福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

新たな一歩・・・ 





今夜は、 第一回目?の、シェリーの勉強会が行われました。 福岡に3人しかいないと言われているなかの一人でシェリーの専門家でベネンシアの達人『ベネンシアドール・エノテカの長くん』が中心になって、福岡のシェリーに興味がある方が講習と実技の練習を行いました。 カネダイ酒屋の井上君、フードコーディネーターの内囿さん、城南区別府のRATAFIA、ソムリエール・吉村さん、自称ガス屋のシェリー愛好家、そしてCAFE DEL CANDYからも一人、スペインワインアドバイザーを目指す山口さんが参加、 みなさんベネンシアドールを目指します。 まずは1時間ほどのシェリー講習、その後お店の前に出て実技の練習! バケツにお水で練習です! みんなジャバジャバやってます。 すると・・・ 飲み会帰り? のおじさん軍団が現れ、20人ほどの人だかりが・・・ 盛り上がってます! お酒の力が入り勢いづいた人たちが大騒ぎ!! うんうん、これでこそスペイン! これでこそCAFE DEL CANDY!! というわけで、また新たな試みがスタートしました。            『シェリーを福岡に広める!』 もちろん5月3日の CAFE DEL CANDYスペイン祭りでも約20種類のシェリーを揃え ベネンシアドール・長くんを迎え、みなさんにも味わっていただきますので さあ、まずは 電話を、メールを!!
スポンサーサイト
2006/04/26 12:48|CAFE DEL CANDYTB:0CM:3

始めちゃいました・・・ 

昨日、糸島農協アグリ(すごいネーミング) にて 何故だか!?  すいかの苗2株を 買っちゃいました。 でこれを ベランダ栽培しようというわけ! 帰ってインターネットで栽培方法を調べて見ると・・・ いるんですねー、やってる人が。 ふみふむ・・ よしよし・・ じゃ、やってみよう! ということで、 新スレ  『すいか栽培日記!?』始めてみたりします! (ふざけてるようですが、こう見えても燃えて(萌えて)いるんですから!
20050522(001)
2006/04/24 13:35|すいか栽培日記!?TB:0CM:2

スペイン祭り in 博多どんたく・・・詳細!! 

スペイン祭り・・・?? いったい何をするの?? って、思ったあなた! お知らせは ココ!! でも、もっとわかりやすく!   って、思ったあなた!! の為に、説明します。 はい、まず『スペイン祭り』ですが、今回で実は3回目になります。 CAFE DEL CANDY2周年、3周年、のイベントとして行いました。 しかしなぜこの時期なのか?? ・・・ それは、スペインではこの時期ゴールデンウィーク前後にかけてお祭りが目白押し だからであります!! スペイン全土・・・セマナ・サンタ(聖週間) セビーリャ・・・春祭り(フェリア) ロシオ・・・ ロシオの巡礼 ヘレス・・・ 馬祭り コルドバ・・・ パティオ祭り ざっと簡単に言ってもこれだけあります! スペイン人に知らない人はいません! それをひっくるめたのがCAFE DEL CANDY 『スペイン祭り』なのであります!! ・・・で、なにがあるの??  はい、あせらずに! 1.スペインの『のみの市』 を模した、 フリーマーケット! 2.春祭りをイメージした 『みんなで踊ろうセビジャーナス!』 3.20種類以上のシェリーがフリードリンク!! ソフトドリンクもね! 4.九州に3人だけ! ベネンシアドールによる シェリー実演!! 5.CAFE DEL CANDYスペインツアー 『セビーリャへ行こう!!』 6.福永シェフのスペイン料理教室・特別編 7.カフェキャンが《バル》と化す! タパス&ピンチョス!!!! 8.巨大プロジェクターによるスペインの魅力を堪能!!!!    (スペインサッカー・スペインの町並み・スペイン映画)  と、子供から大人まで、みんな楽しめる! スペインを満喫しよう!! という企画です!! もうあなたの情熱の血が騒ぎ出してるんじゃありませんかーー!? 前売りチケット販売中です!! さあ、早く 電話、メール、コメントを!!
2006/04/18 13:24|CAFE DEL CANDYTB:0CM:5

CAFE DEL CANDY、東京のピンチョスの伝道者とつながる! 


