福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

マンネリ・・・ 

なんだか最近マンネリですよね。 僕のブログ・・・ これじゃいけないと思いつつ・・・ いろんなことを考えているうちに これは書けない・・・あれも書けない・・・という状態に・・・。 こりゃいかん!!  もともとは、僕の知られざる日常をあからさまに!?書くはずじゃなかったのか・・・ (そこまではないか・・・。) ちょっと心を入れ替えてまた書きます。 まず改めての第一歩として、 アクセスカウンター付けました。 いろんなブログ本を読んで少しずつ勉強してたのです。 これからもちょっとした アソビも加えていきたいと思います。 私事では、今日は運転免許の更新に行ってきました。 試験場はかなりIT化が進み、すべてがスムーズでした。これにはびっくりでした。 昔は面倒でしたよねー。 この調子で目標、毎日ブログ書きます! 
スポンサーサイト
2005/08/30 18:57|未分類TB:0CM:2

人気ランキング 

ランキング
2005/08/30 13:59|未分類TB:0CM:0

巨大パエリア!!!! 

82bf9e79.jpgみなさん、僕達の巨大パエリアは見事大成功を納めました。 実は初めての試みだったので、内心は不安でしたが、急遽集まったスタッフ (現役コック亀田啓司、元スタッフ大浜大地、そして強力助っ人ゆうき君、そして いろんなイベントをコラボしているボンマリアージュ池田チーフ、鮎川さん) みんなの力で、300人前の巨大パエリアを作り上げる事ができました。 来ていただいたお客様には大変失礼だとは承知の上で、僕はまずはこのメンバーへの感謝とお礼をこのブログで言わせてください。 『みんなありがとう!! 愛してるぞー!!』 そして悪天候の中、来ていただいたお客様、なかにはパエリアを目的に来られた方もいらっしゃいました、 本当にありがとうございました。 初日は、朝から雨が降り続き中止になるのでは?というところまできてましたが、パラパラとお客様が来て、期待の声を聞くと、僕のテンションは一気にあがりました。 採算度外視! やることに意義がある! イスラ・デ・サルサを盛り上げるぞ! と作り始めました。 ほんと初めてだったので、とにかく集中して、一気にシゴトしました。 火を入れ始めて約1.5時間・・・ ついに、巨大パエリアは完成しました!!  我ながら感動でした。 二日目は幾分慣れてきて、段取りもよく、 テキパキと作業をして、 もちろん成功!  後半は晴れ間も見え、お客様も増えてましたね。 本当にご来店いただいたお客様、応援してくれたみなさんに、感謝しています。 これからも、CAFE DEL CANDYは みなさんを楽しませる店でいる事をお約束します。 そしてなにより、こんな突拍子もない僕の企画に、ついてきてくれているCAFE DEL CANDYスタッフに、助けに来てくれた大浜、ゆうき君二人に、そして、女性ながらこんなハードなシゴトを手伝ってくれたボンマリアージュ池田チーフ、鮎川さん二人に、 もう一度ありがとうといわせてください。 これからもCAFE DEL CANDYは、『楽しい!』をテーマに進んでいきます。 どうぞ、よろしくおねがいします。
2005/08/24 22:59|未分類TB:0CM:2

いよいよ・・・・!!!! 

明日、あさってにせまりました 『イスラ・デ・サルサ』 !!!! CAFE DEL CANDYは 前代未聞の 3mの超巨大パエーリャに初挑戦!!!! みなさん、この機会に是非のこのしまへ!!!!
2005/08/19 21:18|未分類TB:0CM:0

