福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ガリシア男 

約一週間前、彼らはやってきました。 スペインからやってきたその7人組、聞くところによると、 スペイン・ガリシア地方の小さな町フェロールから来たとか。 フェロールとはパラドールもある小さな軍港の町で、かのフランコ将軍の出身地でもありました。僕としてはそのあたり(フランコ将軍:スペイン内戦)にもすごく興味を持っていましたが、聞けませんでした。 彼らは『 ZARA 』 というスペインファッションブランドの新西通り店の内装工事に来ていました。 そのなかの親方格・ホセの顔が突然青ざめ、病院教えてくれって、23:00・・・ もちろん空いてるはずもなく、119番に電話しました。そして教えてもらった、某病院に電話・・・ スペイン人であることを告げ症状をなんとか聞き出し伝える・・・ すると・・・言葉が通じないなら来てもらっては困る・・・!!!! なに?! 今なんて言った!?  もう一回言ってみろ!! 僕はつい、大きな声を出してしまった。 こっちだってそんなにスペイン語ぺらぺらって訳じゃない。身振り手振り、辞書片手になんとか会話してるんだ。目の前に涙流して訴えてるヒゲもじゃもじゃのガリシア男、言葉の問題じゃない! 困ってる人、しかも外国人(スペイン人)見のがせる訳がない!  ちょっとまたんかいコラ! それでも病院か! 面倒ごとはお断りってか! 直接先生に電話を替わってもらい、なんとか対応してくれることに。 でも言葉の問題が・・・         『俺が行くしかないやろう!!』 僕はお店をスタッフに任せて、同行しました。 なんとかかんとか通訳し、『尿管結石』ということ。 応急処置をしてその場はなんとか治まった。 しかし・・・あの病院の対応ってどうにかならないものか・・・ というより・・・この先進国・グローバルな国連常任理事国になろうとしてるこの日本が・・・こんなことでいいんでしょうか?? 日本は? 福岡県は? 福岡市は?? アメリカとアジアばかりに目を向けているように見えるのは僕だけでしょうか・・・ スペインだってフランスだって中東だってアフリカだってひとつの地球です。 さまざまな言語や習慣があり日本という国はこんなんでいいんでしょうか・・・ ただ僕が無知なだけなのかもしれない。 そうだったらどなたか教えていただきたい。 外国人のための、そういう困ったときの病院や機関、 僕はスペインレストランをしてるから少なくともスペイン語(もちろん出来ればいろんな言葉)で対応してくれるなにか・・・福岡には無いのでしょうか・・・ もし無いのなら・・・ ・・・今回のように僕がやるしかないのかな・・・ なんて考えていた一週間、 その日から彼らガリシア男たちは毎日CAFE DEL CANDYで夕食を食べてくれました。 そして日曜日に故郷スペイン・ガリシアへ帰って行きました。 またひとつ行ってみたい町が増えました。 スペイン・ガリシア地方・・・『フェロール』
スポンサーサイト
2005/11/23 16:14|未分類TB:0CM:3

コメント


ノリさんお久しぶりです
さすが・・・です!!
また読ませていただきます
NISHI #79D/WHSg|2005/11/27(日) 05:26 [ 編集 ]

外人は保険が無いって事でどこの病院も嫌がるんですよ。
そんなときは、救急車呼んで、無理矢理病院に運ぶのが一番です。
面倒な手続きを救急隊員がやってくれるんで!!
ホームレスでも大丈夫でした。
熊谷 #79D/WHSg|2005/11/26(土) 00:45 [ 編集 ]

”ガリシア男”スッキリ気持ちよく読みました。
日本が、県、市がやらなければ、宇宙のダリがやる。
それしかない。エスパーニャとの交流はカフェ・デル・キャンディが窓口になる。
それでいきましょう!! バーモス!
Inoue Shigeru #79D/WHSg|2005/11/24(木) 10:14 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/218-8ca3c963

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。