福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

フラメンコバトル!? 

決して出会うはずの無い、二人の男が、ここ福岡のCAFE DEL CANDYで 出会ってしまった・・・。 その男の名は・・・ 和製ジプシーギタリスト  本多 昇 フラメンコカンタオール  堀越 千秋 本多昇はご存知CAFE DEL CANDYの名物おじさん。毎晩、顔を 赤らめながら超絶テクで、女性を魅了する フラメンコギタリスト 堀越千秋は、フラメンコ界では知らない人はいない程の歌い手(カンタオール) そして作家でもあり世界的な画家でもある。 その二人の物語を話しましょう・・・。 それは先週の土曜の夜更けのことだった。 その日は、僕の友人のバースデイパーティー(クラブ系)が開かれていた。 写真家やデザイナーなど、クリエイター系の人達の集まりだった。 そのパーティーに僕も照準を合わせていた。 が、しかし・・・。 しかしその夜は、それだけで終わらなかった。 昇は、その時いらしたお客のおかげもあってか、週末の勢いなのか 絶好調で、ギターをかき鳴らす。 そうしているうちに、スタッフのカクボウから電話・・・ 『今からお客様をお連れしてもいいでしょうか?』 『えっ!? もしかして・・・』 この夜は、福岡スペイン友好協会のパーティーが日航ホテルで行われて いた。普段なら僕が出席するそのパーティーにカクボウを派遣していたのだ。 そこで話が盛り上がり・・・ 《つづく》
スポンサーサイト
2006/08/01 19:11|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/128-500b0495

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。