福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2007年ハーブ栽培開始! 



昨年の秋ぐらいから、いとしのハーブたちの調子がくずれ ほぼ全滅状態に・・・。 そのなかをかいくぐったタフなハーブたちが今年芽をふき始めました。 そして植え替えをやっと行い今年の準備が整いました。 今年は暖冬のせいもあって、うまく成長してくれそうです。 早いものはすでに、CAFE DEL CANDYの食卓にあがっています。 今後もいろんなハーブたちがみなさんのお皿を飾ることに なります。 お楽しみに!!
スポンサーサイト
2007/01/23 14:58|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

日常 

戻ってしまった・・・。 完全に・・・。 朝起きて、デスクワーク。 早めに出勤(僕の場合出勤というのかな。24時間働いてる気がするけど・・・) 今日は天気がいい。ちょっとスペインっぽい。 お店に行く。ランチ営業。今日はどんな音楽をかけようかな・・・。 スペインで買ってきた現在のベストヒットコンピレーション。 最初の何曲かは超ノリノリ。 もちろんスペインのラジオではヘビーローテーション。 でも僕しか知らない・・・。 そしてデスクワーク。もう決算がせまっていてヤバイ。 新ワインリストも最終仕上げ段階・・・でも納得いかない・・・。 もうちょっとだ! なんて日々。 あああ 日常だーー。 でも今年はちょっと意気込みが違います・・ それは・・・               つづく
2007/01/19 13:39|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

ニッポン! 

なんだかんだで帰国して一週間が経ってしまいました! 帰国してからは休む間もなく、現実に引き込まれて そりゃもうバタバタの日々を過ごしています。 でもなんだか変なんです・・・。 気持ちが年末のまま・・・というか 区切りがついてるようで、ついてないというか・・・ 確かにリフレッシュはしたし(かなり!!)、今はスペインモード全開! だけど・・・ 年越しをしてないんです。 ソバは食べてないし、おせちやお雑煮、そして大好物の数の子を いまだに食べてない!!!! これは僕にとって大事なことなんです! ええっ!? スペインかぶれなのに??  そうそう、そうなんです! 実は、というか、正月だけはなぜか日本のほうがしっくりくるんです! (スペインの年越しは、前述のとおり、中華。 年越し春巻き!) おおみそかに、そば食べて・・・紅白チラ見して、格闘技見て・・・ 除夜の鐘・・・ お正月は・・・僕んちの場合、雑煮と数の子三昧!(数の子が大好物なんです!) しょーもないテレビを見ながらダラーー。 って日本人みたい!!  ってそんなとこは日本腎なんです。これが!! だっ、だれか!?  数の子恵んでください!? (アピり過ぎ!) そんな感じで、バリバリ年末気分のまま、クリスマス気分がいまだに抜けないままの僕でした!
2007/01/15 18:39|未分類TB:1CM:1

1月6日 

今朝マドリーを発ちました。朝はチューロス(ポーラス)で締めました。今回は内容が濃い過ぎる旅で、さすがの僕も、おなか一杯です。もちろんホントのお腹も! 今回で11回の渡航でしたが、すごく満足感を感じています。確かにまだ行き尽くしてはいませんが、一区切りついた感じです。 これからの僕の使命はあのザビエルのように地道に布教活動…いやいや僕が見てきた食べてきた感じてきた事を、Cafe del Candyを通じてみなさんに伝えられられたらと思います。 長くなりそうだったので、ここでは割愛します。総集編で書きたいです。 これにて『スペインからの便り2006~2007』おしまいとさせていただきます。スペインかぶれの僕ですが、これからもサルバドール・ノリ日記をよろしくおねがいします。ありがとうございました。
2007/01/07 19:10|スペインへの旅2006~2007TB:2CM:5

1月5日 

db4cc9e4.jpg ついにマドリーにたどり着いた。 みなさん昨夜のレストランの事が気になっていることと思います。 がしかし! とても短く語れるのは不可能でかつ,失礼にあたると感じるので、『総集編』でじっくり書きたいと思います。 でも少しだけ。 まず斬新な料理といっても、それは単なる創作料理ではありません! 伝統や地元を愛しリスペクト(尊敬の心)したものです。 そして斬新なビジュアルに驚き、口にした瞬間、さらに驚くのです。 本当に美味しいのです! くらくらします! 以前行った京都の料亭を彷彿させました。 感動の嵐です! とここまで。 余韻を残したまま、夜行に飛び込みます。ボロい車両の割に、個室の中は意外に快適、すぐ眠りにつき、マドリーまで熟睡しました。そして予約していた宿に到着、朝9時くらいでしたがチェックインでき一息いれました。 その後はなんの目的もなく街をぶらぶら、あっという間に時間は過ぎスペイン最後の夜を迎えます。 夕食にチョイスした店は、路地にある目立たない古くさいレストラン『ラ・チョサ』(多分知っている人は少ないでしょう)老夫婦で切り盛りしていました。 店内も地味で開業当時から何も変わってないであろう雰囲気。 出てきたのは、ひよこ豆のスープと焼いた仔羊。自家製プリン、アロス・コン・レチェ(米のミルク煮) しかし… …最高でした! このシンプルさ、素朴さ、味わい、これまた最高でした! 最新の料理も、伝統ある素朴な料理もどちらも最新でした! なにかを得た感じがしました…。
2007/01/06 08:54|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

