福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スペイン日記 2日目・・・。 

みなさん、いろんなコメントありがとうございます。
今は、にっくき燃油サーチャージとやらで航空運賃が非常に高くそれだけで飛行機載るのにゲンナリしますね。それを考えて今回は原油産出国のひとつ『カタール』航空をチョイスしてみたんですよー。
あ。それから書き綴りながら興奮しているので誤字脱字ありますがお許しを。
というわけで、
スペイン回顧日記2日目参ります!DSC_1469.jpg


前日のマドリッド 『Hostal la Plata』なかなか快適で、場所もメトロ・グランビアから徒歩1分という好立地。気になるお値段は 1泊1部屋65ユーロ(2人で)です。

朝起きると、まさに『スペイン晴れ』(でたーー!)
DSC_1527aa.jpg

これです・・・これなんです・・・スペインの魅力・・・

レンタカーを借りるのは11:00、時間が少しだけあるので、みんなで朝食を兼ねて王宮まで散歩。
朝食はもちろんチューロス!! アーーンド  チョコラーテ!

散歩を済ませレンタカーを借りにアトーチャ駅へ。
そして今回の旅の友!  『プジョー・パートナー』 なかなかかっこいいじゃありませんか。
長い長いおつきあいになるのでよろしく!
DSC_1543a.jpg
DSC_1547a.jpg

向かうはアルバセーテ!!  方面・・・
って・・・ 実は今回の旅ではほとんど宿を予約していないのです!!
いわゆる 『 行き当たりばったり 』 の旅なんです!
さあ、どう行こうか・・・ 
標識をみて、これ行ってみようか・・・『ベルモンテ』 たしか天正少年使節が立ち寄ったとか・・・。

でもなにもなかったので・・・『チンチョン』ここも行ってみよーー!
幹線道路を外れて寄り道をしてみた。
DSC_1554.jpg

『チンチョン』はマドリッドから40分くらいの小さな村で、美しい村のひとつ。小さな広場では仮設闘牛場で闘牛が行われる。 アニス酒とにんにくが有名。
おばちゃんに広場までの道案内をしてもらった。
名前はパウラ。とっても気さくでとっても親切。感動して涙がでた・・・。
やっぱりスペインはスペインだった!!

一休みして一路アルバセーテへ・・・ここの目的は、サフランメーカーへの訪問。
価格高騰したサフランを買って帰りたい・・・という野望をもって・・・。
・・・しかし僕のケータイが使えない・・・相手からももちろん連絡がとれない・・・。
DSC_1578.jpg

「やばい・・・」アルバセーテに到着したものの途方に暮れた・・・。 なんとか日本の業者に別の電話で
連絡をとり、到着後2時間ほどかかって担当者ハビエルさんと落ち合うことができた・・・。
そしてそのままオフィスへ案内されて商談・・・。
DSC_1582.jpg

DSC_1585.jpg

僕はスペイン語、同行の大地(くん)は英語を織り交ぜ、サフランの歴史や栽培、収穫、その商品管理などを2時間ほどご教授を受ける・・・たいへんな作業や行程をへて、世界中に輸出されているんだ・・・。

そりゃ、価格も高いよね・・・ 日本でスーパーで買うと、0.5g 800円
それを僕たち本物のスペイン料理店では、1ヶ月に70g程度使用するんです・・・。
ひえーーーー!!  計算するんじゃなかった・・・。

とーぜん僕たちは宿もないので、ハビエルさんに頼んで紹介してもらった。
『Hotel Europa』 1泊 80ユーロ(二人で)

おっ。オテルにしては安いんじゃない・・・。

ここで 『スペインの宿の歩き方』    
スペインでは、ホテルなどの宿の表記がちょいと違います。
『Hotel』 =オテル  いわゆるホテル 1つ星~5つ星 のカテゴリー
70ユーロ~ 建物全体が宿泊施設のしての機能があり1階に入り口があるもの
       客室に、シャワーやバス、トイレ付き

『Hostal』 =オスタル 1つ星~3つ星 
40ユーロ~ 建物の一部やワンフロアを宿泊施設にし、15部屋以下くらいの客室
       シャワーやトイレが部屋の外にあり共同の場合もある。
 
『Pencion』=ペンション 1つ星から3つ星 日本のペンションとは違うが家族経営が中心。
40ユーロ~  オーナー自宅も併設してる場合もあり家庭的なもてなしがあったりする。
        バス・シャワー、トイレは共同の場合が多い。

と大きく分けて3つのカテゴリーがあり、その中でも星の数でランクがあり、価格もそれに伴う。
価格は基本的に、1部屋○○ユーロ。日本の宿のように一人あたりではない。
しかし、Hotelの1つ星とHostalの3つ星ではHostalの方が価格・内容も上であることも。
さらには、その下のランクで
『CH』 カサ・デ・ウスペデス 
『ユースホステル』
『ゲストハウス』などもあり 相部屋などもあるが、価格的に一人あたり15ユーロくらいからなので
いっそ『ペンション』以上の宿の方がプライバシー感もあり割安なのでは・・。 
その他にも、オテル・アパルタメンタというものがあり、生活道具一式・キッチンありの宿もあり長期滞在者向けの宿もあり、割安です。

今回は、メンバーもタフなことから出来るだけ安い宿を狙っていました。
(ただし相部屋はNG)
日本の旅行代理店では『Hotel』以上の物件しか紹介しないのですが、実はこんなにカテゴリーがあるんですよーー。
その旅そのたびに合わせたチョイスをするのも、旅の魅力じゃないでしょうか。

ということで今夜の宿も決まり、ホッとしたのはすでに19:00を過ぎていた・・・。
さらには、サフランメーカーの人たちと今夜は食事会に招待された・・・。
22:00・・・  もうすぐじゃん・・・。

DSCF1388.jpg

招待されたのは、地元アルバセーテでも新しい その名も『Safran』 というレストラン。
見るからに斬新なデザインのレストランは、料理もモダン!!!
いわゆる 『ヌエバ・コシーナ』 新スペイン料理!!!!  キターー!!!!
DSCF1389.jpg

DSCF1391.jpg

これはいわゆる社交ではないですか!
ここまでのことは予想外だったので一同緊張・・・
多少語学ができる僕と大地は、必死で会話をつづける!!
正直しんどかった・・・。
 
現在スペインの料理界ではこの手の料理が流行っているんです。
でもハビエルさんは自信はあまり好きじゃないとか・・・  なにーー!?

そして明日の朝8:00には サフラン畑を見学にいくことになった・・・。
まだ花の咲いていないサフラン畑を・・・。
朝8:00・・・ は、早い・・・。 
早く寝よ。  と思う間もなく、落ちるように眠った・・・。

      
 
スポンサーサイト
2008/10/17 18:21|CAFE DEL CANDYTB:0CM:2

コメント


Hola!
guapito! boenas!
二日目は具体的だねー。
スペインのおばちゃんはいつも親切やねー。
涙が出そうな気持よくわかるよ、
「あぁ、帰ってきた!」って。
最近スペインではお味噌(Miso Japonesa)
を使った料理も流行ってきてるよ。
料理番組でもよくやってた。
ゆき #-|2008/10/18(土) 08:12 [ 編集 ]

Hola!
guapito! buenas!
二日目は具体的だねー。
スペインのおばちゃんはいつも親切やねー。
涙が出そうな気持よくわかるよ、
「あぁ、帰ってきた!」って。
最近スペインではお味噌(Miso Japonesa)
を使った料理も流行ってきてるよ。
料理番組でもよくやってた。
ゆき #-|2008/10/18(土) 08:09 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/410-a6e5d12c

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。