福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スペイン3日目・・・ 

・・・2日間でかなり濃い内容でしたが・・・
さあ、3日目になります!!

ってはりきりましたが、 今日は8:00出発です!
どこに??

はい!  サフラン畑 です!!!

けっこう遠いみたいなので、ホテルはそのままチェックアウトなんです・・・
ええ、8:00チェックアウト・・・もちろん 7:00起き・・・ ううん、しんどい・・・。
DSC_1615.jpg

スペインの朝は明けるのが遅く8:00はまだ薄暗い。
眠い目をこすりながらいざ出発!!

ここアルバセーテから、地中海アリカンテ方面へ、車で1時間くらい走ったでしょうか・・・。
途中からものすごい霧が出てきて時間と距離の感覚が無くなってしまいました・・・。
でも国道をそれてからが結構長かったような・・・。
確かラグーナ(湿地帯)が近くにあって・・・
とにかくとんでもない何にもないところに広大なサフラン畑はありました!
DSC_1617.jpg


今はまだサフランの球根を植えたばかりです。 直径2cmほどのにんにくのような形と大きさでした。
ひとつの球根から1,2つの花。一つの花からめしべが3本しかとれません。
DSC_1622.jpg
1gのサフランには、その花300本が必要らしいです・・・。
花が咲く収穫時期は10月末らしく、見渡す限りのこの畑にその1週間だけ、海外からの労働者が働きに来るらしいです。
(僕もやってみたい・・・。)
DSC_1637.jpg


サフラン・・・やはりとてつもない労力が必要なんだ・・・その価格も納得だ・・・。
そんなことを思いながら畑をあとにする・・・。
ハビエルさん、ありがとう。 (でもサフランを購入することはできなかった・・・。)
DSC_1642.jpg



一路。僕たちは今日の目的でもある、 IBI (イビ)という村に向かう。
そこには、もう一つの僕の仕事のためである。

オリーブオイルの製造元 があるのだ。

(実はそのオリーブオイルを僕は5ケース30本を予約している。納入は11月だとか)

1時間ほどでなんなくイビに到着・・・しかしやはりここでも僕のケータイが使えないのがとても困る・・・
相手に会えないのだ・・・30分・・・1時間・・・・
仕方なく日本の業者に別の電話から連絡・・・相手もすごく待っていて困っているらしい・・・
やばい・・・困った・・・
なんとか相手に電話が通じるが・・・ えっ? もうイビにはいない?? 
アルコイに来てくれ??  なに??
どうしよ・・・ もちろん今日も宿なんか予約していない。 さらにアルコイという町まで来いって・・・
ううん・・・でも行くしかないか・・・みんなごめん・・・。

そしてさらに30分・・・なんとかアルコイに到着・・・確かフットボールスタジアムの近くにいるって・・・。いたーーー!!
好青年とお母さんらしき女性発見!! 
車で先導してくれる・・・そこからさらに15分・・・どこまで行くんだ??
山の中腹の門をくぐる。ひょっとしてここ??
少し坂の登っていくと・・・大きな屋敷が・・・ こ、これ??  これなの???
DSC_1653.jpg

あっちゃーーー!?
お屋敷じゃん!!!
そして、ものすごい風格のカバジェロ(紳士)と、ちょっと遊び人風の弟君現る!!
さっき迎えに来てくれたのがマネージャーで兄のセルヒオ。 弟がリカルド。お母さんと
そして一家の家長・ホルヘ だ!!!!
わわわ。 どういうこと??
家族総出でお出迎え。そして広大な庭を見渡す。あっちからこっちまで全部敷地。そしてオリーブ畑。
なんじゃこりゃーーー!?
DSC_1664.jpg

