福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

リアル・スペイン!! 

昨日のたくさん飲んで食べた一日だった。

さて今日はマドリッド最後の夜、今回の旅の事実上の最後の日です。

ショーンと約束したバースデイパーティーは出発が12:30
だから朝の散歩としよう。

まずはやっぱり朝食を バル で! 

そしてまたやっぱりチューロスを食べる。 ホント最高なんです。
(でも実は現在のスペインでは朝食をチューロス食べる人少なくなってるんです。
もっと軽めに、クロワッサンとカフェオレ(カフェ・コン・レチェ)が多いようです。見てる限り)

そしてみんなで、ソフィア芸術センターまで歩く。
でも館内には入らず、ミュージアムショップで買い物。
そしてゆっくり散歩しながら宿まで戻った。
そこでショーン登場。
ホント、タイミングいいんだよねー。

『で、ショーン、どこまで行くの??』

ああん、バスでね。30分くらい・・・
またアバウトな返事・・・
とりあえず地下鉄でバスセンターまで行こう!  とショーン。
バスセンターは意外と離れた場所にあるので地下鉄で移動・・・

ぬおーーー!!!!

いきなりショーンは自動改札機を飛び越えた!!

『だいじょうぶ。だいじょうぶ。  いつものこと!』

そうだ! こいつ地元なんだ!  僕らははるばる日本からやってきてるけど
こいつは、産まれて育った街で、小さな頃からずっとこんなことやってきてるんだ!

妙になっとく!?   ・・・していいような、いけないような・・・

もちろん僕らはフツーに切符を通しましたよ!
(ここで豆知識!   
マドリッドの地下鉄は1回1枚でどこまででも行けます。 1枚0.8ユーロ前後だったかあ。
でも10回券てのがあってこれだと6ユーロぐらい。めっちゃお得で、しかも1枚で何人でも使える。
1回1枚だから。使った人の分が減るだけ。なんとこれ1枚で空港までも行けちゃうから使わない手はない。タクシーだと15ユーロくらいですよー。僕は常備してます )

で、バスセンター。あったあった、これこれ。
運良くバスがあった。
目的地は・・・Colmenar Viejo・・・ おそらく!!
DSCF1857-1.jpg

実際どこに行ったか今でもよくわからない・・・
グアダラマ山脈が見える田舎。  それだけだ。

そしてバスに乗り込み、約30分。 (これは意外と正確だった)
DSCF1863-1.jpg

DSCF1864-1.jpg

DSCF1868-1.jpg

DSCF1869-1.jpg

とりあえず、バルに入り、
友達アントニオを待つ・・・15分・・・
DSCF1880-1.jpg

そしてポンコツ車(失礼! おせじにも綺麗とは言えず)で、ぶっ飛ばして
アントニオ邸へ。って3分で到着!!
あれだけ待ったのは一体なぜ??

住宅街の一角にアントニオ邸はあった。  で、でかい!!
ゆうに120坪はあろうかという土地に平屋で60坪くらいか。
あとは庭である。  というかほったらかしの空き地状態。
DSCF1888-1.jpg

『Hola!!!!!!  オラー!!!!』
そこにいくと、約10人ぐらいの人がなにやらせっせとパーティーの準備をしていた。
DSCF1891-1.jpg

一気に紹介されたが、誰が誰なのか、どういう関係なのかさっぱりわからない。
が、すごくいい雰囲気が流れていた。
DSCF1923-1.jpg

これがリアル・スペインだあーー!!

しかしこれでも、この日の長い一日の前編に過ぎなかった・・・。
スポンサーサイト
2009/02/25 22:51|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

マドリッドで・・・。 

故郷マドリッドで、元気を取り戻した友人ショーン。

気分がよくなったのか、僕らをマドリッド観光に案内してくれる。
まずは、マドリッド最後のボタ専門店(羊の皮の使ったワイン皮袋。これに入れると気化熱で温度があまり変わらない)
DSC_2827-1.jpg

