福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

イベリコ豚 動画 

イベリコ動画

[広告] VPS

雨が降りそうで降らない。。。
で、降ったりもする・・・。

蒸し暑くて、なかなか寝付けないこの頃ですね。

そのさなか、気持ち良さそうに寝てる輩がいます・・・。

イベリコ豚!!

この動画は、先月スペインに行った際の動画です。
エストレマドゥーラ地方。Cala とういうアンダルシアとの境にある村の
イベリコ豚の放牧場。
30頭で60ヘクタール(わかんないほど広い)山ひとつみたいなノリに
大自然のなか、悠々自適に暮らしておりました!

ひたすら寝てます・・・日陰から日陰へ。 ほぼ群れをなしています。

それを一人の羊飼いならぬ「豚飼い」が、少し離れたところでじっと
見守っています。
(過酷な仕事ですねー)
aaaes200905 (418)
スポンサーサイト
2009/06/22 12:16|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

スペイン最後の夜つづき。 

いやあ、まったく僕の話は我ながらくどいというか、うざいというか・・・
反省しつつも、また綴っちゃいます!

これは5月27日の夜のことです。

今日は、ホントに最後のマドリッドの夜です。

1ツ星レストランにも行き、一旦宿に戻り、シエスタして出発。
マヨール広場近くの市場にたまたま行った。
それが!!

その市場は、『サン・ミゲル市場』という。

何年か前までは、古ぼけた街の市場って感じだった。
市場にしては、こぢんまりしてて都会の市場というより、旧市街の住人向けの小さな
市場。 それがなんと 
リノベーションを済ませ、 古き良き市場の雰囲気を残したまま、
イートイン・スタイルの、スペインを丸ごと味わえちゃうバル的な要素を含んだ
超すてきな市場へと大変身!!
aaaDSC_0859.jpg

これには、メンバーみんな大喜び!!

バカラオ(塩ダラ)ピンチョスあり! 
aaaDSC_0818.jpg

CAVAあり!
aaaDSC_0825.jpg

生ガキあり!
aaaDSC_0834.jpg

肉屋・魚屋・なんでもありの市場ながら、食べることを目的としたその空間。
aaaDSC_0812.jpg

aaaDSC_0832.jpg

こんなお店(空間)を日本で作りたい!!!
僕はそんなことを思ってしまいました!?

そこで軽く買い物を済ませ、夜はまた宿で、たかし君と料理を作った。
スペイン最後の夜。

その夜たかし君は。。。

そして次の日。僕らは日本へ旅立った。

今回は、初スペインのたかし君と、スペインに初めて行ったときに一緒だった姉CANDYとの
旅だった。

そういう意味では、僕の今この姿があるのも、15年ほど前行った姉と行ったあの最初の
旅のおかげです。
そのことに感謝しながら・・・なにか感慨深いものがあります。
それに、タリファからモロッコへ・・・。これは、僕の好きな小説 アルキミスト のストーリー
と同じだと後で気づく・・・これまた感慨深いものがあり・・・
そこに、初スペインのたかし君もいて・・・

んんん~ なんだろ。   なにか あるような気がする。


それが今回の、長くて短い、スペイン・インスピレーションの旅。


今度行くときは、 サルバドール・ノリといくスペインツアー組みますから。
今回、楽しみにしていたお客さんもたくさんいます。
本当にごめんなさい!!
それは絶対 尻ぬぐいさせていただきますから(笑)
よろしくおねがいします!!

サルバドール・ノリ
2009/06/13 19:03|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

新スペイン料理!? 

僕たちの新店舗 アルキミスタ
も、 オープンして1週間がたちました。
どたばたの1週間で、あっという間にすぎてしまいました。

この1週間、たくさんのお客さまに来ていただき本当にうれしく思っています。
この平尾という僕たちにとって未開の地でもまた、地道に
布教活動!? がんばります!

さておき、僕のスペインへの旅が最終日でストップしてましたね。
というのも、ここでは話せないような、ネタ がありましてね・・・。
それは、CAFE DEL CANDYでということで。


でスペイン最終日。 5月25日(月)のことです。
  

『アルボロケ』
aaaDSC_0787.jpg

というレストランに行ってきました。

ギャラリーやレストランが集まる建物、カサ・パラシオ・アトーチャにあり
若手シェフ アンドレス・マドリガルが提案する、
繊細で遊び心あふれる創作料理。

ここはまだ日本では全くといっていいほど紹介されていませんが、
すでにミシュラン1ッ星をとっている若手ながら実力派。
だとネットで見ました。

入り口は、なんだかレストランというよりは、やっぱりギャラリー。
ぱっと見では、かるーく入れない感じ。
受付台があって、パリッとスーツを着たおじさんがご案内。
もちろん予約済み。
シェフ・アンドレスを紹介してもらう。
僕らが日本でスペインレストランをやっている旨を伝えると
すごく喜んでくれた。
注文も、シェフおすすめのコースでお願いした。

なにがでるかワクワクだ。
店内を見渡すと、建物は大きいがレストランスペースは小さく
なんと5テーブルしかない。 当然バルカウンターも無い。
(アルキミスタとおなじくらいかな)

出てきた料理は・・・
IMAG0132.jpg

1.おつまみ ひよこ豆のムース、黒オリーブのタプナード(ペースト)グリッシーニ
2.前菜 カツオのタルタル
3.前菜 野菜のブロチェッタ 山の香り?
4.前菜 仔豚とクリームのスープ。温泉たまご
aaaDSC_0771.jpg
5.魚  エイひれのソテー。パスタのパエリア添え
6.肉  仔豚の3つの部位 ピリ辛ピメントンソース 
aaaaDSC_0774.jpg

