福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

キリシタン巡礼2 

天草・島原の旅 2日目です。 昨夜は旅の疲れか21:00には寝てしまい、朝も気がつけば 8:30。 かなり寝てしまった・・・。 他の宿泊客はすでにみんなチェックアウトしてる・・・なぜそんなに急ぐのか。 あ、でも僕の予定でもこの時間はもう出発しててもいいかも・・・。 昨日までは快晴だったが今朝は少し雨模様。天草西海岸を南下。 下田温泉街を通り抜け、日本の村風景・・・!!! ゆるやかな傾斜の丘や谷、畑や田んぼ、その丘の上に、村を見下ろすように 建っているのは、真っ白な教会。 『大江天主堂』

おおーーっ!! 僕は重なるヨーロッパの訪問で協会はある程度見てきた。 しかしその教会が、このような日本の原風景の中に現れるとは・・・。 日本なのに日本じゃないような気さえしてくる。 決してミスマッチではない。 これが微妙にマッチしてるんです。 この教会は明治になってからフランス人神父によって建てられたものとか。 とても美しい教会で、もちろん現在でも地元カトリック信者の方々の 心のよりどころになってるとか。 次に目指すのは、津という漁村。 そこにまた教会があるのです。 『津天主堂』

小さな漁村の中にたたずむ、ゴシック調の教会・・・これは・・・。 なんとも言いようがない・・・日本の古い漁村に、スペインにもありそうな ゴシックの教会・・・んんん・・・。 感動です。 この津にしろ、先ほどの大江にしろ、江戸時代には、まさに隠れキリシタンとして 多くの信者の方々がいたところなのです。その時代には我々が想像も出来ないほど 厳しい弾圧に耐え忍んできたことが、様々な資料に残されています。 そんな厳しい弾圧を受けながらも、信心する・・・どういう気持なのでしょうか。 想像はすれども、全く同じ気持ちになどなれるはずもありません…。 心の中で涙し、その時代に思いを馳せます・・・。 僕はカトリック信者ではないのですが、その時代にものすごく惹かれるものが あります。 ザビエルがどのような気持ちで日本に居たのか、その後多くの司祭たちが希望を もって布教をしたのか・・・日本の大名でありながら、カトリックになっていった キリシタン大名の思い、過酷な生活を強いられながら信心した百姓や漁師、その 家族・・・。 そして手のひらを返すような、キリシタン禁教と弾圧・・・。 洗礼まで受けたのに弾圧する側になってしまった代官や侍たち・・・。 その動乱の中で現れたのがわずか14歳の 『 天草四郎時貞 』 いまだ研究が進められているが、この少年を総大将に、天草・島原の乱が 起こる。四郎は現在の熊本県上天草市大矢野島で生まれたとされる。 まずは天草上下島内での一揆。僕も訪れた天草・苓北町の富岡城を攻めるも あと一歩のところで退却、島原に渡る。 島原では、原城を中心に、一揆勢の精神的支柱となる。 僕も、その天草四郎の足をたどり、津をあとにし、鬼池港からフェリーに 乗り、いざ島原へ・・・。

そして、決戦の舞台、天草・島原の乱の終焉地、『 原城 』 へ。 現在の原城は、 一言で言うなら   何もない・・・。 ちょっとした原城の歴史の看板と、小さな小さな天草四郎の墓・・・。 原城一帯は、民家もなく、畑や野原に囲まれています。 そしてひと気も、ほとんどありません。 僕のように、興味がある人以外の方は行っても、おそらく何も感じないかもです。 何もない・・・僕はそこにまた惹かれるのです。今の時代、「何もない」というのは すごく不思議に感じるし、また何もないからこそ『何かある』と思うのです。 最初は勢いのあった一揆勢は島原城をも脅かしますが、 撤退して原城にたてこもります。 その数37000人 対する幕府軍は12万人。 壮絶な戦いでも、一揆勢は屈することがなく 幕府はついに、現在でいう官房長官を送りこみ、総攻撃・・・・ 一揆勢3万7千人(女・子供もすべて)は原城にて全滅、虐殺されます・・・。 実は現在でも発掘調査が続けられ、まだまだ人骨が眠っていたり、真実がはっきり されてない部分もあります。 何もないけど、何かある・・・ しかしそれは、恐ろしいなにかではないのです。 そこ原城は、なにかオーラに包まれている感じさえします。 僕にはそれが、ハライソ(天国)のような気さえするのです・・・。

