福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー。    サルバドール・ダリをこよなく愛し、ついにスペインレストランを開く。現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり 自称スペインの伝道師!?

Salvador Noli とは?

福岡県福岡市のスペインレストランを展開しているオーナー。 スペインとサルバドール・ダリをこよなくよく愛する男

<福岡・博多のスペインレストランCAFE DEL CANDYオーナー
サルバドール・ダリをこよなく愛し、スペインレストランを開く。   現在ではあらゆるスペイン的なものに興味があり、スペイン道をまっしぐらです。≫>

> ようこそ
サルバドール・ノリ日記!?へ

博多のスペイン  CAFE DEL CANDY

2001年12月、博多・店屋町に生まれた
スペイン・カフェ・バル・レストラン。
スペイン風ではなくスペインそのものを目指し、日々追求しています。現在ではレストランだけでなく、スペイン料理教室やフラメンコ、スペインツアーなども企画しています。

平尾の新スペイン ALQUIMISTA

.......

福岡県福岡市中央区平尾2-2-25 アルキミスタ・レスタウランテ 092-523-7393 alquimista.restaurante@gmail.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

あしあと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

戒めと反省と抱負・・・ 

新店舗Esperanzaがオープンして2週間が経ちました。

2週間たってもなお、毎日多くのお客さんで賑わっており
感謝のひとことに尽きる今日この頃です。

しかし・・・。
そのお客さんすべてが、ご満足していただけてはいないのが現状です。

それら一部を、敢えてココに報告し、反省と抱負としたいと思います。


まず最初の1週間は、ランチタイム(11:00~17:00)において

お客さんが、ご来店してからのオーダー方法に慣れる前に、予想をはるかに上回る来客で
提供にお時間がかかったり、ご注文を受けた商品が他のテーブルに運ばれたりしていました。
たいへん申し訳ございませんでした。

現在。
ご来店いただき、まずレジカウンターでご注文を受け精算していただき、スタッフが
料理・ドリンクを運ぶシステムへと変更しました。 はるかにスムーズに提供できるようになりました。
(お冷のみセルフとさせていただいております。)


FBS めんたいワイドにTV取材をしていただき、放送され、テレビを見て楽しみにして来られるお客さんが
大勢来店されました・・・が

開業前に取材があったことと、テレビ局側の意向を踏まえ、パエーリャランチが
パエーリャ鍋での撮影を行い放送しましたところ・・・
実際のところ、パエーリャ鍋での提供はしておらず、現在も多くのお客様に苦情をいただいております。

パエーリャ鍋での提供はしていないと、放送時テロップも流していて
これは、テレビ局側に責任があり、局側から当店に謝罪をいただいていますが・・・
あまりに多くの声を頂戴しているので、今後 ランチ用に丁度いい大きさのパエーリャ鍋がないか物色中です!!
楽しみにしていてください。


あと・・・・『これが本当にパエーリャなのか???』
『スペインで食べたパエリアとは違う!』
という声を頂いております。

タイヘン申し訳ございません。 『これが!!!パエーリャなのです!』

パエーリャの定義というものは、あのパエーリャ鍋で作る米料理のことを指すのみです。
現地に行くと、それはとんでもない多くの種類のパエーリャにめぐり合うことができます

具材は、地方や地域によって、海の幸だったり、山の幸だったり。
コメの固さも、 固いものから柔らかいものまで。


基本的に、CAFE DEL CANDYでも、Esperanzaでも、ワタシが この18年間で20回の渡西での
体験から料理を再現しております。

(Paellaでなく アロス=Arozz◯◯という米料理では、雑炊のようなものもあります。
そもそも、日本の おじやの原点は、スペイン料理の Olla オージャにある! )
黄色い色は、本来サフランで出すものですが、スペインでも観光客向けのお店では使ってません。
だからといって、パエーリャでないわけではない。
サフランを使わない、白いパエーリャもあれば、イカスミで真っ黒なパエーリャもある・・・
(その辺り、深めたいかたは、是非 CAFE DEL CANDY ワタシ、サルバドール・ノリまでどうぞ)