DSC_2817-1.jpg

歩いては、ここは16世紀からある建物・通り、この教会は・・・。ここから見える風景は・・・。
DSC_2867-1.jpg


DSC_2859-1.jpg

そう、ショーンは観光ガイドの仕事をしているのだ。
スペイン人をスペイン国内だけでなく、世界中に連れ回っているのだ。
DSC_2853-1.jpg


当然、マドリッドなんかはホーム中のホーム。
頼んでもないのに、名ガイドと化していた。

マドリッドには、もう何度も足を運んでいる僕だが、ショーンの案内するマドリッドはまたひと味違う。
日本人向けとかでなく、本当にマドリッドの素晴らしさや重要なポイントを
さらりと、短時間であんないしてくれる。
DSC_2834-1.jpg

その中に、かの支倉常長(16世紀に伊達政宗の命でスペイン・バチカンへ渡った)が滞在したと
いう修道院があったのには、僕は密かにうれしかった。

散歩しながら、明日はどうするって話になった。

『別になにも考えてないよ。』
『じゃあ、俺の友達のバースデイパーティーがあるから行かないか??』とショーン。
『いいねえ。おもしろそう』みんな意見がまとまった。
というより、テキトーだった。

『OK!  じゃ電話する。』
ほんの10秒で決定した。
明日は、ショーンの友達『アントニオ』のバースデイパーティーに行く!!

で、どこ??

『いやいや、バスで30分くらいだよ!  ははっは!』

・・・んん?  なんかあやしい・・・。

『じゃ、また後で!!夜電話するよ!』 と去っていった。

いきなり放置プレイ!
というかこれが、ショーンの良いところ。

テキトーに自由にさせてくれんだ。マラガの○○とはちょっと違う。。。(笑)

一旦、宿に戻り、することは シエスタ!!
DSC_2883-1.jpg

これがいいんだよねええ・・。

少しだけ眠って、またまた街へ繰り出す。
マドリッドでは、部屋割りは ダイチと一緒の部屋だ。
で、そのままダイチと出かけることになった。

地下鉄に乗ったり、歩いたりしてマドリッドを愉しむ。
初めてのマドリッドにダイチは感動していた。
カスティーリャ広場では、とてつもなく大きな(10mくらいか)スペイン国旗が掲げられてる。
どうやら明日がスペインの建国記念日らしい。
メインストリートでは、1年で最大の軍事パレードなんかもあるって。

ぶらぶら歩いてバスに乗り、宿の方へ。
ふと見つけた広場には、ビニールの屋根がいっぱい。よく見ると物産市のようだ。
テントごとにいろんな町の名前が書いていてそこの、名物を売っているのだ。
DSC_2870-1.jpg

ワイン、チーズ、生ハム、パン、スイーツ、織物、様々だ。

こういうのもスペインの醍醐味なんですよね-。

宿に戻ると、そこへショーンが現れた。

みんなで、夜ご飯を食べよ-ということになり、 バル巡り!!

裏通りを練り歩き、ここと入ったところは

ガリシア地方のバル

(マドリッドは首都なので各地のバルがあり、各地の名物料理や名物ワインがあるのだ)
めっちゃ強烈なブルーチーズ『カブラレス』を食べ白ワイン『リベイロ』や『シードラ』を飲む。

ちょこっとつまんで移動。

そう。マドリッドでは、こうしてバルごとの名物を1品つまんでははしごする『タペオ』が
正しいバルの使い方なのだ。

次は、人でごった返したバル。
ここはフードメニューがない。奥には缶詰が積み上げられている。
DSCF1844-1.jpg
DSCF1847-1.jpg


なんと缶詰オンリーのバルなのだ。(もちろんドリンクはなんでもある)

マテ貝と、アンチョビー なんかをつまむ。
これは僕も初体験だったのでびっくり!!

ホント、スペインって奥が深い!!!!

さらにはしごしたところは、テラス席。 とは聞こえがいいが、
ただ単に歩道に、プラスチックのテーブルとイスを置いただけ。

こういうのがまたいいんだよねー。
DSCF1855-1.jpg

名物は、『ゆで豚』  豚を茹でてピメントン(パプリカ粉のようなもの)をかけただけ!
これが絶妙にウマイ!!