そしてびっくりしてるのもつかの間。
まあまあ。おうちへどうぞ。  えっ!? なに!?
でっかいお屋敷の中へご案内!!
ぬおーーーーーーー!!!!????
なんじゃこりゃーーー!?
壁には無数の『鹿のつの』『鹿の頭の剥製』『家族の写真』
天井にはきらびやかなシャンデリア。
ものすごい装飾のテーブルといす、ソファ・・・。
床には、大きなイノシシの皮のラグマット・・・。
ゴッドファーザー・・・??
まさにそれは映画の中の世界だった・・・。
どうぞ、どうぞと案内された食堂。
これまた同様、半端じゃない重厚感のあるテーブルと椅子。 そして何人ものお手伝いさん・・・。
これはセレブなんてもんじゃなく正真正銘の貴族だ・・・・。
テーブルの上にはハモン・イベリコをはじめ、ケソなど豪華な食事が並ぶ。もちろん
スペインワインとパン、そして自慢のオリーブオイル・・・。
どれも、最高級のもので最高に美味しい。たくさん味わいたかったが、これはちゃんと交流をしないと
申し訳ない。一生懸命に下手なスペイン語で話をする。大地も英語で参戦してくれた。
写真を撮りたいが僕としてはここは話をするべきだ・・・。
そして長い長いお話が終わり、外にでる。
『よし、よし終わった。 これから畑かな』
二手に分かれ家族の車に乗り込む。
・・・30分・・・ やけに長いな・・・
・・・どこに行くつもりだ・・・
『着いたよ!』
さらにその邸宅から40分くらい離れた全く知らない場所・・・ここだって。
『んんん??  レストラン???』
人里離れた山の中腹にそのレストランはありました。
『えっ!?  さっきの食事じゃなかったの??? ということは さっきのは前菜で・・・
今から食事ってこと???』
DSC_1661.jpg

どうやらそのようです・・・。
『さあさあ、入って。入って。』とセルヒオ。

僕らは訳がわからないまま大きな個室に通される。
モダンなインテリア、大きなテーブルのある個室。
そこに我々4人と4人の貴族、そして仲間の一人、9人での昼食・・・らしい。
一同緊張・・・。 

一家の家長であるホルヘが適当にオーダーを済ませる。 ワインなどがつぎつぎと注がれる・・・。
『あちゃちゃちゃ・・・』 やばい・・・。
社交だ。 これが社交だ・・・。
この雰囲気では僕は写真を撮ることをとても躊躇した・・・。

料理がどんどん運ばれてくる・・・。
どれも伝統的なスペイン料理を踏襲したヌエバ・コシーナ(新スペイン料理)だ。
・・・というかどこかしら懐かしい感じがする・・・。
!!  そうだ!  日本料理のテイストをミックスしているんだ!!
・・・そういえば昨夜のレストランもそうだった・・・。

今スペインでは、日本料理とのコラボレーションが進み、それを絶妙に合わせてる。
それは、有名なカタルーニャのレストラン『エル・ブジ』もしかり。
あのちょっとづつ、いろいろ。というのは、懐石料理のようだ。 しかしスペインにもタパスの文化がある。このあたりもスペインと日本のよく似ている点だなー。

いやあ。繊細かつ大胆な新スペイン料理! 本当に美味しかった!!
あとで、聞くところによるとこのお店・・・

ミシュラン2つ星をとっているんだって!!!!
DSC_1662.jpg
Restaurante L escaleta

なにーーーっ!!!
全然知らなかった・・・。 どおりで美味しいしサービスも完璧なはずだ・・・。
しかし・・・こんな人里離れた山奥で・・・。
それも・・・ あのファミリーのご招待で・・・   かたじけないです!!!
僕ら、めちゃくちゃラフな服装で・・・ 個室だからから知れないけどタバコもくもくだったよ・・・。
さすがは、スペイン!!
これがスペインです。 スペインの魅力です!!

