福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

CAFE DEL CANDYコミュニティ 

CAFE DEL CANDY若手コック・クマこと熊谷君がついに、『ミクシィ』にて CAFE DEL CANDYコミュニティをたちあげました!! なにそれ?と思う方も、えっうれしい!と思うあなたも、ぜひとも参加してくださーい!! 『mixi(ミクシィ)』とは、これまでの友人関係を更に素敵なものへと導き、新しい交流も生み出す 日本初のコミュニティエンターテイメント・ソーシャルネットワーキングサイトです。 とのこと。わかりやすく言うと、ブログのようでブログじゃない・・・。 友達たくさん、仲間つくろーみたいなサイトです。 老若男女、古今東西、日本全国から仲間が集まります。 実は僕も超個人的にやってます・・・ でも僕のは敢えて紹介しません・・・ 気になる方がいたら探してみてください・・・。
スポンサーサイト
2005/11/30 23:35|未分類TB:0CM:3

ガリシア男の反響 

みなさん『ガリシア男』反響ありがとうございます。 いろんな意見を聞けてうれしく思います。 緊急時には『救急車』ということがわかりました。 しかしながら、やはり言葉の問題(基本的にスペイン人はスペイン人しか知らない…失礼)があるので、『救急車』にまかせて終わりというのは僕としては『??』です。 ちょっとこの問題はこれから勉強して出来る範囲で取り組んでいきたいと思います。 今は何も出来ない僕ですが、ぼちぼちやっていきたいです。 なにかご意見ありましたらよろしくおねがいします。
2005/11/28 12:09|未分類TB:0CM:1

ガリシア男 

約一週間前、彼らはやってきました。 スペインからやってきたその7人組、聞くところによると、 スペイン・ガリシア地方の小さな町フェロールから来たとか。 フェロールとはパラドールもある小さな軍港の町で、かのフランコ将軍の出身地でもありました。僕としてはそのあたり(フランコ将軍:スペイン内戦)にもすごく興味を持っていましたが、聞けませんでした。 彼らは『 ZARA 』 というスペインファッションブランドの新西通り店の内装工事に来ていました。 そのなかの親方格・ホセの顔が突然青ざめ、病院教えてくれって、23:00・・・ もちろん空いてるはずもなく、119番に電話しました。そして教えてもらった、某病院に電話・・・ スペイン人であることを告げ症状をなんとか聞き出し伝える・・・ すると・・・言葉が通じないなら来てもらっては困る・・・!!!! なに?! 今なんて言った!?  もう一回言ってみろ!! 僕はつい、大きな声を出してしまった。 こっちだってそんなにスペイン語ぺらぺらって訳じゃない。身振り手振り、辞書片手になんとか会話してるんだ。目の前に涙流して訴えてるヒゲもじゃもじゃのガリシア男、言葉の問題じゃない! 困ってる人、しかも外国人(スペイン人)見のがせる訳がない!  ちょっとまたんかいコラ! それでも病院か! 面倒ごとはお断りってか! 直接先生に電話を替わってもらい、なんとか対応してくれることに。 でも言葉の問題が・・・         『俺が行くしかないやろう!!』 僕はお店をスタッフに任せて、同行しました。 なんとかかんとか通訳し、『尿管結石』ということ。 応急処置をしてその場はなんとか治まった。 しかし・・・あの病院の対応ってどうにかならないものか・・・ というより・・・この先進国・グローバルな国連常任理事国になろうとしてるこの日本が・・・こんなことでいいんでしょうか?? 日本は? 福岡県は? 福岡市は?? アメリカとアジアばかりに目を向けているように見えるのは僕だけでしょうか・・・ スペインだってフランスだって中東だってアフリカだってひとつの地球です。 さまざまな言語や習慣があり日本という国はこんなんでいいんでしょうか・・・ ただ僕が無知なだけなのかもしれない。 そうだったらどなたか教えていただきたい。 外国人のための、そういう困ったときの病院や機関、 僕はスペインレストランをしてるから少なくともスペイン語(もちろん出来ればいろんな言葉)で対応してくれるなにか・・・福岡には無いのでしょうか・・・ もし無いのなら・・・ ・・・今回のように僕がやるしかないのかな・・・ なんて考えていた一週間、 その日から彼らガリシア男たちは毎日CAFE DEL CANDYで夕食を食べてくれました。 そして日曜日に故郷スペイン・ガリシアへ帰って行きました。 またひとつ行ってみたい町が増えました。 スペイン・ガリシア地方・・・『フェロール』
2005/11/23 16:14|未分類TB:0CM:3

CAFE DEL CANDY 冬の企画 

早いもので今年も残りあとわずか。 11月も半ばに差し掛かり冬らしい寒さになってきましたね。 CAFE DEL CANDYでは、忘年会プランが始まりました。  週末なんかは特に混雑が予想されます。 みなさんご予約はお早めによろしくおねがいします。 フリードリンクプランもありますよ。CAFE DEL CANDYでは滞在時間などの設定はありませんから、ゆっくり楽しめますよ。 クリスマスディナーの予約も始まります。12月22日、23日、24日、25日(臨時営業) 今年のテーマは 『新スペイン料理』 伝統的かつ斬新、力強く軽やかである。一見、相反する組み合わせのような食材をシェフの技術により見事に調和する・・・。 創業当初から伝統的なスペイン料理を忠実に再現してきたCAFE DEL CANDYです。 今年は福永シェフがCAFE DEL CANDY4年間の集大成をお見せします。 通常ではあまり紹介することができない『新スペイン料理』は日本ではまだ見ぬ 世界かもしれません。しかしクリスマスだからこそ、是非紹介したいと思います。 私たちは未来を見据えています。 しかしスペイン料理同様、伝統的なもの、古典的なものに目をつぶっているわけではありません。伝統的なもの、古典的なものへの尊敬があってこその『新スペイン料理』です。CAFE DEL CANDYです。 12月1日でCAFE DEL CANDYは4周年を迎え5年目に入ろうとしています。 これからもCAFE DEL CANDYをどうぞよろしくおねがいします。
2005/11/14 16:56|未分類TB:0CM:0