でもここの本当の名物はここのカマレロ(ホールスタッフ)のおぢさん!
なんとこの道40年なんだとか!!!! 70歳近い!
その立ち振る舞いからただ者ではないとは思っていたが・・・。
これがオーナーとかじゃなく、カマレロというところがまた最高に格好いい!!

日本のホールスタッフも自信もつのだーー!!!!

ショーンいわく、僕らはとても気に入られたらしく、滅多には見せない
マジックまで披露してくれた。
DSCF1853-1.jpg

これがカマレロだ!!   ムイ・カマレロ!!  ビバ・カマレロ!!

さあ、明日は事実上このスペインへの旅、最終日だ。
なにせ出発日は明後日だが、明後日は朝も早いからね。
その最後のマドリッドの日がどんな風になるか想像もつかなかった・・・。
2009/02/14 18:19|未分類TB:0CM:0

でかい! 

写真めちゃでかくなっちゃいましたね。
見るまで時間かかってしまいそうで・・・ごめんなさい。
知識不足で、こんなんなるって知りませんでした。
(下の方に記事がいくのも)

ではでは。
スペイン・マドリッド!! 10月11日(土)

マドリッドの友達 ショーン は、アイリッシュ系のスペイン人です。
マラガのフェルナンドとも友達です。
久しぶりに電話してみると・・・

『うぉーー ノリ!!!   実は俺も今日マドリッドに着いたんだよ!!!!』

????

『半年間、インドネシアに仕事で行ってたんだ!!  そして今日帰ってきたってわけだ!
すぺいんに着いて一番最初の電話がお前からだったよ!!』

ショーンは大興奮!!!!
僕もびっくり!!!!

『よしじゃあ30分後に会おう! お前らの宿に行くよ! 』

一行はあらかじめマラガから予約しておいた安宿にタクシーで行った。
DSCF2080-1.jpg

『Hostal la Vera』 
http://www.hostal-lavera.com/
1泊 1部屋 60ユーロ  (二人で)
とても安い宿です。僕は好きですが、一般的な日本の方はどうだろ??

とても気の良いおばちゃんが経営してた。近くに同じ系列のBAR(バル。バーじゃないよ。)も
あるって。しかもそこでの朝食チケットもくれた.ラッキー!!

と盛り上がってたら、いきなりショーン登場!!!!

『Hola!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!  』 
(オラ!!!!   CAFE DEL CANDYでもお客さんが来たらみんなで言ってますよ!! )

4年ぶりくらいの再会なんです。
マドリッドにはほぼ毎年行ってるけど時間がある時しか会えなくて。
実は日本でワールドカップがあった2002年に福岡にも遊びに来てたんです。
もちろんCAFE DEL CANDYで一緒にスペイン戦を観戦してからの付き合い。

でも!!  痩せてる!!!!!  ぷっくり、僕と同じかそれ以上に丸々してたのに
ガリガリだーー。なんでーー!!??

聞くと、インドネシアで疫病になってしまっったんだと。
それでガリガリに痩せ、仕事もできなくなっちゃんだって。

そりゃ、大変だったねー!  死にそうだったよ・・・。  
なんて話をして
よし、じゃあみんなで一緒に昼ごはん食べに行こう!!!!

ということで、ショーン行きつけのバルに歩いていく。

マヨ-ル広場の南側の、とても綺麗とはいえない通りを歩きたどり着いたそのバルは
昔ながらのバルって感じで、地元の人しか寄せ付けない雰囲気さえある。
奥の方に通され小さなイスに座る。
もちろん、お店も狭い。
DSC_2793-1.jpg

適当にショーンは注文した。
ワインはショーンが家から持ち込みしたものだ。
ショーンはマドリッ子で地元だからいわば何でもあり!

どれも素朴な味わいでこれぞスペイン!!  って感じだ。
飾りっ気というモノが一切ない。
DSC_2798-1.jpg

なんと半年ぶりにスペインに帰ってきたショーンは、この食事が半年ぶりのスペイン料理なんだと。
その感動っぷりはすごかった!
しかも一緒に食べてるのは家族でもスペインの友人でもなく、僕ら日本人。

これを縁と言わずなんと言おう。

ショーンも、 これからもずっと友達でいれる奴だなー。

と、思っていたら・

つづく

激動のマドリッド編へ、
2009/02/09 17:03|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

記事が下に行ってしまう・・・。 

ので、デザイン書いてしまいました・・・とさ。
気づきましたかみなさん??

