福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

旅の終わり・・・。 

スペイン最後の日は、
マドリッドの友達ショーンの友達アントニオの誕生日ホームパーティーで
締めくくった。

一体誰がそんなことを想像しただろうか。
DSC_2886-1.jpg

今回は基本 『No plan』  での旅だった。

目的は、
サフランメーカー
オリーブオイルメーカー
への、訪問という仕事や、
マラガの友人フェルナンドに会う。
あわよくば、スペインに住んじゃう!?  あしがかりを作る。
などという、漠然としたモノしか考えず
ひたすら、レンタカーでスペインを縦断した。
DSC_2312-1.jpg

国際ローミングの不具合というトラブルで、ほぼブログを更新できず
ブログでの旅を終えるのに、5ヶ月ほど要してしまった・・・。
それでこんなに濃い内容のブログになったのは果たして良かったのか、悪かったのか・・・。


旅の最後の朝。 
マドリッドの中心地、地下鉄のアントンマルティン駅からバラハス空港に向かった。
何の問題もなくスムーズ。
感傷にに浸るのもわずかの時間で、 たんたんと時間だけが過ぎていく。
異常に時間が過ぎるのも早い。

そしてまた、カタール航空に乗り、  一行は 一路 カタール・ドーハへ。
今となっては記憶もほとんどないほどに、あっという間にドーハへ。

2週間前、初めてのアラブ諸国の雰囲気を味わい感動したのもつい昨日のようだった。

ドーハに着いた。 18:00くらいなのに、もう日が暮れている。 滞在時間は、約5時間。
街にでて、  買い物と軽い食事をする。
熱風は、心地よく砂漠の国を感じる。

メンバーと話す。
『ものすごい旅だったね-。』
みんな別人になった気分だった。 浦島太郎的な感じもした。

正直、スペイン12回目の僕でもかなりの冒険をした旅だったと思う。
初めてのダイチやアヤコ姫は、かなりの衝撃を受けたんじゃないかと思う。

どうなんだろ?  それぞれのキモチって。

でも行って良かった。  またザックとも旅が出来たし、CAFE DEL CANDYでも
アヤコ姫だけスペインへ行ったことがなかった。
ダイチとも、ずっと一緒に行こうといいつつ時間が合わなかった。
達成感はある。
DSCF1813-1.jpg


そして僕は、一段とまた、スペインが近づいた気がした。
今ではかなりリアルにスペインを感じることが出来る。


旅?   ・・・いや旅はもう十分にした。


やはり・・・行き着くのは・・・   住むこと・・・?



なんて、日本への飛行機の中で考えていた。
しかし・・・!!!!


つづく。


 
スポンサーサイト
2009/03/09 14:41|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

リアル・スペイン!! 

昨日のたくさん飲んで食べた一日だった。

さて今日はマドリッド最後の夜、今回の旅の事実上の最後の日です。

ショーンと約束したバースデイパーティーは出発が12:30
だから朝の散歩としよう。

まずはやっぱり朝食を バル で! 

そしてまたやっぱりチューロスを食べる。 ホント最高なんです。
(でも実は現在のスペインでは朝食をチューロス食べる人少なくなってるんです。
もっと軽めに、クロワッサンとカフェオレ(カフェ・コン・レチェ)が多いようです。見てる限り)

そしてみんなで、ソフィア芸術センターまで歩く。
でも館内には入らず、ミュージアムショップで買い物。
そしてゆっくり散歩しながら宿まで戻った。
そこでショーン登場。
ホント、タイミングいいんだよねー。

『で、ショーン、どこまで行くの??』

ああん、バスでね。30分くらい・・・
またアバウトな返事・・・
とりあえず地下鉄でバスセンターまで行こう!  とショーン。
バスセンターは意外と離れた場所にあるので地下鉄で移動・・・

ぬおーーー!!!!

いきなりショーンは自動改札機を飛び越えた!!

『だいじょうぶ。だいじょうぶ。  いつものこと!』

そうだ! こいつ地元なんだ!  僕らははるばる日本からやってきてるけど
こいつは、産まれて育った街で、小さな頃からずっとこんなことやってきてるんだ!

