないかな。
おそらく九州では、僕くらいじゃない。こんなに確保してるのは(笑)
もちろん一家を訪ねていったのは日本中で僕らだけです!!!!



それで一行は、貴族の屋敷をあとにして、アリカンテに向かう。
今夜の宿泊地だ。 もちろんあてはない。
グーグルマップを使って(莫大なパケット料金がかかるはず・・・)町の中心部に安宿を見つけ即電話。

『Hostal San Fernando』
1泊 46ユーロ(一部屋2人で)
地図を見ながらたどり着いたのは、19:00。 でもスペインはまだまだ日は暮れない。
でも今日という日はとてつもなく長く、みんな疲れ気味だ。
とりあえず車をパーキングに入れ、ザックと二人で散歩。
夕暮れ時のアリカンテは本当に素敵でした!
DSC_1683.jpg

DSC_1700.jpg

ザックと二人で、ウインドウショッピングとバル巡りは楽しめました。
僕はやはり結構疲れてたのか、宿に戻って眠ってしまいました。
他のみんなはどうやら夜中にも飲みにいったみたいですよ。
DSC_1702.jpg


僕は夢心地で思いました。 
ここなら住めるかも・・・。
   

 

スポンサーサイト
2008/10/20 23:01|スペインへの旅2008秋TB:0CM:2

コメント


スペインなんてうらやましなv-10とっても楽しかったんでしょうね。v-218僕のサイトも覗いて見て下さいねv-237ヨロシクお願い致します。v-222太字の文色付きの文字
eijiestm #-|2008/11/28(金) 15:09 [ 編集 ]

IBIかー。
私しばらく住んでいたよ。。
ディエゴがそこでしばらく仕事していたからね。
懐かしいな。
アルコイやアリカンテは、アンダルシアとはまた違って、面白い雰囲気だしてるね。
海産物がおいしいし。
スペイン料理は、完全無農薬やし、素材自体が最高だから味も引き立つんだろうね。
日本の野菜はなんて味が薄いんだろう、と思う。
ゆき #-|2008/11/02(日) 09:39 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/411-8eba4de4

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。