導かれて・・・ 

お盆休み中はみなさまにご迷惑をおかけした事を、お許しください。 で・・・ お盆休み前日13日のブログでお伝えした『ザビエル』 これが、思ってもみない 展開となりました。 休みに入った僕は、14日の夕方、ちょっとした用の時間つぶしに千代の『ブックオフ』に立ち寄りました。 以前は、あらゆる古本屋に足を運びスペイン関連の本を買いあさっていた僕ですが、最近はなかなか足を運ぶ事も少なくなりました。久しぶりの古本屋で、しかもそんなに時間がなかったので、さらーっと流していたら、目に止まるものがありました。 『ザビエルの謎』古川薫著 という本です。 ザビエルは前回も紹介したように日本にカトリックをもたらしたスペイン人です。 歴史の教科書などにも必ず出てくるキリスト教でも聖人として認められるほどの重要人物です。ですからキリスト教関連の本が多いのですが、この著者はキリスト教ではなく、もっとフラットな視線で書き記した『ザビエル』本です。 もちろんこの本を見たのも初めてだったし、知ったのも初めてでした。 そしてなぜか、食い入るように手にしたその日に読みはじめました。 その本でザビエルが始めて日本の地を踏んだところが、鹿児島だと知ります。 「そっかー。鹿児島かー。」 何度も鹿児島には行った事がありましたが、ザビエルと関係があったことは、気にも留めていませんでした。 そして次の瞬間・・・   ・・・ 「よし、行ってみるか!」 と思い立ち、 いきなり『ザビエルの旅~鹿児島編~』がはじまったのです。15日の朝の事でした。 目的地は、鹿児島・・・の・・・どこだろ・・・ちょうどその時読んでいた場面に 『ザビエル公園』という場所が・・・よし、ここだ。 そして他の場所には目もくれず、まっすぐ『ザビエル公園』を目指しました。片道4.5時間、お昼過ぎにその場所に到着します。 天気は快晴、福岡よりもアツく、しかし湿気はない・・・これはまさにスペイン晴れではないか・・。思わず独り言・・・。小さなちっぽけな公園の角に3人のブロンズ像がありました。左にはザビエルを日本に導いた『ヤジロー』右には、日本人として初めて欧州に行ったベルナルド(洗礼名)そして真ん中には『フランシスコ・ザビエル』 僕はしばらくその場から動けませんでした。 ・・・ザビエルがここ鹿児島の地に踏み入れたその日・・・8月15日・・・ 今日・・・この日だったのです。 そしてこのザビエルが、これまたスペイン人のイグナチオ・デ・オヨラ率いる『イエズス会』が発足したのも8月15日・・・そしてカトリックの重要な祝日『聖母の被昇天の祝日』も今日8月15日だということもこの本で知りました。 なんという偶然!  僕はこのような『偶然』を 偶然とは思えない性分です。 僕はカトリックでもなく、ただのスペインかぶれです。 自分に正直に生きようとしているだけの、ただのスペインかぶれです。  しかしこのような偶然の連続には・・・これは聖母(マリア)の導きではなかろうか・・・。 なんて考えていまいました(笑) とひょんなことから僕のザビエルツアーがまた続きました。まだ五島にはたどり着けませんでしたが、『鹿児島』という新たな1ページを刻む事ができました。 つづく・・・。
2005/08/17 12:40|未分類TB:0CM:0

お盆休み 

CAFE DEL CANDYは8月 14・15・16日は お盆休みをいただきます。 すでに、多数のお客様のご予約をお断りしてしまいました。申し訳ございません。 その他多数のお客様にもご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。 で、今年のお盆休み何をするかというと、なーんにも予定はございません。 実は五島に行きたかったのですが、お盆シーズンのとんでもない特別価格のため、 やむなく断念しました。 でも、近いうちに五島にはぜひとも行きたいと思っています。 なぜなら、 五島は僕の『キリシタンツアー』の重要なポイントだからです。 『キリシタンツアー』とは、スペインとも関連が深く、はじまりとなったのは、 『フランシスコ・ザビエル』です。 実はこのザビエル(xavier)、スペイン人だったのです!!   ?? えっ違うって?? ポルトガル人?? 学校でそう習った?? おっしゃるとおり、僕も学校(小中高)ではポルトガル人だと習いました。しかし ザビエルはれっきとしたスペイン人(バスク人)なのです!! へーーー。 本当です。ザビエル で、そのザビエルのゆかりのある土地や天草四郎、隠れキリシタン、遠藤周作などに、興味を持ち始め、 昨年から、時間を見つけてはスタッフを連れ、天草や島原、長崎・外海町、臼杵市などに足を運びました。そしてついに五島へ・・・のはずが 今回もパスすることに・・・。 これも何かの縁だろう、そのうち行けるはずだ・・・ 導かれるように・・・。 ここでまた新たなキーワード『ザビエル』 『隠れキリシタン』 『遠藤周作』など がでてきましたが、それらについてはまたいつの日か書きコしませう。
2005/08/13 23:13|未分類TB:0CM:2