妙になっとく!?   ・・・していいような、いけないような・・・

もちろん僕らはフツーに切符を通しましたよ!
(ここで豆知識!   
マドリッドの地下鉄は1回1枚でどこまででも行けます。 1枚0.8ユーロ前後だったかあ。
でも10回券てのがあってこれだと6ユーロぐらい。めっちゃお得で、しかも1枚で何人でも使える。
1回1枚だから。使った人の分が減るだけ。なんとこれ1枚で空港までも行けちゃうから使わない手はない。タクシーだと15ユーロくらいですよー。僕は常備してます )

で、バスセンター。あったあった、これこれ。
運良くバスがあった。
目的地は・・・Colmenar Viejo・・・ おそらく!!
DSCF1857-1.jpg

実際どこに行ったか今でもよくわからない・・・
グアダラマ山脈が見える田舎。  それだけだ。

そしてバスに乗り込み、約30分。 (これは意外と正確だった)
DSCF1863-1.jpg

DSCF1864-1.jpg

DSCF1868-1.jpg

DSCF1869-1.jpg

とりあえず、バルに入り、
友達アントニオを待つ・・・15分・・・
DSCF1880-1.jpg

そしてポンコツ車(失礼! おせじにも綺麗とは言えず)で、ぶっ飛ばして
アントニオ邸へ。って3分で到着!!
あれだけ待ったのは一体なぜ??

住宅街の一角にアントニオ邸はあった。  で、でかい!!
ゆうに120坪はあろうかという土地に平屋で60坪くらいか。
あとは庭である。  というかほったらかしの空き地状態。
DSCF1888-1.jpg

『Hola!!!!!!  オラー!!!!』
そこにいくと、約10人ぐらいの人がなにやらせっせとパーティーの準備をしていた。
DSCF1891-1.jpg

一気に紹介されたが、誰が誰なのか、どういう関係なのかさっぱりわからない。
が、すごくいい雰囲気が流れていた。
DSCF1923-1.jpg

これがリアル・スペインだあーー!!

しかしこれでも、この日の長い一日の前編に過ぎなかった・・・。
2009/02/25 22:51|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

でかい! 

写真めちゃでかくなっちゃいましたね。
見るまで時間かかってしまいそうで・・・ごめんなさい。
知識不足で、こんなんなるって知りませんでした。
(下の方に記事がいくのも)

ではでは。
スペイン・マドリッド!! 10月11日(土)

マドリッドの友達 ショーン は、アイリッシュ系のスペイン人です。
マラガのフェルナンドとも友達です。
久しぶりに電話してみると・・・

『うぉーー ノリ!!!   実は俺も今日マドリッドに着いたんだよ!!!!』

????

『半年間、インドネシアに仕事で行ってたんだ!!  そして今日帰ってきたってわけだ!
すぺいんに着いて一番最初の電話がお前からだったよ!!』

ショーンは大興奮!!!!
僕もびっくり!!!!

『よしじゃあ30分後に会おう! お前らの宿に行くよ! 』

一行はあらかじめマラガから予約しておいた安宿にタクシーで行った。
DSCF2080-1.jpg

『Hostal la Vera』 
http://www.hostal-lavera.com/
1泊 1部屋 60ユーロ  (二人で)
とても安い宿です。僕は好きですが、一般的な日本の方はどうだろ??

とても気の良いおばちゃんが経営してた。近くに同じ系列のBAR(バル。バーじゃないよ。)も
あるって。しかもそこでの朝食チケットもくれた.ラッキー!!

と盛り上がってたら、いきなりショーン登場!!!!

『Hola!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!  』 
(オラ!!!!   CAFE DEL CANDYでもお客さんが来たらみんなで言ってますよ!! )

4年ぶりくらいの再会なんです。
マドリッドにはほぼ毎年行ってるけど時間がある時しか会えなくて。
実は日本でワールドカップがあった2002年に福岡にも遊びに来てたんです。
もちろんCAFE DEL CANDYで一緒にスペイン戦を観戦してからの付き合い。

でも!!  痩せてる!!!!!  ぷっくり、僕と同じかそれ以上に丸々してたのに
ガリガリだーー。なんでーー!!??