パエリアとはなにか・・・これも楽しいスペイン料理の永遠のテーマの一つかもしれません(^^)


イベリコバーガー・・・基本的には、イベリコ豚の特徴を引き出すため、いわゆるソースは使用しておりません。
ただし、ごく少量のドレッシングをバーガーに挟むレタスにかけるように変えています。
最近、どこでもイベリコ豚が食べれるようになりましたが、専門店としては、
イベリコ豚本来の味を知ってほしいからです。 
ご了承いただければ幸いです。


ディナータイムで。

新しい注文のシステム導入のため、スタッフが手こずっていたことは事実です。
これにより、ご注文いただいた料理が来なかったり、別のテーブルの料理が運ばれてくることもしばしば・・・

言い訳の余地もございません・・・
ワタシの指導力不足
監督不行き届き です。


たいへん申し訳ございませんでした。
現在、全力をあげて改善を進めております。


メニューの写真と実際の料理とが違うと、いくつかの料理で指摘をいただきました。

例えば・・・
オリーブ盛り
これは、写真では、あまりにもオリーブの数が少なかったため 数を増やし別の器で提供しておりましたが
その際の出来事でした。
現在、調整済みであります。

パン・コン・トマテ
これもスペインではお店ごとにレシピが異なり、『コレ』といった決まりはありません。
トマトを湯むきしたり、しなかったり、ミキサーにかけたり、刻んだり・・・

その他、メニューに関しても今週中に、写真の差し替え、または料理を写真に合わせるなど調整しております。


しかしながら・・・。
Esperanzaは、 ファーストフード的気軽さを持ちながらも
CAFE DEL CANDY同様、スペイン料理のお店であり
季節ごとの旬の食材や、その時その時に仕入れる、安心・安全な食材・素材を使用しているため
すべてが完ぺきに、写真と同じものにならないこともありうるのです。
逆にそれを楽しんでいただければ・・・と考えます。

とはいえ、ニューではそのあたりの表現が足りなかったことは
申し訳ございません。
それを踏まえて メニューも改正中です。



アヒージョに使う、特別発注のスペイン製土鍋(カスエラ)にひびが入っていてオイルが漏れていた
指摘をいただきました。
気をつけてはいましたが、実際に起きていたのが事実です。
たいへん、申し訳ございませんでした。
弁解の余地はございません・・・。
今後いっそう、気をつけてまいります。

(また、万全を期してはいますが、保温性の高いスペイン製カスエラ・・・極稀にこのようなことも起きるかもしれません。
その際は、当然、差し替えいたしますので、おっしゃっていただければたすかります。)


あと、大きな問題として・・・

たばこ問題があります。

『いまどき、分煙していないなんて非常識な・・・』
という声もあれば
『どこでも、たばこ吸ってもいいの? ありがたい!』 という声もあります。

これは僕的に、はっきり言わせて頂きます。

Esperanza  CAFE DEL CANDY ともに、 たばこ全面OK!!! です。

なぜなのか・・・

現在、世界的に禁煙ブームが蔓延しています。
その流れは、実際、スペイン本国にも来ています。
しかし・・・。
スペインは 喫煙大国!!
2,3年前まで、いつでも、どこでも タバコ、タバコ、タバコ。
しかし、国が法律として規制をかけ、飲食店を多くは、禁煙となりました。

『だったら、おたくも・・・!』 いやいやちょっと待ってください。

スペインでは国が、法律を定め、喫煙できる店、禁煙の店 としているのです。
日本はどうでしょう???

日本では、そうではありません。
本来、国として整備しなければならない問題を、ワタシたち飲食店に責任転嫁している。
しかもその費用は、こっち持ち。
勘弁して欲しいです。

そもそも。
この禁煙ブームのあおりで、 愛煙家たちは、非常に肩身の狭い思いをしています。
家庭では、ベランダにおいやられ w
道路での歩きタバコも禁止
(スペインでは外ならどこでも可。とうぜん歩きタバコも可)
会社でも禁止・・・
空港にいくと、だだっぴろい空間なのにも関わらず、せまーーい小箱みたいなところに押し込まれてるww

愛煙家には、たばこを吸う権利というものがないのでしょうか??
たばこを吸う人は、悪い人で、吸わない人は良い人??