1月4日 

0de609a0.jpg
09c3a90e.jpg
ビルバオ3日目かな。もう何日いるかわかんないくらいずっといる気がします。 今日は連チャンで、グッゲンハイムです。 でもなんだか体が重い…それもそのはず、毎日毎日めちゃくちゃ食べ、めちゃくちゃ歩きまくってるんですから。 でも出発。グッゲンハイムの美術館に行きました!(実は昨日はレストランに行っただけ) もうなんとも言えないような前衛的作品の数々にアート好きの僕でも圧倒された。さらに足腰が悲鳴をあげだした。ベンチで休憩しつつ鑑賞。グッゲンハイムは作品それぞれというよりも作品を含めた建物全体がひとつの作品で命が宿ってるかのようでした。そして昼食!昨日とは違うメニューを注文…やっぱりどれも、美しくかつ、おいしい!帰りチラッと聞いてみた 「シェフのホセアンはいるの?」 「いるわよ。どうぞ!」 キッチンへ案内される! 『やったー!!』 少し談笑し、今(1月6日まで)は休みの店が多いんだと。だが、ホセアンは、最近お気に入りのいいお店を紹介してくれたのだ!! うおーーー!!!! スペイン最先端を走るホセアンおすすめ…… うおーーーー! 早速、そのお店を探しだし、今夜の夕食、予約できるか聞いてみた…心よくOK! ブエノ!! 今夜の夜行列車でマドリーに戻るから最後の晩餐をこのレストランでとる事に。『Mina(ミーナ)』
2007/01/05 07:46|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:26

グッゲンハイムビルバオ 

44422935.jpg
fa68fbdb.jpg
f8334d85.jpg
ビルバオ…この街は素晴らしい街です。調和があります。人にやさしく、古いもの、伝統を大事にし、かつ先進的なものも受け入れる。その比がすごい。その代表的なものそれが、グッゲンハイム美術館です。その外観に圧倒します。中は…実はまだ入ってないのです。そこのレストランに行ったのです。そこは… スペイン屈指のミシュラン三ツ星レストラン、マルティン・ベラサテギに見いだされた、ホセアン・マルティネスが伝統的かつ斬新な表現の新スペイン料理を披露しています。これも目的のひとつでした。早めにいって予約しないと食べれません。そこで食べた料理は! … …すごいです!素晴らしい!やはりスペイン料理はスペイン料理です! 他の料理とは違います。姿形は斬新ですが、味はやさしく、かつ素材の味はしっかり引き出されていれる… ん? これは… 日本料理に…んん! 京都で食べた懐石に近いものがあるぞ… その料理に圧倒され、次の日の予約も入れてしまいました!!
2007/01/04 17:26|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:1

1月3日 

514a0f73.jpg
22b284fe.jpg
なんだかわかりますか?ビルバオのメインストリートの街路樹のイルミネーションです!! はっきりいってものすごいです! 今回の旅で一番度肝を抜かれたと言っても過言ではありません! ホント! 神戸○○○○○などの比ではありません!(ゴメンナサイ) 最初は駅前の広場だけかと思いました。ちょっと見てみると……なんと! 大通り見えなくなるまで延々と続いているではありませんか! そんなばかな… はい。僕たちもそう思いました…しかし!!! 僕たちはなにを思ったか、どこまで続いているか歩いてみました!(きっと日本人初…というか誰もしないだろっていう程の時間を歩いた…40分くらいか…) そのくらいの距離をそのイルミネーションは続いていたのです! ホント目がくらくらしました。 …そして次の日は午前中は足がくらくらで午後からもうひとつの目的、グッゲンハイム美術館に行きました。
2007/01/04 07:58|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