スポンサーサイト
2007/08/21 12:08|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

キリシタン巡礼の旅 

さて、夏真っ盛りの今日この頃ですが、 僕は、久しぶりの休暇をとり、 天草・島原 キリシタン巡礼の旅に、出かけました!! 天草・島原といえば、やっぱり  『 天草四郎 』 そして 『 隠れキリシタン 』 僕は、これら、キリシタンが、気になって仕方がないのです。 (でも。カトリック教徒という訳ではないのだが・・・) 現在までも、九州各地のゆかりの地を訪ねてきましたが、今回は テーマをギュッとしぼっての旅でした。 車で、福岡から、高速道路で松橋まで、そこから国道を、いざ天草へ! 実は今回で、天草訪問は二度目なのですが、前回は日帰りだったので あまりじっくりと見ることができなかった・・・今回は堪能してきました! まずは玄関口にある 『 天草四郎メモリアルホール 』

観光コースとしてはベタな感じですが、僕的には、OK! そして 『 サンタマリア館 』

ここは強烈です! 強烈なおじいさんが、入った瞬間から、まるでテープレコーダーのように解説してくれます! 隠れキリシタンの、さらに隠された真実。島原の乱後の代官の良い統治などなど・・・。 一息入れて、お昼ごはん! 天草といえば、やっぱり魚介類!!  っといっても、リサーチしすぎない旅が 好きな僕なので、車を走らす・・・ ・・・あ!   あったーーー!!!! 天草は本渡を過ぎて苓北町の海沿い。イルカウォッチングなんかのお店を横目に 僕らは、ごはん!! 海鮮バーベキュー!! 天草の新鮮な魚介類・・・緋扇貝、さざえ、車エビ、アワビ、アジ、、天草大王!!

やっぱり天草の魚たちは、美味しい!!!! そしてCAFE DEL CANDYでも使用している、天草の塩の工場のある通詞島へ! ここの塩がいいんです! いや、ここの塩しかダメなんです! なぜか?・・・完全天日干しの塩だから。 フツーの、というか、ブランドものの有名な塩なんかも含めてほとんどの塩は 釜で焼いて水分をとばしてます。 水分がトぶということは、蒸発してるということ。蒸発してるということは、 100℃を超えてるということ。  そうするとと、ミネラルは残るが、有機質が壊れてしまう!! と、おじさん・・・ アツくアツく語ってくれました。 海水の塩の濃度は、約3.3%。 1リットルの海水から約33gできる。 加熱すれば、もちろん早い!  でもここでは、ただ、干すだけ!!!! 夏で、2週間。 冬だと2,3か月で完成だとか・・・。とほうもないです・・・。 これを最高のバージンオイルで合わせると・・・そりゃもう最高の一言です!!! おおっとーー。話がずれてしまいまして・・・ そして今夜の宿は、 苓北町 富岡  の 民宿 海舟です!! アットホームなこじんまりした、庶民的な宿ですが、なんといっても オーシャンビューのお部屋が最高!!! でも・・・旅の疲れで、 夜9:00には、寝てもうた・・。