ワタシの意見は、どちらにも主張する権利があると思っています。
しかし!
たばこを吸う人は、尋常ではない税金を国に納めておりますし、身体も着実に蝕まれています。
吸わない人よりも、確実にリスクを背負っています
(副流煙・・・それはたばこの副産物であり、出すなというのであれば、たばこそのものも禁止すればいい) 
(現在、原子力ムラが騒がれてるが、たばこムラってのもあるんじゃないか・・・天下りとか・・・いろいろ)


それに!
今、現在において、愛煙家が 圧倒的に 弱い立場にある。

だから。
あえて・・・ワタシは弱いものの味方をするのです(^^)

我が、CAFE DEL CANDY、Esperanzaは、たばこOKです!!

古きよき時代のスペイン・・・たばこバンザイな、スペインバルなんです!

愛煙家のみなさん、ご安心を!
しかし
嫌煙家のみなさん、みなさんを敵に回すわけではありません。

Esperanzaでは、
スタッフが、 自然とたばこの煙がまわらないお席にご案内するつもりです。
そのあたりを、うまく誘導するのが、いいサービスだと、ワタシは考えます(^^)

ただし、絶対・完ぺきにというわけではございません。
お席が空いていないため、運悪く、愛煙家のおとなりになることもあるかも知れませんがのであしからず。

Esperanzaでだけでも、吸わせてあげていただけませんか(^^)


余談ですが・・・ワタシは・・・

たばこは吸いません。


約40年の人生のなかでも20本も吸ったこともありません。
当然、買ったことも一度もありません。 

いかがでしょう・・・。


これからも、みなさまに、多くのご意見、ご要望いただければ幸いです。

ワタシの意見も多く言ってしまいましたが・・・
(申し訳ないです・・・ww)

多くのお客様にご満足いただきながらも・・・
現在に至る、数々の失態・失敗は、
ワタシをはじめ、統括マネージャー、料理長をはじめ
スタッフ一同、
申し訳ないキモチでいっぱいです。


これは今後の改善で、修復する他に、手立てがございません。
日々、心して改善に務めている毎日です。


ワタシどもは、みなさまに愛される お店づくりをしていきたいと思いますので
ご指導ご鞭撻のほど、よろしくおねがいします!!!

スポンサーサイト
2012/03/27 22:53|未分類TB:0CM:2

コメント

Re: タイトルなし
Re:

こんにちわ。tommyさん。
お心遣い。ありがとうございます
なんと、すでに5,6回も・・・ありがとうございます!

CAFE DEL CANDYが、奥様と初デート・・うれしいかぎりです。

おかげさまで、開店後ずっと、多くのお客様にご来店され、
当初は、あたふたしておりましたが、最近は、少しずつ慣れてきたようです。

CAFE DEL CANDYから出向したスタッフも居るのですが、
CAFE DEL CANDYとの、あまりの違いに
はずかしながら、翻弄されていました。

笑顔や、キモチが追いついていない部分がある と思っていたところでした。

Esperanzaも、やはり CAFE DEL CANDYと同じ 『スペインのお店』 なので
日々スタッフとも

スタッフもお客様も自然に笑顔がこぼれて暖かい気持ちになれるお店にしたい と

話し合っています。

tommyさん、本当にありがとうございます!
これからの、Esperanza を、 どうぞご期待ください。
そしてこれからも、よろしくおねがいします!
サルバドール・ノリ #-|2012/03/30(金) 14:27 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2012/03/29(木) 01:14 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://salvadornoli.blog70.fc2.com/tb.php/672-e151aca4

アクセス

★ Menu ★

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Copyright(C) 2006 続・サルバドール・ノリ日記!? All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。