聞くと、インドネシアで疫病になってしまっったんだと。
それでガリガリに痩せ、仕事もできなくなっちゃんだって。

そりゃ、大変だったねー!  死にそうだったよ・・・。  
なんて話をして
よし、じゃあみんなで一緒に昼ごはん食べに行こう!!!!

ということで、ショーン行きつけのバルに歩いていく。

マヨ-ル広場の南側の、とても綺麗とはいえない通りを歩きたどり着いたそのバルは
昔ながらのバルって感じで、地元の人しか寄せ付けない雰囲気さえある。
奥の方に通され小さなイスに座る。
もちろん、お店も狭い。
DSC_2793-1.jpg

適当にショーンは注文した。
ワインはショーンが家から持ち込みしたものだ。
ショーンはマドリッ子で地元だからいわば何でもあり!

どれも素朴な味わいでこれぞスペイン!!  って感じだ。
飾りっ気というモノが一切ない。
DSC_2798-1.jpg

なんと半年ぶりにスペインに帰ってきたショーンは、この食事が半年ぶりのスペイン料理なんだと。
その感動っぷりはすごかった!
しかも一緒に食べてるのは家族でもスペインの友人でもなく、僕ら日本人。

これを縁と言わずなんと言おう。

ショーンも、 これからもずっと友達でいれる奴だなー。

と、思っていたら・

つづく

激動のマドリッド編へ、
2009/02/09 17:03|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

つづき! 

たっっぷりシエスタしたあとは!

19:00くらいに宿のパティオ(中庭)での水タバコパーティーだ。
DSCF2044-1.jpg
写真は水タバコのための炭(チャコール)に点火してるところ。

実は、今夜はマラガ最終日。 明日はマドリッドへ旅たつので、
フェルナンドや、その宿の主人フレイ(フランス人だが夫婦でここマラガの宿を経営、住んでいる)
のお誘いだ。
DSCF2039-1.jpg

僕ら4人と、フェル、宿の主人フレイと奥様、あと宿泊しているフランス人でおしゃべりしながら
ワインを飲みながら、みんなで水タバコ。
(トレベレスの折にも説明したが、スペインでも日本でも完全合法。 通報なんかしないでね!笑)

ホントにここマラガに住んでいる人たちは、楽しいこと好きで、お人好し。
フェルナンドいわく、

毎日毎日、ほんとほんとほんとに同じ。 毎日パーティ-。毎日うれしい!

僕たち日本人にはあり得ない日常で、本当にうらやましく思う反面、できねぇなんて思えたりもした。

そして締めは、やっぱりいつものバル 『セルバンテス』だ
(完璧に日課と化している。お店とかじゃなくもう生活の一部)
DSCF2070-1.jpg


マラガ最後の夜は  ストリート・フラメンコ!
今夜のためにまた来てくれたんです!!



またまた感動!!
なんてアツイ人たちなんだ!!

最後の夜まで、徹底的にマラガを堪能した。

住んでみたい街  マラガ  を インプットした・・・。

2009/01/28 19:51|スペインへの旅2008秋TB:0CM:2

スペイン9日目・・・ストリートフラメンコ 




おそらく・・・
フラメンコやってる人も。フラメンコ知ってる人も。
きっと・・・

ストリート・フラメンコ の存在を知らないと思います。

というか興味ない?
別に~。  なんて思ってるあなた。

私サルバドール・ノリは、 真実のスペインを伝えるために日本での活動をしています
(なんちゃって。)

スペインを知らずしてフラメンコを語る無かれ。
踊ってばかりで、 フラメンコを語る無かれ。

フラメンコの生まれ故郷スペイン・アンダルシアでは、現在様々な形をフラメンコを
やっています。
現在までもフラメンコは様々なバージョンアップ!? を重ね、様々な音楽とコラボし
発展していっています。

そこで、僕が今回初めて 出会ったのが この 

ストリート・フラメンコ
『Flamenco de la Calle』
と、本人達は言っていた。

僕は、ただそれを見ただけなので、解説は出来ない。
だけど、そこにいた 僕ら日本人全員

感動しました。

言葉も音楽も意味も分からない。 だけど 鳥肌がたつほどの感動。

それに、説明もいらないのではないでしょうか・・・。



夜は明け、マラガもう何日目だ??

