福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

旅の報告・・・トルトサその2 

164be002.jpgトルトサ・・・んんーまたマニアックな街に来たもんだ。 とわれながらに思うノリです。 今回のツアーはスペイン初めてのメンバーが多かったにも関わらず、 僕の独断と偏見で、このトルトサを訪問地のひとつに選びました。 来てみて、散歩して思ったのは、 「外国人(スペイン人以外)の住民が多い」 ということです。 南部アンダルシアの港町風というか、モロッコ風というか、ちょっと怪しい! 雰囲気なのでした。 内心ちょっとビビりながらも実はみんなにはだまっていました。(ゴメンナサイ) トルトサ二日目の朝早くに散歩しました。AM 7:00前後かな・・・ 辺りは真っ暗でしたが(スペインは夜明けが遅いのです)、スペイン特有のオレンジ色の街灯が街を美しく照らしていました。 早朝の市場のBARで朝食(Desajuno)をつまみ、パラドールのある丘へと登っていきました。その途中にもなんだか怪しいストリートがありましたが、おかまいなくどんどん登っていきました。あとでパラドールのスタッフに聞いたところによると、その通りは危険だから(やはりガラの悪い人たちのすみかが多い)通ってはいけないと 言われました。 ところが・・・ うちのメンバーときたらその辺りをワイワイ散歩して、 ちょっとガラの悪そーなちびっ子たちを写真に激写!!   なんともタフな人たちです・・・ 一日中、みんなそれぞれ自由行動で、小さな街トルトサを練り歩きました。 やぱりスペインにしても日本にしても田舎っていいですね。 その夜、お腹が空いて、ちょろちょろ散歩してたまたま入ったレストランには メンバーがたまたまいて、ビックリ!! なんとも! 日本人の考えることときたら・・・ つづく・・・  
スポンサーサイト
2006/02/26 00:01|未分類TB:0CM:4

旅の報告・・・トルトサ1泊目 

9460c86a.jpgえー前回はコメントありませんでしたね、残念・・・ ちょっと面白くなくなってきましたかな・・・ と、めげてる場合じゃない! やってきました。 『パラドール・デ・トルトサ』 今回の旅の大きな目的地でもあります。 もちろん僕も、トルトサは初めて訪れました。 えっ? パラドールって何って? パラドールとはスペインが独自に開発した国営ホテルでスペイン各地に現在90ケ所あります。 古城や旧領主の館、豪族の邸宅、修道院など歴史的建造物を改修したもの、または文化財級ではないが歴史や交通の場所や景勝地などの宿、それに 民間施設が許可されない国立公園、自然公園や山岳地帯にあるリゾート感覚の施設の3種類に大きく文分類されます。 とまあ、国中のあちこちのお城や屋敷を国民宿舎に改装したようなものです。 といっても重厚で豪華、歴史を感じさせるたまらなく素敵なホテルです。 上記にもあるとおり、「リゾート感覚の施設」のパラドールもあり、実は こちらは全くおすすめではありません!(すみません、スペイン…) というか行ってはいけません! 損します!(ああ、言っちゃった…) しかし全国90箇所あるパラドール、どこをどう選んでよいかが難しい! でも安心!CAFE DEL CANDYツアーなら、わたくしノリが調べ上げてますから! しかもこのプランでこの価格!  やすーい!(自画自賛) あー、参加できなかった方々、残念でしたねー。(おおっと、ちょっと 突っ走り過ぎましたね。) で、ここのパラドールは、944年に「スーダ城」として建築されたもので エブロ川を見下ろす小高い丘の上にあります。小さな町を見下ろすお城に泊まれるなんて、こりゃもうたまらんですわい(暴走中!) ちょっと離れてみると、あのアルハンブラ宮殿にも見えなくもない外観、内部はキリスト教美術の豪華な装飾で飾られています。 部屋ももちろん重厚なインテリアですべての部屋にバルコニーがあり、ホテルライフも満喫できそうな感じです。 では、ちょっと城下町に散歩に行ってきます。 つづく・・・。
2006/02/22 23:27|未分類TB:0CM:3