つづく≫ 
2007/08/15 21:52|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

物騒な世の中です・・・。 

先日の夜中11:30過ぎのことでした。 3号線バイパスを、福岡から宗像方面へ向かっていた時のことです。 新宮を過ぎた辺りで、ふと横を見ると、 赤い服を着た女の子らしき 姿が、全力疾走・・・ 「まさか、こんな時間に・・・」 少し通り過ぎて、やっぱり気になり、交差点を左折し車を止めました。 車を降りて、3号線の方に出ました。 やはり、女の子が走ってきました。 信号待ちしていたトラックのほうに駆け寄り、何かを訴えていましたが トラックの運転手は、それに気づかなかったようです。 一緒にいた連れが、女の子に声をかけました。 すると、一気に安心したのか、泣きじゃくって抱きついていました。 ・・・何かあったのか!?・・・ かなり動揺していて、 ・トライアルで家族と買い物をしていた ・途中で、はぐれてしまった。 ・外にでた。 ・外で、自転車にの乗った男性に、道を聞くと、頭を叩かれ、腕をつかまれそう  になった。  ・怖くなって逃げ出したら、自転車で、追われていた。 ということが、わかりました。 男性に追われていたということなので、僕は、遠巻きに様子をうかがっていました。 周りを見ると、それらしき自転車に乗った男性を発見。追いかけようとしたところ 全力で逃走して行ってしましました。 女の子は、近郊に住んでる子で、すぐに母親の携帯番号を教えてもらい、電話を しました。 10分ほどで、母親とお姉さんが現れました。 あまり状況が分かっていないようだったので、説明すると、絶句し、動揺していました。 母親はびっくりして、 『 すみませんでした!! これ、よかったら・・・』  なぜか僕らの手の中には、『なすび3本』がありました。 すぐに家族は帰って行きました。 ああ。何事も無くってよかった・・・。 これからの生活にトラウマなどの支障がなければいいけど・・・ (カラダは中年、中身は少年の)僕は、切に思います。 今、子供たちは、本当に可哀そうです。 世間では、『子供がおかしい』『子供が悪い』などといってますが、 僕に言わせれば、 そんな子供に育てた『親がおかしい』し『親が悪い』のです。 さらには、 『そんな環境が悪い』し、そんな環境を作った『社会が悪い』 そういう社会を作ってるのが、我々、『大人』なんです。 私たちがどうにかしなければ! 私たちがどうにかしなければ、子供たちが可哀そうです! 僕は昔、親戚のおうちに飾ってた、一枚の色紙を思い出します。 『 子が親になり、 子が親になり 』  
2007/08/09 18:26|未分類TB:0CM:0

久しぶりの・・・ 

久しぶりの・・・ 休みでした! 完全OFF!! 2ヶ月ぶり! 最近、ブログ更新が滞ってたのは、仕事詰め込みし過ぎてたから・・・ ネタが、何だかお店の話ばかりでつまんなかなーと。 やっぱ僕は、ボチボチやらないといけない性分で。 よーし、のんびりするぞーー! ・・・しかし、やっぱりCAFE DEL CANDYには 顔を出すし、買出しに行ったりして、 休みのようで休みでない・・・ ああ。これが自営業の運めなのか・・・。 しかし一晩明けて今朝は 念願の呼子の朝市に行ってきました! 今まで何度となく、行こうとして朝寝坊・挫折を 繰り返してきましたが、やっとのことで たどりつきました! といっても、朝市は6:30からなのに、着いたのは 10:00 今日はいい天気に恵まれ熱い日でしたー。 いわしみりんやら、イカやら、サザエやら、 アラカブの味噌汁やら何やらを堪能してきました!! 今日は午後から仕事だったので行けませんでしたが 僕が呼子で、一番のお気に入りスポットは・・・ 『 名護屋城址 』 知ってます?? 太閤秀吉が、朝鮮出兵の際に作らせた、西日本最大の城。 今は跡しかありませんが、ロマンをかきたてられます! 昔少年ジャンプの『花の慶次』にも、ちらっと出てましたし、 博物館なんかもあるから必見ですよー。
2007/08/08 15:45|未分類TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。