始まりと終わり 

世間ではよく、始まりがあって終わりがあるとよく言います。 しかし僕のワールドでは果たしてそうなんでしょうか・・・。 僕がスペインに惹かれるきっかけになったのは、知ってる方もいるかと存じますが、『サルバドール・ダリ』以外の何者でもありません。  あれは18歳の夏福岡市に住んだ最初の年、一人暮らしをはじめた頃でした。 ちょっとおしゃれに目が覚め始めた僕は部屋の壁にポスターを貼ろうとポスター屋に行きました。そこで、自分の気に入った絵を3枚手にします。 そして裏面の作者の欄をみました。それがすべて『ダリ』だったのです。 そのときいろんな記憶がよみがえりました。中学・高校時代の美術の授業で気になっていた『ダリ』の曲がった時計、高校時代にはダリが亡くなり授業の時に黙祷をささげたこと。  そこから僕は始めて『ダリ』に興味を持ち始め、探求が始まります。 ダリの探求は自分への探求でもありました。自分の将来について盲目だった僕はさらに『ダリ』へと傾倒していきます。そのなかで、僕の中で始めて『スペイン』という言葉が出てきます。それが1993年のことです。世間では1992年バルセロナオリンピックが盛り上がりましたが僕は当時は全くスペインに興味はおろか知りもしませんでした。 そして僕は、姉(CANDY)とともに『スペイン』に足を踏み入れる事になるのです。 つづく・・・。 なぜだか今日は僕のストーリーを書いてしまいました。 これは今後もふっと思い出した時に書き続けていきます。 今回のタイトル『始まりと終わり』とは今のところ直接的なつながりを見つけることは難しいですが、僕が言いたいのは、 僕が興味を示す事好きなこと(スペイン)を好きな理由はとても抽象的でこれといった答えを出す事はむずかしい。そしてこの思いには始まりはあっても終わりはないという事です。 そして僕が好むもの(なんでもないグラスの形や、コートの色、ダリなど)にはとてつもなく深い理由があり(自分でも説明できないほど!)それには、終わりはありません。ただ愛し続けるのみなのです。 スペインを愛し続ける僕のちょっと意味不明な独り言でした。
2005/08/09 16:45|未分類TB:0CM:1

スペインワインパーティー 

先週金曜日に行われましたスペインワインパーティー、ご来店の皆様本当にありがとうございました。これがCAFE DEL CANDYのワインパーティーです。 みなさんの盛り上がりを見てるだけで、僕自身もほんとうに喜びとともに感謝の気持ちでいっぱいになりました。今回は『ボンマリアージュ』さんとのコラボだったこともあり、初めてのご来店された方も多くCAFE DEL CANDYを知っていただくいい機会になりました。ありがとうございます。CAFE DEL CANDYはこのようにスペインを五感と心、全身で味わっていただくお店です。 ご来店することができなかった方々も、この企画は今後も続きますので、是非ご参加してください。ご満足いただける事をお約束します。 なおこの企画を主催してくださった『ボンマリージュ』さんと㈱ネオ倶楽部さんに感謝をこの場を借りて申し上げます。今後ともよろしくおねがいします。 PS 次は イスラ・デ・サルサ のこの島ですよー!!
2005/08/08 13:15|未分類TB:0CM:0

天本英世その2 

コメントも頂いたので、今回も天本君(平成教育委員会)のネタを披露します。 実は天本さんも九州出身なのです。しかも北九州市若松の出身なのです。 こんなところからも九州とスペインの結びつきを感じずにはいられません。 彼は戦前の生まれで第二次大戦では軍隊経験も。 戦後、東大法学部に入るが中退、俳優の道を進みました。 彼とスペインとの出会いは僕もまだ勉強してませんが、スペインの詩人 「フェデリコ・ガルシア・ロルカ」に傾倒していたようです。それでフラメンコ~スペインと行き着いたのではと思っています。(ご存知の方ご指導おねがいします) 天本さん同様『ロルカ』も平和主義者でした。スペインでは1936年~1939年に 『スペイン内戦』が起こり、フランコ将軍率いる軍内部の右翼反乱軍が 制圧しました。その内戦時に『ロルカ』は暗殺されてしまいました。 ただ愛と平和の詩人だったがために・・・。 スペイン内戦については簡単には語ることができないので今回は省略させていただきます。いつか機会がありましたら、また話したいと思います。 話を元に戻して天本さんは生前20回スペインへ旅していたらしいです。 スペインを愛しフラメンコを愛した天本さんはフラメンコの歌い手でもあり、 『ロルカ』の詩の朗読者でもありました。この『ロルカ』と僕の崇拝する 『ダリ』はかなり親しい友人だったのです。実は以前から僕も『ロルカ』には 興味がありいくつかの著書と詩集も所持しています。(もちろんダリはかなりの数!) ということもあり、『なにかの縁』が好きな僕としては天本さんはかなり興味深い人物なのです。 僕も平和主義者です。そして僕は若輩者ながらも日本の歴史なども多少なりとは勉強しました。おじいちゃんやおばあちゃんの話も大好きです。で、 天本さん同様、日本を憂いている部分も持っています。そしてスペインへの憧れ、その意味などは天本さんの著書を読めば読むほど共感できます。 そうゆうことで、やはり九州には、知れば知るほど『スペインと日本』の繋がりを強く感じずにはいられないのです。実はその理由は他にも・・・ と思いましたが、今回はここまで、この話もつづく・・・ということで。 失礼しましたー。  
2005/08/03 21:52|未分類TB:0CM:0