旅の報告・・・ペニスコラ その2 トルトサ 

be44d792.jpgすっかり気に入ってしまった ペニスコラ 次の日の午前も、ミゲルにお願いして行っちゃいました。 (こういう予定変更ができるのが、CAFE DEL CANDYツアーの魅力) 天気は快晴・スペイン晴れ! 気分もアガッてきます さて今日はたっぷりフリータイムをとり、各自ペニスコラを散策です。 映画の一場面のような町並みにみんなカメラ小僧に変身。 バラバラに行動してるのに、あちらで誰かと、こちらで誰かと、顔を合わせます。 青い空と地中海、とってもロマンチックです。 僕は、小高い丘の上に立っているお城を一回りして、ビーチ沿いまで一気に下り、 かなりちょろちょろしました。   なぜって、お昼食べる場所を探してたんです。 (この時期はシーズンオフでほとんどのお店が閉まってるのだ!) なんとかみんな集まり、なんとか見つけた食堂で、みんなで昼食です。 小さな食堂だったので、8人いるメンバーは4人づつに分かれて座り各テーブルごとに注文しました。 ・エスクデーリャと呼ばれるカタルーニャのスープ(具は豆類とチョリソと・・ごち ゃ混ぜ素朴なお汁) ・魚介類のフリット ・いわしの鉄板焼き お店に入る前は、味が心配だったのですが・・・ ウマイ!! 特に、エスクデーリャという初めてのものが(スペインには現地に行かないと食べれない料理がたくさんあるのです!)サイコーにうまかった!! さてさて、またまた満腹になった僕ら一行が目指すは、今回の旅の大きな目的地でも ある 『トルトサのパラドール』 に向かいました。 つづく・・・。
2006/02/21 21:36|未分類TB:0CM:1

旅の報告・・・ペニスコラ・ベニカルロ編 

3a113944.jpg元祖パエーリャを食して満腹リンになった僕ら一行は、今夜の宿泊地ベニカルロへ向かいました。 とここで暴露話。 実は、本当の目的地はベニカルロではなく、『ペニスコラ』なのです。が! 今回の旅は団体旅行で代理店の契約の都合上ペニスコラにほど近いベニカルロに決まったのでした。でも無理言ってベニカルロのホテルも予約していただきました。 オアシスさんありがとうございます! しかしそれもそのはず。 ペニスコラはスペイン屈指のリゾート地で2月はオフシーズン、ほとんどのホテルやお店、レストランは休業中だったのです。(といっても行ってから気づいたのですが) ということでまずはホテルのあるベニカルロに向かった訳であります。 エル・パルマールから車で約2時間半、右手に地中海がちらほら見え隠れして、 地中海というものをはじめて見るメンバーは大喜び! 僕も地中海は大好きです。(なんか響きもいいですよねー) さて2泊目ベニカルロのホテルは『マリントン』というビーチに程近い小ぢんまりとしてるが小奇麗なホテル。 荷物を置いてめざすは、もちろん『ペニスコラ』 やや空も赤みがかって来たけど、昨日までの天気とは逆によく晴れていて夕焼けがきれい。 バスで約15分の場所に 『ペニスコラ』はありました。 ・・・ んんーっ!   いいっ!! ライトアップされたその中世の街は、今にもエル・シドが出てきそうだ。 半島のことをラテン語でペニンシュラというらしく(以前にも紹介)そこから 『ペニスコラ』となんとも興味深い名前の街だが、その半島の根っこ辺りから美しいビーチが広がっていて夏はすごい人出だそうだ。ホテルやレストランが軒を連ねてるが今はシーズンオフで人も少ないが逆にまたそれもよしだ。 2時間ほどフリータイムを設け、各自、迷路のような路地に消えていきました。 予定どおり、集合場所にみんな集まり(21:30だったかな)バスで一路ホテルへ 、あっさり書いたのは、実は明日の朝もここペニスコラにまたやってくるからなのです。 ホテル近くのスーパー『MERCADONNA』で買い物をして部屋に戻りました。 夕食はみんなそれぞれバルに行ったり、疲れてそのまま寝ちゃったり、お部屋で スーパーで買った食材で済ませてみたり・・・。 つづく・・。
2006/02/19 20:39|未分類TB:0CM:1