今日は、ちょっと別行動。 ザックと二人で町を散策。
ザックは、もはや兄弟とも言える 大親友で、 ザックとならどんな状況に陥っても
やっていける。 今日は、全然違うエリアを探検してみよう。
DSC_2717-1.jpg

町の雰囲気が薄暗く、人も地元のあまりお金持ちじゃなさそうな感じ。
大騒ぎの中学生の間を通り抜ける。
ローカルなエリアだ。
しかも1つの通りに、100円ショップならぬ100ユーロショップが建ち並ぶ。
(ほとんど中国系や、アラブ系の外国人経営)
おおお怪しい雰囲気だぞ。
みんな僕らをジロジロみてる・・・いいねー。
そして 年代物の建物。 おおなんか良い感じ!
夜見ると、市場だ!
DSC_2719-1.jpg

かたつむり売ってる!?
DSC_2714-1.jpg

前行った綺麗な市場とは大違い、通路は狭く、おせじにもきれいじゃない。
お客も裕福な感じではない。 

ここ、いいねぇ。 

こんな感じが僕は好きだ。
子供の頃を思い出すような雑踏と臭い、大きな声。

生きてるって感じがする。  これがスペイン!  これこそ僕が愛するスペイン!

ぶらぶら歩いていると、いつもの町の中心辺りでみんなと合流!
ダイチが泳ぎたいらしく、またまた 海岸へ!

でも、今日は曇っていてとても泳げそうな天気ではないんだけど・・・

それでもダイチは無理矢理泳いでた・・・  やっぱ憧れるよね地中海。
DSC_2736-1.jpg

DSC_2741-1.jpg

そろそろ昼食に・・・てとこでフェルナンド登場!!
昔フェルナンドが言っていたスペシャルなレストランに連れてけと、ねだった。
二つ返事で行こうと言うことに。

そこはマラガの中心部から30分ほどバスで東側に行ったところ。
一応マラガ市内ではある、海岸沿いのレストラン

その名も 
『ティンテーロ』
DSC_2767-1.jpg

果たして何が、ウニコ(唯一無二)なのか・・・
その答えは席に着いた瞬間分かった!!
DSC_2768-1.jpg

『カラマーレス!  カラマーレス!』(いかーー!!  いかーー!!)
『メヒジョーネス! メヒジョーネス!』(ムール貝!! ムール貝!!)
『ガンバス!!  ガンバす!!』(海老!! 海老!!) 

そう叫びながら、カマレロ(ホールスタッフ)達が、その料理を両手に持って
フロアを練り歩く!!
それをお客は呼び止めるのだ!

メニューは・・・ない!! 
(もちろんドリンクメニューもない)

唯一運んで来ないのがサルディーナス(いわし)だ!
炭火焼きにするからだ。

それもここ『ティンテーロ』 の、いや マラガの名物だからだ!!

みんな感動!!  アゲアゲで注文しまくる!!
DSC_2775-1.jpg

DSC_2781-1.jpg

だけど、お会計は、 一人アタマ30ユーロくらいだった!
しかもお会計も、会計係がテーブルで暗算!!(計算苦手なヨーロッパ人はバリうけ!)


食後には、
以前CAFE DEL CANDYのスタッフだった 『かめちゃん』が、一ヶ月料理研修でお世話になった
『ミゲル・レストラン』へ、ご挨拶!
相変わらずの繁盛ぶりだったよ。

そしてシエスタ・・・。




   

 
2009/01/26 14:48|スペインへの旅2008秋TB:0CM:0

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。