・・・ていうか、
本当にごちそうさました!  ありがとう! Perez-Borbujoファミリーのみなさん!!
DSC_1673.jpg

DSC_1667.jpg

そして食後の散歩のように、邸宅の敷地内に戻り、 今度は正真正銘のオリーブ畑を見学。
ものすごい土自慢と、おそうじ自慢。(なんでも土の表面をきれいにしてないといいオリーブが育たないとか・・・ものすごい人海戦術なんだろうな・・・)

そしてお別れ・・・お母さんに素敵なハーブの詰め合わせのおみやげをいただき、涙の別れ・・・。
本当にありがとう!   セルヒオ、家長のホルヘ。 素敵な人たちだった・・・。
本当にいい人達で、泊まっていって欲しそうだったが僕はあまりの強烈な貴族っぷりに圧倒されすぎて正直びびりました(笑) 
(いやいや、僕ほんと庶民なんでね。 ていうかあれみたら本気びびりますよ!)
DSC_1676.jpg

DSC_1674.jpg
この写真は一家の家長であるホルヘが撮ってくれました。写真の腕も貴族級!?

来年3月には東京のFOODEX(国際食品見本市)に出店するらしいので再会できるかも。
あ。そうそう。彼らが作っているオリーブオイルを紹介します!!

マシア・エル・アルテト(今年6月に行われた国際オリーブオイル協会主催マリオ・ソリナスオリーブオイル品評会【世界で最も権威のある品評会】で熟れた果実味の部門で優勝)
producto.jpg
これ正直言って美味しすぎます。僕はかねてからのオリーブオイル好き。良いオイルは飲めちゃいます。もちろんこのオイルも飲めちゃいますよ。ただし本当に丁寧に作っているもので世界最高峰のオイルなので敢えて、普段使いはお勧めしません。
愛情たっぷりに育てられたこのオイルは、とっておきの瞬間に、本当に大事な人に。
そういうときのためのエクストラ・バージンオイルですよ。
これCAFE DEL CANDYでは、5ケース予約しています。(たぶん30本)
もしみなさん気になる人がいたらお分けしますから連絡ください。
まだ未入荷なので価格も未定ですがおそらく5000円前後にはなるはず。
この価格が高いか安いかというのは別として、『世界最高峰のオイル』とはっきり言えます。
しかしこのオイルどこにも売ってません。もちろん三越なんかの一流デパートにも置いてませんし、買うこともできません。ネットで調べても日本語では僕が書いてるくらいじゃないかな。
おそらく九州では、僕くらいじゃない。こんなに確保してるのは(笑)
もちろん一家を訪ねていったのは日本中で僕らだけです!!!!



それで一行は、貴族の屋敷をあとにして、アリカンテに向かう。
今夜の宿泊地だ。 もちろんあてはない。
グーグルマップを使って(莫大なパケット料金がかかるはず・・・)町の中心部に安宿を見つけ即電話。

『Hostal San Fernando』
1泊 46ユーロ(一部屋2人で)
地図を見ながらたどり着いたのは、19:00。 でもスペインはまだまだ日は暮れない。
でも今日という日はとてつもなく長く、みんな疲れ気味だ。
とりあえず車をパーキングに入れ、ザックと二人で散歩。
夕暮れ時のアリカンテは本当に素敵でした!
DSC_1683.jpg

DSC_1700.jpg

ザックと二人で、ウインドウショッピングとバル巡りは楽しめました。
僕はやはり結構疲れてたのか、宿に戻って眠ってしまいました。
他のみんなはどうやら夜中にも飲みにいったみたいですよ。
DSC_1702.jpg


僕は夢心地で思いました。 
ここなら住めるかも・・・。
   

 

スポンサーサイト
2008/10/20 23:01|スペインへの旅2008秋TB:0CM:2

スペイン日記 2日目・・・。 

みなさん、いろんなコメントありがとうございます。
今は、にっくき燃油サーチャージとやらで航空運賃が非常に高くそれだけで飛行機載るのにゲンナリしますね。それを考えて今回は原油産出国のひとつ『カタール』航空をチョイスしてみたんですよー。
あ。それから書き綴りながら興奮しているので誤字脱字ありますがお許しを。
というわけで、
スペイン回顧日記2日目参ります!DSC_1469.jpg


前日のマドリッド 『Hostal la Plata』なかなか快適で、場所もメトロ・グランビアから徒歩1分という好立地。気になるお値段は 1泊1部屋65ユーロ(2人で)です。

朝起きると、まさに『スペイン晴れ』(でたーー!)
DSC_1527aa.jpg

これです・・・これなんです・・・スペインの魅力・・・

レンタカーを借りるのは11:00、時間が少しだけあるので、みんなで朝食を兼ねて王宮まで散歩。
朝食はもちろんチューロス!! アーーンド  チョコラーテ!

