福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

戒め 

ひさしぶりに書きます。
というのも、問題が起きていたからです。

先日、ランチを食べに来られたお客様に、メールでお叱りを受けました。
そのお客様はTVを見て初めて来られたお客様でした。
そして激怒され無言で帰られたそうです。

理由は
・ランチはコース(1500円)しか残ってない言われ、それを注文した。
・ドリンクは何にしますかと言われ、ビールと白ワインをチョイスした。ビールが小さかった。
・パスタが冷めていた。 
・隣とメイン料理の内容が違う。
・隣のお客はデザート・コーヒーがあったのに、来なかった。
・とにかく何の説明がなかった
それらのことを聞くと無視されたので無言で支払いを済ませ帰った、とのことでした。

僕は、即謝罪メールを送り、翌日ミーティングをもってこの件を話し合いました。
まず、パスタに関しては、調理過程・提供過程に問題があり、冷めてしまう状態がありました。
隣と料理が違うことは当店はよくあることです。
(大型店ではない為、仕入れは安定しておらず、その日その場に応じて対応しているため。
それが面白いというお客様も多い。鮨屋や小料理屋のような感じ)
 ランチのシステムや料理の内容の説明を詳しくしていなかったことが大きな問題点だったと思います。 それに親切さが足りなかった・・・。

しかしそのお客様は、クレームをあげてくれただけではなく
TVに出ることの覚悟と責任、影響を考えて、初めてのお客にも、やさしい店になることを切望している
と言っていただけました。
ありがたいと思うと同時に、反省しきりです・・・。

忙しさのなかで、対応が良くなかったのかもしれません。
スタッフも、そんなつもりで接客したわけではないかもしれません。
料理もきちんとつくったつもりかも知れません。
つもりは、つもりでしかない。
それをお客さんがどうとらえるか、どう感じるか、その時、その瞬間の味覚、感覚はそれぞれです。
『一生懸命やってます。』
『当たり前やろ!』  『それがどうしたんや』
僕が10年前に大阪での修行中で言われたことです。
今思うと、自己中心的な考えしか出来ていなかったのでしょう。
その時のことが鮮明に思い出されます。

CAFE DEL CANDYは7年を迎え、知名度が少しづつ上がり、以前から比べるとおかげさまでお客様も多くなってきました。やっとスペインが広まってきたかと喜んでいました。
『初めてのお客さんに気を配れ。大事にしろ。』
こんな時こそが気をつけなければと心がけていた矢先のことでした。
これはランチスタッフだけの話ではありません。 僕を代表してスタッフ全員への『戒め』です。

常連のお客様はもちろん大事にしなくてはなりません。
しかし、その常連さんも、初来店の日が、全員あったのです。
その時に、僕はどう接したのか、スタッフはどう接してたのか。
初めてのお客さんを喜ばせることができなくては、今このお店も存在していませんし
これからも続けていくことはできません。

今回のお客様が言われたとおり

  『  初めてのお客さんにも、やさしいお店 』
というのを改めて、深く心に刻みました。 それが原点でもあるのです。

 『 スペインを知ってる人にとっても、知らない人にとっても、やさしく楽しいお店 』
本来考えていたことではありますが、これからまた 「スペイン道」を精進していくつもりです。
みなさん、これからもよろしくお願いします。

PS: 先日来られたお客様へ・・・お詫びのメールは再度お送りしましたが、ココでまた
   再度、お詫び申し上げますと共に、ご指導ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト
2008/05/03 17:09|CAFE DEL CANDYTB:0CM:3

コメント


まむしさん≫
ありがとうございます。
意見は言ってもらえて感謝です。
九州人(僕もそうですが)は、基本的に、意見や指摘を口で言ってくれません。
(業界用語ではサイレントクレームと言うらしいです)
だからなおの事いつも気を付けてはいるのですが、ピンポイントでこういうことが起きると、『まだまだだな』『もっとがんばらなければ』と思っています。

スペイン道…遠く離れた日本・九州ではまだまだスペインはそんなに知られていません。これを広めるのが僕の運命であり道だと思っています。(まさに江戸時代のキリシタン禁制の世…いやいやこんなものじゃないはずだ)などと思いながら日々を過ごしています。
『博多のスペイン』お時間がありましたら是非! いつでもここは、スペインです(笑)
サルバドール・ノリ #-|2008/05/16(金) 22:31 [ 編集 ]

ノリさんが思い描かれている「スペイン道」、きっとただ純粋においしくて楽しいスペインバルなのではないかと思うのだけど、ちまちま・せかせかとした日本では温度差を感じられる方もおられるかもしれませんね。
ビールやパスタの件はあまりにも主観的な意見だと思いますが、それでもそのような意見をちゃんと伝えてくださったという事がノリさんも言われている通り“感謝”なのだと思います。
ノリさんのブログを読んでいると、とってもスペインに行きたくなる!
新幹線なら1時間位のところに住んでますので、「博多のスペイン」へ是非おじゃましてみたいです。


まむし #-|2008/05/14(水) 08:30 [ 編集 ]

これは店をはじめたい私にも本当にためになるお話です。ノリさん有難う。

そうですね…私が働いていた頃もいろんなことがありました。日々勉強でした。

でもそれをきちんと受け止め考えている…。
カフェデルキャンディは今よりももっと素敵な店になると思いますv-22

おたえさん #-|2008/05/04(日) 22:04 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/356-81a0b1e3

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。