20060001 4月11日は僕にとってすごい一日でした。 お昼はあの、『外尾悦郎氏』と知り合えることができ、 夜は、 日本でのピンチョスの伝道者 『ジョセップ・バラオナ』氏と 知り合えることが出来ました。 ジョセップ氏は、 1966年、スペイン・バルセロナ生まれ。母親がコックだったこともあり、小さい頃から料理親しむ。91年来日。スペイン料理店『エル・パティ』シェフに迎えられる。その後、スペイン大使館観光局の仕事でアジア各国でスペイン料理を紹介するなど、幅広く活躍。2001年2月、『ピンチョス・ベポ』としてリニューアル。その後、小笠原伯爵邸総料理長就任、現在は「レ・ストゥディ(“好きなことをする場所”の意味)」というお店を持ち、新たな活動を開始しています。 ピンチョスとは もともとスペイン語で「刺す」とか、「楊枝」を意味し、本来は串刺しの料理を指します。60年ほど前からバスク地方で多彩な素材を使うバージョンが生まれ、バル(スペインの居酒屋)のメニューとして人気を集めるようになりました。バルのおつまみならタパス(小皿料理)が有名だけど、同じ食材や料理でも、串に刺したり、パンにのせることでピンチョスと呼びます。フォークいらずで手軽に食べられる気軽につまめるスタイル。 日本人になじみの深い焼き鳥や、串のおでん、串揚げだって、ピンチョスといえます。 3年前には、東京・吉祥寺 『ドス・ガトス』に行きました。 ここのオーナーシェフ高森敏明さんは僕のスペイン料理の師匠(習った訳ではないが勝手にそう思ってます。伝統的スペイン料理の伝道者)で、ジョセップさんは現在の爆発的なスペイン料理ブーム火付け役(東京・大阪ではものすごい。福岡では・・・僕が! がんばります!!)この二人とお会いできたので、これで2大スペイン料理の大先輩と知り合えたことは僕にとって勉強になりました。(まだまだ大先輩はたくさんいますが) CAFE DEL CANDYでもピンチョスは以前から出してますよ。 でも今年は特にイベントや、ウエディングプラン・二次会プランでピンチョスに力を入れてやっています。 ピンチョスには「こうしなきゃいけない」という決まりはありません。おいしくて、何より遊び心がある。 これまさにスペインであり、CAFE DEL CANDYであります!

この記事の続きを読む…
2006/04/13 23:46|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

CAFE DEL CANDY、東京のピンチョスの伝道者とつながる! 


20060001 4月11日は僕にとってすごい一日でした。 お昼はあの、『外尾悦郎氏』と知り合えることができ、 夜は、 日本でのピンチョスの伝道者 『ジョセップ・バラオナ』氏と 知り合えることが出来ました。 ジョセップ氏は、 1966年、スペイン・バルセロナ生まれ。母親がコックだったこともあり、小さい頃から料理親しむ。91年来日。スペイン料理店『エル・パティ』シェフに迎えられる。その後、スペイン大使館観光局の仕事でアジア各国でスペイン料理を紹介するなど、幅広く活躍。2001年2月、『ピンチョス・ベポ』としてリニューアル。その後、小笠原伯爵邸総料理長就任、現在は「レ・ストゥディ(“好きなことをする場所”の意味)」というお店を持ち、新たな活動を開始しています。 ピンチョスとは もともとスペイン語で「刺す」とか、「楊枝」を意味し、本来は串刺しの料理を指します。60年ほど前からバスク地方で多彩な素材を使うバージョンが生まれ、バル(スペインの居酒屋)のメニューとして人気を集めるようになりました。バルのおつまみならタパス(小皿料理)が有名だけど、同じ食材や料理でも、串に刺したり、パンにのせることでピンチョスと呼びます。フォークいらずで手軽に食べられる気軽につまめるスタイル。 日本人になじみの深い焼き鳥や、串のおでん、串揚げだって、ピンチョスといえます。 3年前には、東京・吉祥寺 『ドス・ガトス』に行きました。 ここのオーナーシェフ高森敏明さんは僕のスペイン料理の師匠(習った訳ではないが勝手にそう思ってます。伝統的スペイン料理の伝道者)で、ジョセップさんは現在の爆発的なスペイン料理ブーム火付け役(東京・大阪ではものすごい。福岡では・・・僕が! がんばります!!)この二人とお会いできたので、これで2大スペイン料理の大先輩と知り合えたことは僕にとって勉強になりました。(まだまだ大先輩はたくさんいますが) CAFE DEL CANDYでもピンチョスは以前から出してますよ。 でも今年は特にイベントや、ウエディングプラン・二次会プランでピンチョスに力を入れてやっています。 ピンチョスには「こうしなきゃいけない」という決まりはありません。おいしくて、何より遊び心がある。 これまさにスペインであり、CAFE DEL CANDYであります!
2006/04/13 23:46|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

カタルーニャの魂伝わる・・・ 



今日、ランチに、外尾悦郎氏(ガウディのサグラダ・ファミリアの彫刻家)が来店しました。 今、帰国中らしく、多忙の中、立ち寄っていただき、 話をさせていただきました。 体中からオーラがでてるのにも関わらず気さくな方でした。 当店のワインアドバイザーも大喜びで、舞い上がってました 今夜は、グランドハイアット福岡にて、前小笠原伯爵低(東京:スペイン料理の一流店)総料理長のジョセップさん(カタルーニャ人)のセミナーもあり、参加してきます。 今日一日でカタルーニャのビックネーム二人に会えるなんて偶然ではない! と感じる僕でした。 では、行ってまいります
2006/04/11 17:08|CAFE DEL CANDYTB:0CM:0

実は アキバ系!? 