散歩を済ませレンタカーを借りにアトーチャ駅へ。
そして今回の旅の友!  『プジョー・パートナー』 なかなかかっこいいじゃありませんか。
長い長いおつきあいになるのでよろしく!
DSC_1543a.jpg
DSC_1547a.jpg

向かうはアルバセーテ!!  方面・・・
って・・・ 実は今回の旅ではほとんど宿を予約していないのです!!
いわゆる 『 行き当たりばったり 』 の旅なんです!
さあ、どう行こうか・・・ 
標識をみて、これ行ってみようか・・・『ベルモンテ』 たしか天正少年使節が立ち寄ったとか・・・。

でもなにもなかったので・・・『チンチョン』ここも行ってみよーー!
幹線道路を外れて寄り道をしてみた。
DSC_1554.jpg

『チンチョン』はマドリッドから40分くらいの小さな村で、美しい村のひとつ。小さな広場では仮設闘牛場で闘牛が行われる。 アニス酒とにんにくが有名。
おばちゃんに広場までの道案内をしてもらった。
名前はパウラ。とっても気さくでとっても親切。感動して涙がでた・・・。
やっぱりスペインはスペインだった!!

一休みして一路アルバセーテへ・・・ここの目的は、サフランメーカーへの訪問。
価格高騰したサフランを買って帰りたい・・・という野望をもって・・・。
・・・しかし僕のケータイが使えない・・・相手からももちろん連絡がとれない・・・。
DSC_1578.jpg

「やばい・・・」アルバセーテに到着したものの途方に暮れた・・・。 なんとか日本の業者に別の電話で
連絡をとり、到着後2時間ほどかかって担当者ハビエルさんと落ち合うことができた・・・。
そしてそのままオフィスへ案内されて商談・・・。
DSC_1582.jpg

DSC_1585.jpg

僕はスペイン語、同行の大地(くん)は英語を織り交ぜ、サフランの歴史や栽培、収穫、その商品管理などを2時間ほどご教授を受ける・・・たいへんな作業や行程をへて、世界中に輸出されているんだ・・・。

そりゃ、価格も高いよね・・・ 日本でスーパーで買うと、0.5g 800円
それを僕たち本物のスペイン料理店では、1ヶ月に70g程度使用するんです・・・。
ひえーーーー!!  計算するんじゃなかった・・・。

とーぜん僕たちは宿もないので、ハビエルさんに頼んで紹介してもらった。
『Hotel Europa』 1泊 80ユーロ(二人で)

おっ。オテルにしては安いんじゃない・・・。

ここで 『スペインの宿の歩き方』    
スペインでは、ホテルなどの宿の表記がちょいと違います。
『Hotel』 =オテル  いわゆるホテル 1つ星~5つ星 のカテゴリー
70ユーロ~ 建物全体が宿泊施設のしての機能があり1階に入り口があるもの
       客室に、シャワーやバス、トイレ付き

『Hostal』 =オスタル 1つ星~3つ星 
40ユーロ~ 建物の一部やワンフロアを宿泊施設にし、15部屋以下くらいの客室
       シャワーやトイレが部屋の外にあり共同の場合もある。
 
『Pencion』=ペンション 1つ星から3つ星 日本のペンションとは違うが家族経営が中心。
40ユーロ~  オーナー自宅も併設してる場合もあり家庭的なもてなしがあったりする。
        バス・シャワー、トイレは共同の場合が多い。