で。   どうでした、ストリートフラメンコ??

気になる音楽関係のみなさん、レコード会社のみなさん、
連絡は僕を通じてお願いします! 
(なんてね! 笑)

さて旅はつづき、マラガの最後の夜は感動的に終わりました。
気がつけtば10月10日。 今日はマドリッドへの移動です。
この長かったスペインへの旅も残りもうわずかです。
最後のマラガの朝は・・・やはり

『チューロスとチョコラーテ』


チュロス・・・どこかで聞いた響き。ああ、あのTDLの!?
と思ったあなた・・・ 甘い!!!!!
申し訳ないですが、 僕に言わせればニセです!

本物はこれです! コ・レ!!

揚げた、ドーナツのようなもの。チューロス
だけど正確に言うとスペインでもマドリッドを中心に北と南では呼び方が多少異なります。
これは僕が10年かけて研究しました!!

◎マドリッドを含め、より北では、細いモノがチューロス
太いモノが、 ポーラス

◎マドリッドより南では、太いモノも、ポーラス

僕の中では、この太いモノこそが・・・チューロスなのです!!
なんせ太さが違う! それに食感は全く別物!!
へー。なんて思ってるあなた!  これは食べないとわかんないだろうな-。
観光客向けのお店ではかなりテキトーに作っていてスタッフもテキトー。

さらに強烈なのは、 チョコラーテ!!

これは16世紀から続く伝統的なドリンク!?なのです。
たっぷりのチョコレートを熱々のミルクで溶かす・・・

アツアツ で、 ドロドロ ・・・。

これもテキトーなお店では、サラサラのチョコラーテが出てくる。
しかも、インスタント・・・。  だまされないで!!

アツアツのぶっといチューロスに、アツアツ・ドロドロのチョコラーテ。

これがスペイン!!!!
 

前置きが長くなりましたが(これが前置きかい!?)
DSCF1825-1.jpg

aaDSCF1827.jpg

マラガナンバーワンのチューロス専門店に朝からフェルナンドが連れて行ってくれました。
ホント最後まで感謝感謝です。
みんな眠い目をこすりながらこの、強烈なチューロスに撃沈!!!

僕だけ、にんまり。
そして、マドリッド行きの新幹線『AVE(アヴェ)』に乗り込みます。

車内は新幹線と言うより飛行機。 音もなぜか 『きーーん』
とても快適です。 このAVE実は昨年開通したばかり。
スペインでは国会も、みんな自己主張が強すぎて話が全然まとまらない。
ホントは、1992年バルセロナオリンピック・セビーリャ万博で完成させる予定だったというからホントびっくり! バルセロナも昨年やっと開通しました!

マドリッドへは 2時間半。  あっというまでした。
天気は曇り気味・・・。 
aaaDSCF1836.jpg

一応マドリッドに住んでいる友達『ショーン』(スペイン人。九大の関係で日本にも来ていた)
に電話してみた。

それがまたとんでもないことに・・・。


                       つづく・・・。



2009/02/06 14:59|未分類TB:0CM:0

ナダル!! 

パーティーが終わり、昨日は死んでました・・・。
週があけ、2月になりましたが、
早速グッドニュースが飛び込んできました!

ラファエル・ナダル  全豪オープンテニス 優勝!!

やってくれました!
昨年のウィンブルドンでもやってくれましたが、
得意ではない、ハードコートでも

ライバル・フェデラーを 倒しての優勝は感慨深いものがあります!

昨年からスポーツ界での、スペイン勢の活躍はめまぐるしいモノがありますね。

EURO2008 スペイン優勝
テニスでは、ナダル
バスケットボール
シンクロナイズノスイミング

いっぱいあります。
今年も スペインな年になりそうですね!
2009/02/02 14:59|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。