旅の報告・・・バレンシア編2 

ac5d285b.jpgさて旅の続きです。陶器の町マニセスを出発した一行は一路南へ30分、大きな湖が見えます。アルブフェーラ湖。バレンシア近郊では一番大きな湖。この辺りは湿地帯となっていて、水田も多く見られる。まるで佐賀平野か筑後平野のような風景がひろがっている。 そして到着したのはちいさな村エル・パルマール。日本のガイドブックには載っていないほどの小さな村。しかしスペインではパエーリャ発祥の地として有名な村。 事前にネットでチェックしてたお店の・・・あ。 な、ない・・・ チェックしてたメモが・・・ない。 仕方なくドライバーのミゲルに相談、『俺にまかせとけ(ミゲル)』 ・・・とはいうもののマニセスの件(なんにも無い所で下車)もあり、実はちょっと不安だった(みんなにはだまってた。ごめん) 食事をしたのは、『L'andana』(ランダーナ)というレストランでした。 食べたのは、 ・パン・コン・トマテ ・信じられないくらい大盛りのサラダ ・うなぎの煮込み ・巨大バレンシア風パエーリャ ・デザート(僕は自家製プリン・・・とんでもない多量のホイップクリーム添え) 気になるお味は・・・ ・・・ ・・・ 最高っす!!   ムイ・ビエン!! やっぱり本場は、ウマイ!! すべてが最高で、ムイ・エスパーニャ!! ここは米どころなだけでなく、うなぎも名産! バレンシア風パエーリャには、うさぎ肉も! そして極めつけは、気泡だらけのプリン!! これぞエスパーニャ!! 僕はこの『ざらざらプリン』が大好き! だって、気泡の穴の中にカラメルソースが染み込んで濃厚だから! なめらかプリンなんて、お上品すぎて、僕は大っきらいだー! (はっ! 言ってしまった!  ・・・ま、いいか。) 満腹になった僕らは、バスに乗り込み、今夜の宿泊地ベニカルロへ・・・ つづく。
2006/02/18 23:31|未分類TB:0CM:2

旅の報告・・・その2 

6a8a809a.jpg旅は二日目に入り本格的にスペインツアーらしくなってきました。 バレンシアに泊まり、明朝まず向かったのは、街の中心部にある カテドラル(大聖堂)です。 これは僕がスペインを旅する上でいつもとっている行動のひとつです。 まずは、お参りから、というわけです。 と思ったら・・・ リサーチしておいたカテドラルは、入場無料かと思ったら、有料。しかもご丁寧に 日本語の案内メディアプレイヤーのようなものがセットになっている! ちょっとお参りのつもりが・・・ かなり時間をとってしまいました それで町の散策時間が大幅に削られてしまい、駆け足で目指していた中央市場へ。 バレンシアの中央市場はスペインでも最大級といわれるだけあって巨大なものでした。少しだけ自由行動にして市場内のBARでタパスをつまむ。 んんーー! やっぱり スペインは BAR(バル)が楽しい!! スペイン最大の魅力はバルといっても過言ではない! そして次は陶器の町マニセスへ・・・ ところが・・・ 今回の旅のチャーターバスの運転手ミゲルは、なんだかなーんにもないところに 僕たちを案内・・・歩くこと30分・・・ なーんにもないじゃないか と一行バスに乗り込み出発!!  ・・・ ・・・ あーーっ!  あった、あった!  陶器屋さんが並んでる!! 無理やりここで降ろしてもらい15分・・・ 急いでお店をひやかし、お店用の土鍋(カスエラ)を購入、 ふう、とりあえず ミッション完了 そして一行は、パエリア発祥の地、アルブフェーラ湖、エル・パルマール村へ つづく 
2006/02/17 19:30|未分類TB:0CM:1

旅の報告・・・その1 

775700f7.jpg早いものでスペインツアーが終わってもう1週間が過ぎました。 余韻に浸る間もなく、たまってた仕事を・・・。 少しだけ落ち着きましたところで予告していた 『旅の報告』を。 さる1月30日、僕らは 関西経由、パリ経由 エールフランスで、 バレンシア空港に降り立ちました。 時差もあってか、到着したのは同日22:00、天候は雨 でした。 早速 街に繰り出そう としてたら、宿泊したホテル『ウサ・セラーノ』は 繁華街と離れたエリア。フロントで尋ねて近くの『バル』へ・・・。 道行くは、白壁とわき道・・・ではなく、近代的(といっても70年代風団地)な 町並みで僕はがっかり。しかしメンバーは、とても喜んでいたのでよし! かわいらしい地元客しか来なさそうなバルで まずは、Cavaで乾杯!! しかーし! 味はイマイチ。 ハモン・イベリコはそこそこでしたが、夜遅いせいも あってか、うーんって感じでした。 それでもやっぱり・・・ スペインだなあ・・・ な初日でした。
2006/02/15 22:53|未分類TB:0CM:3