7.デザート チェリーのタルト ソルベ
aaaDSC_0776.jpg

8.デザート チョコタルト カラメルソルベ
9.コーヒー フィナンシェ オレンジの皮のチョコ

こうして書き出してもなにやらわかりませんね。
新スペイン料理というのは『スペイン』というものを全面に押し出した料理ではないので
旅行で食べるスペイン料理とは少々趣が異なるかも。
こういう、新スペイン料理は、あくまでも、伝統的スペイン料理をベースに
創り上げてるのが特徴で、伝統的な料理と同じ料理名だったりする。
が、ぱっと見は、洗練されてて、フランス料理のよう。
伝統料理を知ってると、『ほほう』『なるほど!』『おもしろい!』
ってなるけど、知らなければ感動はあまりないかも。

・・・っていうか、新スペイン料理を表現する『アルキミスタ』のテーマでもあるんですけどね・・・。


僕たちは、いたく感動しました。
見た目は斬新、提供される皿も凝っている。
でも、味はどれもダシを効かせて、絶妙なあんばい。絶妙な火加減で仕上げている。
全部で10品もあるので、食べ応えはあるし、時間も2時間は必要です。

気になるお値段は、なんとワインも3種類飲んで一人75ユーロ(9000円)
これ、高いと思うか安いと思うかは、人それぞれですが
僕的には、満足感高いと思います。

だって、マドリッド・マヨール広場や、バルセロナ・ランブラス通りで、観光客向けの
パエリア食べても、一人40ユーロくらいするし、正直雰囲気を味わうためには
最高ですが、あれらをスペイン料理と思われたら困りますよ-。
日本だってそうでしょ。ほんとに美味しい日本の料理屋さんは、一番目立つところには
ないじゃないですかー。

これは最後のお昼ご飯です。
一旦かえってシエスタしよーー!
2009/06/09 16:48|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:1

スペイン8日目? 

やっとマドリッドに戻る日になった。
トレドのパラドールは一泊のみでしかも朝11:00出発したので
もっとゆっくりできたらよかった。
ただし朝食は充実していた。
ブッフェスタイルだが、スペインの名物的食材ばかり
(生ハム・チョリソ・チーズなどなど)が充実していたので楽しめた。
DSC_0669.jpg

DSC_0683.jpg


マドリッドまでは70Kmほどなので
小1時間で到着する予定だった・・・
が!
中心部に近づけば近づくほど道がわからなくなり、行ったり来たりや
方角はわかっていても工事中だったり、道を間違ったりして
結局、予約していた宿に着いたのは14:00。

それからレンタカーをアトーチャ駅に返して、即
ラストロのみの市へ!!
正午あたりが盛り上がり絶頂なので、やや閉めている出店があったがそれでも楽しめた。
ちょっと怪しい裏路地では、正規の出店をしていない輩のストリートがあり
警察が来ると慌てて商品を片付け逃げる様子がおもしろかった。
一般客に被害があるわけではないが、マンションの上の階から、下がうるさいせいか
バケツで水をブチ蒔いたのにはびっくりだった・・・
が、これもやはりスペインなんだと思い、おちついた。
買い物をして、宿へ。
DSC_0721.jpg

今回は、アパルトメントホテルといって、キッチン付きの宿を確保した
ので
今夜は自炊なのだ!!!
aaaDSC_0748.jpg

最高級のハモン・イベリコ。 最高級のアンチョビ。
エクストレマドゥーラのヤギのクリームチーズ。
海老の鉄板焼き。ベルベレーチョという貝のバポール。
そして即席スープでのパエリア風お米料理(カルドソ)

調理は、僕とたかし君。
たかし君も以前は料理をやっていたので
二人でやると、仕事が早いし的確だ。

本当に美味しい自炊だった。

明日は最後の夜だ!
2009/05/26 10:35|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

マドリッド7日目!! 

ヒッチハイカーをタラベラという町におろし、宿を見つけようと町を散策。
しかし観光地ではないこの大きなタラベラの町ではやすやすとは宿は見つからない。
人口は多いみたいでとても大きな町タラベラ。外国人は皆無といった具合で
地元の人たちで賑わっていた。
1時間以上を費やし、やっと見つけたペンションは、いまいち。
なのになぜか高額だ。
迷ったあげく、この町を出ることに!

向かったのは、中世の町・トレド。
町丸ごとが世界遺産で、本当に中世のままだ。
マドリッドは現在の首都だが、1600年くらいまではここトレドが首都だった。
日本でいう京都みたいなもの。

22:00くらいにやっとトレドに到着。
泊まったのは、 あの 『パラドール』だ。

通常260ユーロぐらいするのを 170ユーロくらいに値引きしてくれて
さらに朝食ブッフェまで込み込みだ!
(もちろん3人分)

トレドのパラドールは、そのテラスから、トレドの町を全貌できる高台にたっていて
とても人気が高く、CAFE DEL CANDYのお客さんにも紹介していた。

僕自身10年以上前に一度行っただけなので、2回目。
だけどその魅力は、もっと高くなっていた。

ただし、内装を、今はやりのシンプル・モダンを意識しすぎて
あの重厚で、品格のあるインテリアがすべて変わっていたのが
残念だった。
2009/05/25 17:29|2009スペイン・インスピレーションの旅TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。