スペインワインパーティー 

今週金曜日8月5日は、ボンマリアージュ主催の    『 スペインワインパーティー 』  が開催されます。 僕達にとっては2回目ともいえるワインパーティーですから 前回よりも充実した内容になることと思います。 今回は前回より、ワインの種類も増え・     スペインのスパークリングワイン Cava          白ワイン          赤ワイン 3種類 もちろん、 ソフトドリンクもフリードリンクになります。 普段では味わう事の少ない現代のスペインワインを専門のアドバイザーが しっかり、かつ丁寧な対応をお約束します。 その他にも、 ギターライブ ワイン&スペイン料理についての トーク スペインワイン即売会 スペインビデオ放映 お楽しみ抽選会 ジャンボじゃんけん など多彩な催し物もあります。 みなさん是非ご参加ください。 会場  CAFE DEL CANDY 時間  19:30 料金  ¥5000 連絡先  ボン・マリアージュ  092-282-5560      CAFE DEL CANDY    092-282-8028 そして・・・ その後・・・ 秘密のイベントがあります。 これは、僕のプライベートなことでもあるのですが・・・ それは・・・  サッカー『 Copa de Candy プレシーズンマッチ 』   です!! これは、知らない人のほうが多いかもしれませんが、CAFE DEL CANDYの 男性スタッフは全員はまっている PS2 『ウイニングイレブン』  の大会であります。 僕達は大のサッカーファンです。もちろん僕はスペインリーグ『リーガエスパニョール』を見るために WOWOW に加入したほどのサッカー好き。 そのサッカー好き仲間の念願の『Copa de Candy』をついに開催します。 時間は23:00以降 ワインパーティーがお開きになったあとです!! さあ、みなさん!! 8月5日は スペインワインパーティー そして『Copa de Candy』に 全員集合!! 
2005/08/02 22:36|未分類TB:0CM:1

天本英世 

ひさしぶりの書き込みです。 みなさん、「天本英世」さんをご存知でしょうか。 天本さんは、日本を代表する「スペインかぶれ」(尊敬の意味を込めて)です。 2003年に他界してしまいましたが、終生スペインを愛してやまない人でした。  本業は俳優で『仮面ライダー』の死神博士といえば憶えていらっしゃるかたもいるかと存じます。代表作は『女の園』 『二十四の瞳』 など、戦後の日本の名作にも多く出演しています。  スペインに深い造詣がありスペインに関する本も多く出版されています。 しかし天本さんのスペインものの著書は古いものが多く絶版になっているものもあり入手が困難です。僕は今回入手したものをいれ3冊目です。 『スペイン巡礼』『スペイン回想』 そして先日、『日本人への遺言(メメント)』という本をやっと入手し、今朝読みふけっていました。 この本は自伝的な部分から始まり、スペインへの思い、そして現代日本や日本人に対してのメッセージ的な部分もあり、同じくスペインを愛する僕としては共感できる部分が多くあります。  まだ読み終わってはいないのですが、ペースが遅い僕にしてはどんどん読みんでいて、ちょっとこの辺で紹介しようと書き込んでいます。 感想はまた後日にしますが、かぶれ者の僕が崇拝するのがこの『天本英世』さんであり、忘れてはならない人のひとりです。 今後とも、日本を代表する『スペインかぶれ』を紹介していきたいと思います。よろしくおねがいします。  我こそはと思う方はご一報おねがいします。 
2005/08/02 17:03|未分類TB:0CM:2

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。