と大きく分けて3つのカテゴリーがあり、その中でも星の数でランクがあり、価格もそれに伴う。
価格は基本的に、1部屋○○ユーロ。日本の宿のように一人あたりではない。
しかし、Hotelの1つ星とHostalの3つ星ではHostalの方が価格・内容も上であることも。
さらには、その下のランクで
『CH』 カサ・デ・ウスペデス 
『ユースホステル』
『ゲストハウス』などもあり 相部屋などもあるが、価格的に一人あたり15ユーロくらいからなので
いっそ『ペンション』以上の宿の方がプライバシー感もあり割安なのでは・・。 
その他にも、オテル・アパルタメンタというものがあり、生活道具一式・キッチンありの宿もあり長期滞在者向けの宿もあり、割安です。

今回は、メンバーもタフなことから出来るだけ安い宿を狙っていました。
(ただし相部屋はNG)
日本の旅行代理店では『Hotel』以上の物件しか紹介しないのですが、実はこんなにカテゴリーがあるんですよーー。
その旅そのたびに合わせたチョイスをするのも、旅の魅力じゃないでしょうか。

ということで今夜の宿も決まり、ホッとしたのはすでに19:00を過ぎていた・・・。
さらには、サフランメーカーの人たちと今夜は食事会に招待された・・・。
22:00・・・  もうすぐじゃん・・・。

DSCF1388.jpg

招待されたのは、地元アルバセーテでも新しい その名も『Safran』 というレストラン。
見るからに斬新なデザインのレストランは、料理もモダン!!!
いわゆる 『ヌエバ・コシーナ』 新スペイン料理!!!!  キターー!!!!
DSCF1389.jpg

DSCF1391.jpg

これはいわゆる社交ではないですか!
ここまでのことは予想外だったので一同緊張・・・
多少語学ができる僕と大地は、必死で会話をつづける!!
正直しんどかった・・・。
 
現在スペインの料理界ではこの手の料理が流行っているんです。
でもハビエルさんは自信はあまり好きじゃないとか・・・  なにーー!?

そして明日の朝8:00には サフラン畑を見学にいくことになった・・・。
まだ花の咲いていないサフラン畑を・・・。
朝8:00・・・ は、早い・・・。 
早く寝よ。  と思う間もなく、落ちるように眠った・・・。

      
 
2008/10/17 18:21|CAFE DEL CANDYTB:0CM:2

お詫び・・・。 

僕のスペインからのブログを毎日楽しみにしていたみなさん。

本当にごめんなさい。

旅の最初の方で、いってたとおり、ケータイは不具合で、全く使い物にならず、
さらにはその後、まったくネット環境が見つからず、このブログを綴ることなく
一昨日の夜、予定通りに帰国してしまいました。

今回の旅は、今まで10回以上スペインを旅した中でも 本当にみなさんにお伝えしたい

『 生 の スペイン 』  

を味わってきたのにも関わらずリアルタイムで書けず僕自身も辛いです。
事後報告になりますが、  これから 

一体、スペインで何が あったのかを  書き綴っていきます。


まず、僕らが旅だったのは  先月 9月28日(日) の夕方18:00

福岡空港から 関西空港。 
そして0:50  関西空港から カタール・ドーハ空港 着は現地時間朝5:30
航空会社は  カタール航空
約6時間待ち で ドーハからマドリッド・バハラス空港へ。
みなさん気になる 航空運賃は 福岡からの往復・燃油サーチャージ込みで 155,000円! 
今の高速道路の時期にしては安いと思いますよ!
しかも飛行機は、 『エアバスA330-200』
機内はとてもきれいな設備で、シートも広い。かな。 なんといってもよかったのは
液晶テレビ!  でかい! 10インチ以上はあるのでは??
DSC_1395qqq.jpg

ちょっと難点は・・・黒人CAに他の外国人と比べて明らかな差別的な扱いを受けたことかな
(食事を強制的に日本食をもってきたり、頼んだドリンクを持ってこなかった。しかも態度は最低) 
それが無ければ大満足だっただけに残念! 改善求む!!
(僕はスペイン語・日本語しか使えず、クレームも言えず!!)

ドーハでは ストップオーバーして、町の散策に出かけました!
・・・がしかし!!!!