って程ではないですが、実はCAFE DEL CANDYは、IT化を進めています。 お店には2台のPCが 無線LANでネットワークがあり、自宅兼事務所にも 無線LANを張っています。 印刷物はほとんど、お店、もちろんデザインも独自( ソル・デザイン )でやってるんですよ。 って独学(インターネットや本で情報収集)で勉強しながら IT化をすすめています。 このカテゴリーでは、ちびちびやってるIT化を報告&妄想(イメージ)したいと思います。 お楽しみを!  ( って、あまりメジャーな内容ではないかも)
2006/04/10 18:46|ITレストラン計画TB:0CM:0

ブログを使いこなしたい! 

やっと『スペインツアー2006』ネタが終わり、いろいろ考えてました。 もっとブログが活用できないかなーー。 で、まずは第一歩。 千里の道も一歩からとうじゃありませんか。 とりあえず 『カテゴリー』なるものをいぢってみました。 前にもちょっとやってたけど、全然意味がわかってませんでした。 今までの分はどうやってよいかわからないので・・・ とりあえず 今日から! (過去の分もカテゴリー分けしたいので知ってる方がいたらコメントよろしくです)
2006/04/10 18:25|ITレストラン計画TB:0CM:2

旅の報告・・・総集編 

長かった僕の『旅の報告』 やっと最終回です。(これだけ話すとすごい時間が必要ですね。) でも、一緒に行くともっといろんなことが・・・ で、最後の報告は、 スペインの旅・豆知識編を書き上げます。 まず、スペインの気候から・・・ ほとんど日本と変わりません。ただ年間を通して乾燥してるので寒さや暑さを感じにくいですね。夏は死ぬほど熱い。 (しかしなぜか、お肌の調子はよくなるようです) 物価は・・・高いです。10年前は安かったのですが、ユーロも高いし、それに便乗してすべての物価が上がりまくってます。 安いのはワインだけですね。(さびしい限り・・・) 闘牛は・・・いつでも見れません! 3月から10月がシーズンです。 僕に言わせると 闘牛こそがスペインそのものです。(説明は長くなるので、別の機会に) 「きゃー、牛を殺すなんて残酷!」  なんていう人は、スペインに行くことはおろか、焼肉たべちゃいけません。丸腸たべちゃいけません。 フラメンコ・・・ 僕が見た限りでは・・・バルセロナは OK! でも本場アンダルシアにいくべし!  しかし ショーもいいが、地元の人がいくような、フラメンコディスコや、路地で歌うオヤジを観るべし、それこそ本物のフラメンコ。   サッカー・・・ サッカー嫌いな人でも! スペインの魅力を語るにはサッカー抜きには語れません! 特にバルセロナ!(これも長くなるので別の機会に!) あと、バルセロナでの豆知識!! ショッピング・・・ 何度も言いますが、スペイン中、日曜日はほとんどのお店 (飲食を除く)がお休みします(カトリックでは日曜日は安息日だから) おみやげ・・・いまやバルセロナはお土産屋さんだらけ! しかも どこも似たり寄ったり・・・そこで 僕のおすすめ2軒紹介!! ここで すべてがまかなえる! ① カタルーニャ広場地下にあるインフォメーションのお土産やさん。といっても規模は小さくはない。品揃えがいい! なにより 日曜日でも開いてる! ② カテドラル裏のカタルーニャ市庁舎近くのお土産やさん。んんーアバウト。 いろんなガイドブックにも載ってる『パピルム』という古ーい文房具屋(これまた超オススメ!!)の斜め前、角のお店。名前は忘れた・・・ここはなぜかっていうと、厳選されたおしゃれな品揃え、そしてなにより他のお店より安い! ってこと。 はっきり言ってバルセロナはお土産やだらけ。どこも似たり寄ったりだけど実は! 値段がお店によって違う!! (ばっちりリサーチしたのだ!) ここのお店が 一番安い! この2軒で十分です。 っていうかこの2軒で決めちゃいましょう。 どこ行っても一緒です。 旅行は限られた時間しかありません。 お土産買うのにお店をまわるなんて時間の無駄と言うものです。  (実は今回、僕はこれでふりまわされたのです・・・) 他にもたっぷり見所はあるんです。 素敵な雑貨屋、素敵な洋服屋・・・ あ、洋服でもう一軒だけ・・・  今、スペインでも日本でも人気なのが『ZARA』 (これ、スペインのブランドって知ってましたか??日本ではザラと呼ばれてますが本国では正式には、サラ) ではない、僕のおすすめブランド、 それは 『 (Sfera) 』 スフェラ まだ日本ではお目にかかれないと思います。スペイン大手デパート、エル・コルテ・イングレスの子会社で、現在はスペイン国内で役40店舗あるチェーン。 ここも『ZARA』同様、お手ごろでなかなかおしゃれ(ヨーロッパ的)なデザインで僕もよく買い物します。バルセロナでは、カタルーニャ広場に大きなビルがあるのでわかりやすいです。 (日本でも同じ名前の会社やお店はありますが無関係です。かなり調べ上げました) おすすめレストランは~・・・これはなんとも言えませんね~多すぎますからね~ 僕はまだ行ったことはないのですが、  『 7portas 』 『ボタフメイロ』 なんかは伝統的で有名ですね。 行ったことあるところでは、 『4gats』 今回行った 『メソン・5ホタス』 『マレ・マグナムの海鮮レストラン・エル チピロン デ モンチョス』  あとバルセロナ中にある、タパスバー、 バスク風のピンチョスバーなんかはどれもはずれがないです。 でも本当に美味しいものは、昔から在る、チューロスのお店とか、汚ーい薄暗い 地元の人しかいかないようなバルだったりするから、その辺りは、データがなかったりしますねー。 あ、でも、マラガの 『ミゲル・レルトラン』は お墨付きです!  もし、マラガに行かれる方いたらご一報を。 僕の大親友 フェルナンドも マラガ人ですから。 話はそれてしまいましたが、こんな風にスペインの魅力はとてもとてもこれだけでは語れないことがまだまだ山のようにあるのです。 このブログでもこれからもどんどん紹介していきますが、なにか機会があれば、 この僕の頭の中にある膨大な情報をおもしろおかしくまとめ上げられたらいいなあと思っています。 それでは、長い間、ご愛読ありがとうございました。 これにて 『スペインツアー2006 バレンシアからバルセロナ』は  一応、一区切りということで。 ・・・ ・・・ だからといって『サルバドール・ノリ日記』が終わるわけじゃないですから! これからもよろしくおねがいしますです! もしスペインに行かれる方でもっと詳しく知りたい方はいつでもご連絡を!
2006/04/07 13:47|スペイン便り2006TB:0CM:1