冬です・・・ 

急に寒くなるとこたえますね・・・。 なんだか心もさみしくなってきます・・・。 ・・・・ ・・・ って自称ロマンチストな僕ですが、寒くても元気です! ちょっと風邪には弱っちいのですが。 CAFE DEL CANDYでは、ランチが今アツイんです。 コック亀田啓司が提案した  『土鍋ランチ』 大好評です。  ぐつぐつ煮えた土鍋(スペイン産土鍋ですよ。カスエラと言います) でいろんなスペインの煮込み料理が堪能できます!! ディナーでも 『コシード』 が登場!! 日本での知名度で言えば、『イベリコ豚』には程遠いものですが 本国スペインでは、 冬と言えば 『コシード』なのです!! 知らない人はいません。スペインでは、あの『パエーリャ』よりもはるかに 身近な存在の料理です。 それも地方によって中身は様々ですが大きな土鍋を使った煮込み料理で野菜やお肉を中心に汁たくさん、具だくさんの、スペインを代表するあったかメニューです。 もちろんCAFE DEL CANDYでも月替わりでいろんな地方のコシードを味わう事が できますよ。
2005/11/10 01:11|未分類TB:0CM:0

ドンキホーテin福津 

報告します。 土日に福津市(津屋崎町、福間町)で行なわれた『ドンキホーテin福津』 僕は個人的に超盛り上がりました。 お手伝いした広報では時間がなくあまり効果があったとは思えませんでしたが それでも福岡地区のスペインかぶれ(失礼!悪気はありません)が集結して それはそれは、充実した一日でした。 まずは、パネルディスカッション。コーディネーター宇田懐さん、パネラーに 川成洋さん(法政大学教授、スペイン現代史学会長、社会学博士)堀越千秋さん(画家、ドン・キホーテの挿絵を制作)本田 誠二さん(神田外語大学スペイン語教授、翻訳家)坂東 省二さん(京都外国語大学イスパニア語科主任教授、京都セルバンテス懇話会会長)ギジェルモ・キルクパトリックさん(スペイン大使館、文化担当参事官)オルガ・ガルシアさん(スペイン国立図書館) と、そうそうたる顔ぶれに僕もびっくり。  堀越千秋さんなんかはカンテ(フラメンコの歌)まで披露してくれました。 なんとそれを僕はなぜか舞台裏(突然手伝う事に・・・)から拝見させていただき たいへん貴重な体験をさせていただきました。 後半はフラメンコギターの夕べでした。 兵庫からスペインギタリストの吉川二郎さん、野口久子さんを招いていました。 繊細で美しい音色は、当CAFE DEL CANDYのジプシー本多昇とはまた一味違った フラメンコギターで、すばらしかったです。 今年は愛知万博が行なわれスペインもパビリオンがありました。その中でとても大きなオブジェがあったのですが(マリスカルというスペインナンバーワンのデザイナーが製作。バルセロナ五輪のマスコット・トビー君をデザイン) そのオブジェをなんと! 福津市に贈呈されるというビックニュースが!!!! 知ってる人は知ってる、マリスカルさん、ホントにすごいアーティストなんです! その人の作品が福岡県に、福津市に!  僕はそのことに感激しました。 しかし・・・とても残念が事が・・・。 来場したみなさんに抽選会があって、一等賞と二等賞がなんと、ドンキホーテがらみの料理の本だったのです。 そして一等賞、二等賞合わせてかなりの当選者が出るはずで、ほとんどみなさんが当たっていたその本が!!!! 見事はずれました・・・ホントに欲しかったのに・・・料理の本だったんで・・・ 知り合いの方なんかも当たってました・・・ その事が残念で残念で・・・ どなたか!  そこに居合わせた方! もしよかったら譲って下さい!  いや、買い上げさせてください!!!  ・・・ ・・・
2005/11/08 22:58|未分類TB:0CM:0

ドンキホーテin福津~スペインの週末~ 

ドンキホーテ・・・噂のあのお店の名前ではありませんよ。 スペインが誇る世界で最も古い小説であり、世界で二番目に売れた本(一位は聖書らしい)のことです。 今年はドン・キホーテ出版400周年という記念すべき年です。スペイン本国では国をあげてのイベントが行われています。 昨年創立した福岡スペイン友好協会が主催してこのイベント ◆Don Quijote イン FUKUTSU◆~スペインの週末~ が明日あさってと行われます。 場所は福津市中央公民館ホール 入場無料です。 僕は明日土曜日に、ボランティアスタッフとして参加します。 それと今回のイベントの広報部の一員としても参加させてもらってます。 個人的にも興味深いこのイベントです。このようなイベントが福岡で出来るというkとがうれしく思います。 これからも福岡スペイン友好協会とはいろんなイベントで協力したいと思っています。 今週末はみなさんも是非足を運んでみてはいかがですか?
2005/11/04 16:46|未分類TB:0CM:2

寒くなりました。 

早いものでもう11月ですね。 なんだかんだといろんな事が過ぎさってもう冬ですね。 水炊きなんかが食べたい季節ですねー。 紅葉をみながら温泉なんかも行きたいですねー。 牡蠣の季節にもなりましたねー。 ・・って、スペイン料理やってる僕ですが、意外と 日本モノも好きだったりして・・・。
2005/11/02 12:20|未分類TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。