スペイン便り~あとがき 

『ただいまーー!』 みなさん、CAFE DEL CANDYスペインツアー全員無事で大きな問題もなく 帰って着ましたー! スペインからケータイ写メールにて毎回お送りしていたこの『スペイン便り』 も前回でおわりました。 今自宅にてブログチェックしていました。 まずは、いろんなコメントに対して・・・ ペニスコラ・・・ペニスが悪さして・・・そうなんです僕のペニ・・・!!?? !!!!  違います !!!! 悪さはしてません! 僕の ペ・・ いやいや そうじゃありません!! ペニスコラの語源は 「ペニンシュラ」 からきてます。 ペニンシュラとは、半島の意味です。某ホテルの名前にもなってますね。 でも調べてみると・・・語源はペニスと同じとの説も(半島という意味では確かに!) トルトサは、エブロ川のデルタ地帯として肥沃な土地に恵まれてオリーブ、オレンジを始めとしてとうもろこし、桃、野菜などの農園が多く、町の周囲には稲作の水田地帯が広がり一瞬日本の田舎かと思ってしまうような風景のある街です。 ローマ時代から栄えているこの町は、714年にアラブの手に落ち、944年にこのパラドールとなるスダ城が建造されました。パラドールの名称となっている「ラ・スーダ」とはアラブ王アブデラーマンⅡ世によって掘られた井戸の名前です。尚この井戸は現存しています。荒廃して放置されていた古城は1976年パラドールとして見事に蘇ったのです。そのパラドールに僕達は宿泊したというわけです。 詳しくは、これから旅の報告というカタチでブログにUPしようと考えていますので お楽しみに!! というわけで、明日からCAFE DEL CANDYは通常営業開始!! みなさまご迷惑をおかけいたしましたが これからもよろしくおねがいします!!  
2006/02/08 15:39|未分類TB:0CM:2

スペイン便り~最終回 

0b0e289e.jpg 今朝バルセロナに別れをつげ、一路パリへ。 長いようで短いような旅ももうすぐ終わりを告げようとしています。がなぜだか、パリはすごい人が出国審査待ち。 果たして飛行機には、間に合うのか! ‥といっても心配ありません。時間が近づくと優先して通してくれるらしいです‥。
2006/02/06 20:21|スペイン便り2006TB:0CM:2

スペイン便り~バルセロナ 

e70c5082.jpg 楽しみにしていたスペインサッカーバルセロナは、ロナウジーニョ欠場の影響もあってか負けてしまいました。 しかし7泊9日のCafe del Candyスペインツアーは今夜で終わろうとしています。明朝バルセロナを出発します。メンバーはみな無事で大きな問題もなく過ごせそうです。それではおやすみなさい。
2006/02/06 09:19|スペイン便り2006TB:0CM:0

スペイン便り~トルトサ 

b5072c67.jpg 今日の宿泊地は昨日に引き続きパラドール・トルトサです。今日の予定は、ズバリ無し!たまにはこういうのもアリ!でしょう。各自小さな町トルトサを満喫したようです。夜ぶらぶら食事どころを探してると入った店でメンバーと合流!トルトサの夜を締めくくりました。
2006/02/03 09:28|スペイン便り2006TB:0CM:3

元祖パエーリャを食して。 

959fd02a.jpg 今日は2日目、まずはバレンシアのカテドラルで旅の安全をお祈りし市場を散策、マニセスにて陶器を買い付け、エルパルマール村へ。元祖パエーリャやすさまじい量の昼食を頂き、みなさんご満悦☆この旅の企画をしたかいがあった今日でした。今から今夜の宿泊地ベニカルロへ向かいます。
2006/02/01 01:08|スペイン便り2006TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。