旅の報告・・・スペインツアー2006最終日 

バルセロナのアツイ夜が明け、朝8時に一行は、バルセロナ・プラット国際空港に着きました。予定通り、空港では日本人の案内人が待っていて、免税手続きやチェックインを手伝ってくれました。 この辺もCAFE DEL CANDYツアーのありがたいところです。 通常なら、達者でないスペイン語であーでもないこーでもないと言って時間がかかってしょうがないですから。 よし、あとは免税店で最後のお買い物だ! と思った矢先、飛行機が1便早くなることに・・・ 「えっ!?  それじゃロクに買い物できないよー!」とごねても ムリでした。なんだかよくわからないうちに、ばたばたと飛行機に乗り込み、気が付けば空の上・・・。 乗り継ぎの空港はパリ・シャルルドゴール、僕の苦手な、おフランスで、ございます。とここでは、なにやら出国手続きにやたらと時間がかかってしまう・・・ こんなことじゃバルセロナの空港で買い物できたよ・・・ といってもあとのまつり、はいはい、あれよあれよという間に、はい雲の上・・・。 まあ、帰りはいつもこうなんですけどね。 えっ?? 飛行機に乗る時間は何時間かって?? そんなことは僕は考えないようにしています。なぜなら・・・ バルセロナの空港に 朝8:00  出発時間が 9:30 パリに着くのが 11:30  パリを出るのが 13:30 日本(関西空港)に着くのが、 翌日朝9:30(時差がありますよ。単純計算はできませんよ) 関西出発が 16:30 そして 福岡到着が 18:00 はい、 合計何十時間かかったでしょうか?? ・・・ ・・・  そんなことは 計算したことありませんし、計算したくもありません! それを知ってどーするってんですか?? そりゃ、びっくりするでしょうよ。 げんなりするでしょうよ。 そんなこと気にしてちゃスペインどころか、日本でも交通の不便なとこにはいけまえんもんね。 (あ、でも身体の悪い人は別ですよ。気圧の問題とかあるんで、 僕みたいな(天本英世さんみたいな) スペインに骨埋めてくれなんて思ってる人はごくごく少ないからですね。 でもその辺はCAFE DEL CANDYツアーでは、ちゃーんと 代理店ツアークリエイション・オアシス>さんがしっかりしてますからご心配なく!)
2006/04/02 21:48|未分類TB:0CM:1

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。