1月2日 

今日は僕も初めての街ビルバオへ到着しました。サンセバスチャンから車で40分ほどかな。何事もなく、バスクの自然を堪能しながらの旅でした。ココでレンタカーとはお別れ。約1000キロの旅、KIA PICANTO と、運転してくれたザックに感謝です。お疲れ様でした! さて僕たちは最終目的地ビルバオに着きました。ココはバスクです。サンセバスチャンもそうでしたがバスクはスペインの中でも異質です。独立運動が盛んなのもうなづけます。サンセバスクはバスクの貴婦人、ココ、ビルバオは男の街です。バスク魂を感じます。街も美しいです。さて目的を目指します。バル巡りです! やはりバスクといえばバル! あのピンチョス文化の発祥の地です。くいだおれといきます! 雑誌の切り抜きを頼りに4軒のバルをハシゴ。各10個のピンチョスを堪能。とどめは、自家製アンチョビでした! 大皿にずらっとならんだアンチョビ達。このアンチョビをたいらげるのに一体いくつのパンを食べたことか! 僕たちは確実に、スケールの大きな!?男になりつつあります… … …ぅ  …  …  。
2007/01/04 04:24|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

お正月 

58020685.jpg
3c4dec0b.jpg
開いているバルを発見! サンセバスチャン名物のピンチョスをつまむ。3軒のバルをハシゴして10個のピンチョスを喰らった! またまた満腹! 一度宿に戻りシエスタ。 やっぱりこれがいい!体力は回復するし気分もすっきり!18時からまた繰り出す。街を練り歩く。人出はすごい。でも開いている店はほとんど無い! 「一体なんのために…」 そう思ったし、いつも僕たちはそんな風に考えている。 「スペインに行きます」 「えっ? 何しに?」 … …なんもないです。ただ好きだから。とか、行かないといけないような気がしてとか… 多分スペインの人たちもそうなんじゃないかな。 どこも閉まってる街に何をしに行くのか…その答えなんかないのでは? というよりその質問、疑問自体がおかしいのでは… ただ家を出て、街を歩き、眺め、空気を感じ、知り合いの誰かに会い話しをする。理由などない。いやだからこそ深い深い意味がそこにあるような気がする。 買い物に…とか食べにとか短絡的ではない深い意味が口にする訳でもなく、ごくごく自然に当たり前に存在する。 それを見せつけられる。深い…。 そういえばマドリード空港でテロがあったとか。テレビでも放送されてますがサンセバスチャンは、何事も無かったかのように平和そのもの。家族連れ、赤ちゃんだらけです! なんて素晴らしいんでしょう! 街中を練り歩きモダンなレストランを発見! 今夜はココで決定! 寿司でした!というより中華、和食、エスニック系。 味は… イマイチ。天ぷらはそこそこ、でも寿司がいただけない。これじゃ僕が作ったほうが…、サンセバスチャンに寿司屋… いやいや! また暴走しそうになっちゃいました!
2007/01/02 16:33|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:1

お正月 

サンセバスチャンの場合。 だいたい10時過ぎくらいからパラパラと出かける。でも一体どこに…。男女ともドレスアップ。赤い色が縁起がよいらしく、何かしら身に付けています。でも午前中は若者が多い。外国人観光客はここで見分けがつきます。僕らもそう。街が一望できる、モンテ・ウルゲルという丘まで散歩。お昼過ぎは人出が増える。でも営業してる店は99%無し! 「みんな何をしてるんだろう」 なんとか開いているばる
2007/01/02 15:56|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

あけましておめでとうございます 

f0707e80.jpg
19a77c6f.jpg
新年あけましておめでとうございます! フェリス・アニョ・ヌエボ! 大晦日の昨夜はとんでもない夜でした。毎度ですがすごい人出で、その割りには空いてる店がほとんどなく、なんと中華料理店へ! しかしそこでもウェイティング30分! 待ちの状態で新年を迎えそうな勢い! 「そ、そんな~」 それでもなんとかテーブルにつくことができた。 しかしさらにもっと待たされる事に… そして、春巻きを食べていたその時! たいした騒ぎじゃなかった…軽く抱擁したり… よく見たら周りも外国人が多いようだ。スペイン式のブドウを鐘に合わせて…というのは無し。っていうか中華料理店だしね。 って訳で、年越し蕎麦ならぬ年越し春巻きでした。 続く。
2007/01/02 07:27|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

4日目 

18b0908e.jpg
a9804fb8.jpg
63b889fb.jpg
昨夜は、駐禁のストレス発散に買い物。街はクリスマスで大にぎわい‥!? もう終わった?   いいえ。スペインでは終わってません。1月5日・三賢者の日(イエスの生誕を耳にした東方の三賢者がお祝いを持ってやってくる)までがクリスマスが続くのです。さらに新年の祝いもあってすごい人出。子供たちも大喜び! 今朝は日曜日、静かな朝です。今からサンセバスチャンに向かいます。12時出発。一時間程で到着。すごい人出だ。家族連れが多い。赤ちゃんがいっぱいだ。東方の勘違い大国とは違い人口は増えているらしい。 予約していたホテルに到着。中心部で便利のよい場所だ。町並みがかわいく大きさもちょうどよい。散策して昼食は魚介類を食べた。
2007/01/01 07:09|スペインへの旅2006~2007TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。