町の中心部・イラニースーク(バザール)に着いたのは、早朝6:00・・・。
お店はすべて閉まってるし、人一人歩いてもいない・・・。
ぼーっと勝手にカフェで時間をつぶす・・・7:00を過ぎるととんでもないほどの暑さが!!!!
10:00くらいになってもお店はポツポツ・・・
聞くところによると、 今は ラマダン だとか・・・

(ラマダンは、イスラム教の習慣で、昼間は飲み食いが一切できない。もちろん飲食店はすべてクローズ)
でも、イスラムの雰囲気はものすごいですよーー。
DSC_1419q.jpg

とりあえず、サフランの価格を調査し、町をブラブラして空港に戻る。 
DSC_1447q.jpg



そして 13:00ドーハからマドリッドへ 7時間。
時差の関係で、 マドリッド到着は 19:30。

天気は快晴。 スペイン晴れで、まだ明るい!!!  (やっぱり!!)
・・・しかしケータイが入らない・・・なぜ・・・。

WEB予約していた、グランビア通りの  『Hostal la Plata』 へ。
予約ミスであわやダメかと思いつつ、おばちゃんはちゃんと部屋を押さえといてくれた・・・
助かったーー!

そして夜になったマドリッドを散策。マドリッドと言えば、まずは
プエルタ・デル・ソル 
DSC_1477a.jpg
 
そして マヨール広場!

これを見なきゃスペインは始まらない・・・と思うのは僕だけか・・・。
DSC_1501a.jpg

本場マドリッドのバル巡りを堪能して、明日はレンタカーだ・・・
予約大丈夫かな・・・。

という9月29日第一日目でした。  
 









2008/10/15 20:55|スペインツアー2008TB:0CM:2

グラナダにて。 

今回はフォト集で。


44.jpg
アリカンテの光あふれる海岸

45.jpg
アリカンテのBAR ノウ・マノリン めちゃうまいけど死ぬほど高い!!

46.jpg
アルハンブラでたたずむ男

47.jpg
ヘネラリフェ

48.jpg
アルハンブラを見上げる
2008/10/04 17:04|スペインへの旅2008秋TB:0CM:1

久しぶりの投稿・・・ 

どうも!!  アルハンブラ宮殿の麓、グラナダからリアルタイムで送ります!

こっちは 15:00くらい。
さっきアルハンブラ宮殿から降りてきました!

ケータイが使えないので、まったくブログが更新できません。ごめんなさい。

ものすごい経験ばかりをしてきました。
ええーーと、前回はアルバセテでしたね。

その夜は、新スペイン料理をアルバセーテで接待していただきました。

次の日は、アリカンテに近い、アルコイという町まだなんとかたどり着き
またもや、世界一のオリーブオイル

マシア・エル・アルテト

ファミリーの家と農園を案内していただき、なんと!
ミシュラン2つ星のレストランで食事に招いていただきました!

全然こんな風には考えていなかったのでメンバーもびっくりしっぱなし!!

ムチシマス・グラシアス & ムイ・アマブレ
aaa.jpg

DSC_1675.jpg

PS:  ドーハでは、朝早すぎて、しかもラマダン中で、何も食べることはできませんでした!

グラナダでは、ついさっきモロッコ料理を食べました!

タジン。クスクス、米料理・・・。

写真は、すべて自然のまま。加工してません。 ライトアップはマヨール広場ですよ

それではまた書きます!

2008/10/03 23:13|スペインへの旅2008秋TB:0CM:2

アルバセーテ到着。 

今日もなんとか無線LANが使用でき、こうしてブログを書けています。
スペインの野良無線LANとFON に感謝です。

今日は、写真をUPします。

22.jpg
これは、カタール・ドーハの町並み。朝6:00はさすがに人はいない・・・。

23.jpg
9月29日夜のマドリッド。マヨール広場。

何度も行ってる場所ですが、やっぱりいい。 ここがふるさとだと感じてしまいます・・・。
2008/10/01 04:49|CAFE DEL CANDYTB:0CM:3

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。